2008年1月アーカイブ

■ネット住民のネット住民によるネット住民のための国家の建国(6)

国家の三要素、「領域」、「人民」、「権力」。

「領域」を、個々のサービスという枠組みから、「インターネットそのもの」という枠組みに切り替えてみる。

そうすると、人民=ネット住民の定義も大きく変わる。

「特定ののサービスを常に使っているヘビーユーザー」的な意味から、「インターネット上に住んでいる人」という定義になる。

「インターネット上に住んでいる」というのは実際どんなイメージか?

自分の意識がある時間=起きている間は常にインターネットに接続し、生活に必要な行為は、基本的にインターネット上で済ませてしまうといった感じかな。

果たしてそんな人は存在するであろうか?

「生活に必要な行為」の定義をもう少し具体的にする必要があると思う。

生活というと「衣食住」の確保、維持といったイメージになってしまうので、すこし言葉遊びになってしまうが、「生きるための活動」という定義でどうだろうか。

生きるための活動とはどんなものか?

「生きるために」、「稼ぐ」、「学ぶ」、「調べる」、「探す」、「楽しむ」、「教える」、「発表する」、「創る」、「考える」・・・

あらゆる行動は、「生きるために」に結びつくかもしれない。

そうだとすると、四六時中インターネットをつかってこれらの行動を行っている人って、結構いるような気がする。

そして「権力」。合法的に暴力的の行使を認める仕組み。

合法的ということは、秩序を維持するために必要だから合法だということだが、インターネット上の暴力とは?

リアル社会では、悪いことをした人は、刑務所に入れられ、束縛を受ける。より悪質の場合は命を奪われる。

あるいは、外部からの侵略に対して、「戦争」という行為で実力を行使する。

ネット国家では、生きるためのインターネット上での活動に対して制限を加えたり、インターネットそのものに対しての接続を禁止するといった感じだろう。

はたして個人に対してそうった強行措置を図ることができるだろうか?

リアル側からであれあば物理的な制約を加えてインターネットに接続できなくすることは可能であろう。

ただそれは、ネット国家側ではなくリアル側で定義した法律などの手段を用いることになる。

国家としての権力ということであれば、インターネット側から個人を特定して締め出すという行為ができる必要がある。

たぶん、できない。

やはり、インターネット全体を国家として定義するのはできないという結論。

もう少し領域の定義を特定しなければ難しいようだ。

ということで、今回は、ネット上にネット住民のための生活の場を構築して、国家建国を企てるという妄想は、妄想に終わった。

まぁ、ブレーンストーミングなので、結論を出す必要はないし、違う考えやアイデア、アプローチを持つ人もいるだろう。

よければコメントしてください。

そもそも、はじめから国境といった物理的な場所や時間を超越しているのがインターネットの特徴である。

わざわざ境界線を引いて領域を確保するという考え方自体が矛盾している。

なぜ、矛盾し行為を行ったかというと、オンラインゲームをやったり、セカンドライフの未来を考えたりしていて、「インターネット上に理想郷を建国できて、そこの権力を握れたら面白そう」と思ったから。

しかし、インターネットの可能性を「国」という旧態的概念で語るのは、やっぱり違うなというのが現在の感想であった。

ということで、1月も終わりです。

熱しやすく冷めやすい三日坊主の自分が、駄文で独りよがりの文章ですが、1ヶ月間毎日更新できたのは、我ながらよくやったと思います。

やっと、コメントともつくようになりました。スパムですが(笑)。

来月もがんばりたいと思います。

---------------------------

■为了由于网络居民的网络居民的网络居民的国家的建国(6)

国家的三要素,「领域」,「人民」,「权力」。

从各个的服务这个框架,「互联网本身」的框架试着转换「领域」。

那样做的话,人民=网络居民的定义也很大地更换。

由「经常使用特定的服务的重度用户」性的意义,变成「住在互联网上的人」的定义。

「住在互联网上」的实际怎样的印象?

所说的有自己的意识的时间=起来的期间经常连接到互联网,对生活必要的行为,基本地在互联网上弄完了的感觉吗。

到底那样的人存在吗?

我想需要再稍微具体「对生活必要的行为」的定义。

因为变成了所说的说生活的话「衣食住」的确保,维持的印象,稍微变成了语言游戏,不过,「活为了的活动」的定义怎样?

与活为了的活动怎样的东西?

「为了活」,「挣」,「学习」,「调查」,「找」,「享受」,「告诉」,「发表」,「创ru」,「考虑」···

所有行动,「说不定为了活」连结。

感到如果是那样的话,一天到晚使用互联网进行这些的行动的人,相当象需要一样的心情。

并且「权力」。合法地认可暴力的使用的结构。

合法的,据说为了维持秩序必要合法,不过,所谓互联网上的暴力?

在现实社会,做了坏事的人,被监狱接受,受到束缚。更质量坏的情况被夺去生命。

或是,对来自外部的侵略,由于「战争」的行为行使实力。

是所说的对在网络国家,有效为了的互联网上的活动加上限制,禁止对互联网本身的连接的感觉吧。

能安排到底对个人so打了的强制措施吗?

加上即使是从现实方面aba物理的规定互联网不能连接的事可能。

只是那个,采用不是网络国家方面在现实方面定义了的法律等的手段的。

需要能如果是作为国家的权力,从互联网方面特别指定个人排斥这样的行为。

大概,不能。

还是,作为国家定义互联网全体不能这样的结论。

如果好象不再稍微特别指定领域的定义难。

由于,此次,网络上构筑为了网络居民的生活的场,谋划国家建国这样的邪念,以邪念结束了。

因为是maa,brain storming,作出结论的必要到,有不同的考虑和想法,方法的人也在吧。

如果好请进行评论。

说来,是所说的从开始国门的物理的超越地方和时间互联网的特征。

特意画境界线确保领域这样的想法自己矛盾。

要说为何,矛盾进行了行为的话,做在线游戏,考虑second life的未来,想「在互联网上能建国理想乡,能握住那里的权力看起来有趣」。

可是,说在「国家」的旧态的概念中叙说别互联网的可能性,还是不同是现在的感想。

由于,是结束1月。

容易加热容易变冷的三天打鱼两天晒网的自己,无聊的文章仅仅是觉得高兴的文章,不过,我想每天更新完成了的,我认为很好地做了1个月。

终于,变得附有评语一起。是垃圾邮件(笑)。

我想下月也努力。

---------------------------
- Founding of a country of nation by net resident's net resident for net
resident (6)

Three elements of nation and "Area", "People", and "Power".

"Area" is switched from an individual service frame to the frame "Internet".

Then, the people = net resident's definition changes greatly, too.

"Heavy user who is always using special Sadamu's service" It becomes a definition "Person who lives in the Internet" from the meaning.

What actually image is "Live in the Internet"?

Does my consideration hook up to the Internet always ..between a certain time = staying up.., and do you feel an act necessary for life basic ..finish on the Internet..?

Does such a person exist really?

I think that it should make the definition of "Act necessary for life" concrete
a little more.

How in the definition "Activity to live" though it becomes word play a little because life secures "Food, clothing, and housing", and it becomes an image of maintenance? will

What one is act to live?

"Live", "Earn it", "Learn", "Examine it", "Look for", "Enjoy it", "Teach", "Announce", "Create it", and "Think. " ・・・.

All actions might be related to "Live".

The person thinks that it is considerably actions of the continuous use of the Internet if it is so.

And, "Power. "Mechanism that exercise of lawful and violence is admitted.

What is violence in the Internet though it is lawful because it is necessary to maintain order?

In a real society, the person who did badness is put in the prison, and receives the restraint. The
life is deprived for the malignancy or more.

Or, it is employed force to the invasion from the outside by the act "War".

It might be feeling of setting limits to the activity on the Internet to live, and prohibiting the connection to the Internet in the net nation.

Can the forcing measures be really attempted for the individual?

It is possible to hook up to the Internet adding a restriction physical from a real side and it
is possible to do without.

However, it will use the means of the law etc. defined on not a net national side but
a real side.

The act of shutting out the individual from the Internet side specifying it should be able to be done in case of power as the nation.

Maybe, it is not possible to do.

Still, conclusion that the entire Internet cannot be defined as nation.

If the definition of the area is not specified a little more, it seems to be
difficult.

Thus, the delusion of constructing the life scene for the net resident on the net, and planning a national founding of a country ended in the delusion this time.

A conclusion need not be drawn because it is, and a brainstorming, and there might be a person who has a different idea, the idea, and the approach, too.

Please comment if you avoid it.

To begin with, the feature of the Internet is to transcend a physical place and time of border
from the start.

The idea of purposely marking off a boundary and securing the area is
contradicted.

By why to contradict and to have done the act playing a game, and online thinking about the future of Secandoraif because it was thought, "When the utopia can be founded on the Internet, and power there can be possessed, it seems to be interesting".

However, it was a present impression. talked by a former state of things concept of the possibility of the Internet "Country"

Thus, January ends, too.

I think that it often did though being able to heat easily and to update daily for one month though I of a cool person who cannot stick to anything am Aya and sentences of one person are me.

It came to attach with the comment finally. It is ..(.. ..laughter... ) though
it is spam

I want to hold out next month.

■ネット住民のネット住民によるネット住民のための国家の建国(5)

さて、「国」、「国家」とは何ぞや?

この問題がかなり昔から論じられてきているようで、Wikipediaでもかなりのボリュームの内容が書かれている。

法学上の次の3つの要素をもつものと定義されている(以下Wikipediaより引用)

【国家の三要素】

  • 領域(Staatsgebiet:領土、領水、領空)- 一定に区画されている。
  • 人民(Staatsvolk:国民、住民)- 恒久的に属し、一時の好悪で脱したり復したりはしない。
  • 権力(Staatsgewalt)ないし主権- 正統な物理的実力のことである。この実力は、対外的・対内的に排他的に行使できなければ、つまり、主権的で(souverän)なければならない。

ネット住人のための国家はありえるだろうか?

現在のネット住民は、ネット上特定のサービスに対して住民となっているといえるだろう。

その前提でいうと、領域は特定のサービス内ということになる。

人民の定義は現状は難しいだろう。インターネット自体が普及から時間がたったといえまだ10年少々といったところで、コミュニティーを形成し、住人が発生しているサービス事態は多くはないといえるし、どのくらいの期間をもって、恒久的というのかも難しい。

オンラインゲームや、2chでもコアな住民の存在はみとめられるが、次々に新しいサービスが開発・提供されているインターネットの世界では、住民も移り気だったり、いくつかのコミュニティを掛け持ちしてりう場合もあるだろう。

権力とは、ようは合法的に物理的実力行使=暴力が認められるという解釈でいいのだけれども、そもそも「物理的実力」という定義自体がインターネットにマッチしない。

無理やりこの三要素を当てはめることにより、ネット上に国家つくるとしたらどんな具合になるか。

次回はそれを考えてみたい。

--------------------------

■为了由于网络居民的网络居民的网络居民的国家的建国(5)

那么,「国家」,「国家」几zo?

这个问题好象相当从很早以前被讨论,Wikipedia相当的音量的内容也被写。

与有法学上的下面的3个要素的东西被定义(比以下Wikipedia引用)

【国家的三要素】

领域(Staatsgebiet:领土,领地水,被领空)-一定区划。
人民(Staatsvolk:国民,居民)-恒久性地属于,由于一时的好恶逃出复原不做。
权力(Staatsgewalt)没有是主权-正统的物理的实力的事。如果这个实力,不能对外的·对内性地排他性地使用,堵塞,主权性必须(souveran)。
为了网络居民的国家可能有吗?

现在的网络居民,可以说网络上对特定的服务成为居民吧。

由于那个前提说的话,领域特定的服务内。

人民的定义现状难吧。能说互联网自己从普及时间过去了还10年少々虽说如此,形成团体,居民发生的服务事态能说没有多,有多少的期间,说恒久的难。

在线游戏,2ch核心的居民的存在也能承认,不过,在对一个接一个新的服务被开发·提供的互联网的世界,居民也心情易变,兼职几个地方自治团体照射也有u场合呢。

所谓权力,总之能合法地物理的实力使用=暴力承认这样的解释可以,不过,原本「物理的实力」的定义自己互联网不调和。

如果根据硬适用这个三要素的事,在网络上国家做(制作)成为怎样的情形?

下次想考虑那个一下。

--------------------------

- Founding of a country of nation by net resident's net resident for net
resident (5)

Well, "Country" and "Nation" are ? of what.

The content of a considerable volume is being written like this problem's having been discussed considerably for a long time as for Wikipedia.

It is defined that it has the following three elements in the law. (henceforth
quotation from Wikipedia)

【 three elements of nation 】

It is divided area (Staatsgebiet: territory, territory water, and airspace)-constantly. It belongs people (Staatsvolk: people and resident)-permanently, it doesn't escape in likes and dislikes at one o'clock, and it returns it. It is a legitimate, physical sovereignty-..power (Staatsgewalt).. ability. In a word, if it is not possible to exercise overseas, inner, and exclusively, should ..(souverän).. this ability sovereignty. Does the nation for the net resident be and get it?

A present net resident might be a resident against service specific on the net.

The area becomes it in specific service if it says on that condition.

As for the people's definitions, the current state might be difficult. It is possible to say, and when the Internet heals when time passed from the spread, the community is still formed in youth and tenthly small, and there are not a lot of service situations where the resident has been generated, it has how much period, and it is difficult.

The resident is also capricious, and it might serve concurrently as some communities and there be it is time when is in Internet world where new one after another service is developed and being provided though the ..core.. resident's existence is admitted as for the online gaming and 2ch.

To begin with, the definition "Physical ability" doesn't match to the Internet with power by the interpretation that lawful, physical ability exercise = violence is admitted as for the way though it is good.

What condition does it become if the nation is established with the application of these
three elements on the net by force?

I want to think about it next time.

■ネット住民のネット住民によるネット住民のための国家の建国(4)

ネット住民が立ち上がり、国家として独立性を維持していくためにはやはり何らかの経済的裏づけは必要だろう。

まず、経済活動によるお金の流れ方を考えるとつぎの4つの形態が考えられる。

    1. リアル世界からネット住民へ
    2. ネット住民からネット住民へ
    3. ネット住民からリアル世界へ
    4. リアル世界からリアル世界へ

現状一番大きいのは、「1.リアル世界からネット住民へ」だろう。

アマゾンやグーグルが行っているアフィリエイトがその典型となるとおもう。ただし、アフィリエイトを実現する場合は、自らがブログやホームページを運営し、なんらかの情報発信を自発的に行う必要がある。

つまり単なるユーザーではなく運営の立場で活動しなければ収入を得ることは難しい。

課題として、ネット住民としてよりユーザーに近い立場での活動において、リアル世界から収入を得るための方策を模索していく必要があるだろう。

「2.ネット住民からネット住民へ」は、どうゆうものが考えられるだろうか。

たとえば、セカンドライフ内での仮想通貨や、オンラインゲームにおける、RMT(リアル・マネー・トレード)や、を利用したお金の流れが考えられる。

モラルや法的な問題が多くあるが、ネット住民同士であれば、対価を支払う対象に対しての価値をより見出すことができるという予測はつく。

よって、将来このお金の流れが非常に大きくなっていくのではないだろうか。

また、この流れを安全、確実に行う仕組みをうまく構築し、低コストで維持運営できれば、ネット住民から手数料という形で税収をあげられると考えられる。

ネットベンチャーで一発当てようという人は、チャレンジしてみる価値があると思うし、現に多くの試行錯誤がなされていると思う。

「3.ネット住民からリアル世界へ」というのはどんなものがあるだろうか。

いわゆるネットショッピングが一番想像しやすい形かもしれない。

ネット住民がネット住民として活動するために不可欠なインターネット・プロパイダーなんかもこれにあたると考えられる。

この流れで収入を得るためには、比較的大きな資本が必要になるような気がする。

「4.リアル世界からリアル世界へ」は現状起きている事なので直接的にはこの場では考えなっくてもいいかもしれない。

もし、ネット上に国を創ったと仮定して、これらのお金の流れを国の活動としてとらえた場合は、

ネット住民-リアル世界での貿易的な経済と、ネット住民通しの内需経済といったところかもしれない。

ただ、ネット上に複数の国があるとするならば、ネット国家間の貿易活動というのもありえるかもしれない。

と、色々と妄想して面白い点もあるのだが、そもそも「国」とか「国家」ってなに?という疑問もある。

これは、少々厄介な疑問である。

--------------------------------------------------

■为了由于网络居民的网络居民的网络居民的国家的建国(4)

为了网络居民起来,作为国家维持独立性还是某种经济的证实必要。

首先,能考虑接上的4个形态考虑由于经济活动的钱流方法。

现状最从现实世界从网
络居民从网络居民从现
实世界向网络居民向
网络居民向现实世界向
现实世界大的,「从1.现实世界向是网络居民吧」。

我想亚马逊和Google去的成果报酬型广告要是那个典型。但,如果实现成果报酬型广告,需要自己营运博客和主页,自发性地进行什么的信息发信。

总之不是单纯的用户如果不在营运的立场活动得到收入的事难。

需要摸索为了作为课题,作为网络居民在从在靠近更用户的立场的活动中,从现实世界获得收入的方策吧。

「从2.网络居民向网络居民」,能考虑怎样的东西?

譬如,能考虑在second life内的假想货币,在线游戏能放,利用了RMT(现实·金钱·贸易)的,钱的流动。

多有道德和法律上的问题,不过,有能基于对如果是网络居民们,支付代价的对象的价值找到这样的预测。

因而,将来这个钱的流动变得非常不是大吗?

同时,能认为如果很好地构筑安全,确实进行这个流动的结构,以低成本能维持营运,从网络居民以手续费这个形式能举出(举行)税收。

说在网络风险企业一次性打算碰的人,想有试着挑战的价值,想实际多的试行错误被做。

「从3.网络居民所谓向现实世界」有怎样的东西?

说不定所谓网络购物最容易想象的形式。

能认为为了网络居民作为网络居民活动是不可缺少的互联网·puropaida相当于这个。

为了在这个流动得到收入,感到变得象需要比较大的资本一样的心情。

「从4.现实世界向现实世界」因为是现状起来的事说不定直接地在这个场考虑胞衣kute也说。

如果,网络上与创ta假定国家,把这些的钱的流动作为国家的活动捕捉了,

在网络居民-现实世界的贸易性的所说的说不定经济和,网络居民一直的内需经济的地方。

只是,说不定如果作为网络上有复数的国家,就叫网络国家间的贸易活动也可能有。

也有这个那个地妄想有趣的点,不过,最初「国」啦「国家」什么?也有所说的疑问。

这,是稍稍麻烦的疑问。
----------------------------------------------

- Founding of a country of nation by net resident's net resident for net
resident (4)

Some, economical proofs might be still necessary for the net resident to stand up, and to maintain independence as a nation.

First of all, the following four forms are thought when thinking about how of money
by an economic activity to flow.

From the real world to the net resident
From the net resident to the net resident
From the net resident to the real world
From the real world to the real world
The reality and the largeness might be "1. the net resident from the real world.
"

I think that the affiliate that Amazon and Gugl do becomes the model. However, when the affiliate is achieved, oneself should manage the blog and the homepage, and some information sending be done voluntarily.

It is difficult to obtain the income if it doesn't act in a word in the
standpoint of not a mere user but management.

It is necessary to grope for the strategy to draw one's income from the real world as a net resident when acting in a standpoint near the user or more as a problem.

Is "2. the net resident from the net resident" .... thought?

For instance, the flow of money to use virtual currency in Secandoraif, RMT (real money trading) in the online gaming, and is thought.

The forecast that value to the object that pays the value can be found more attaches if it is a net resident though there are a lot of moralities and legal problems.

Therefore, the flow of this money might grow very much in the future.

Moreover, this flow is thought for revenue to be raised in shape of commission by the net resident if it is safe, can construct the mechanism surely doing well, and maintenance be managed low-cost.

The person of applying one by the net venture thinks, and thinks a lot of trial and error to be actually performed worth challenging.

What one does "3. the real world from the net resident" have?

It might be shape to imagine a so-called net shopping easily most.

It is thought that Internet Propaidar indispensable so that the net resident may act as a net resident hits this.

To draw one's income because of this flow, I think that the big capital is
comparatively needed.

might. ..idea.. in this place immediately because "4. the real world from the real world" is a thing that the current state has occurred

When it is assumed that the country was created on the net, and catches the flow of these
money as an activity of the country

Net resident?It might be trading point in the real world like economy and the net resident
expert domestic demand economy, etc.

However, there is the trade activity between the net nations, too and it is likely to get it if it
is assumed that there are two or more countries on the net.

To begin with, "Country" or "Nation" is what though there is a variously ..delusion..
interesting point, too. There is a doubt, too.

This is a little troublesome doubt.

■ネット住民のネット住民によるネット住民のための国家の建国(3)

コミュニティーを形成するインターネットサービスに住んでいる、ネット住民にも様々なタイプあると思う。

京セラという会社にいた時に、人間には3つのタイプがあるといわれた。

それは、自燃性、他燃性、不燃性の3つ。

・自燃性タイプは、自ら燃えるタイプの人

・他燃性タイプは、自らは燃えないが、周りに燃えている人がいると自分も燃えてくる人

・不燃性とは、周りが燃えていても無関心の人

当然、京セラでは自らが渦の中心となって燃え上がって周りにも火をつけていく人間になれといわれた。

他燃性タイプは考え方を変えることによって自燃性タイプとなることができる。

不燃性タイプはだめだ。足を引っ張るからそんな奴はいらない。

自分がどのタイプかというと、たぶん自燃性タイプだ。ただし、熱しやすく冷めやすいのが玉に瑕だが。

冷えた時は、そのカテゴリにおいて他燃性の状態になっているのかもしれない。

ネット住民での各タイプはどんなユーザーか?

自燃性タイプは、たとえばニコニコ動画にどんどん作品をアップしていたり、2chでコテハンでがんがん書き込みしたり、オンラインゲームで率先してチームをつくって、イベントを企画したりとカリスマ性を発起しているユーザーだろう。

不燃性タイプは、ROM専門のユーザーだろう。ただし、仕事の世界とちがって、不燃性のタイプは完全なる不燃性ではありえない。なぜならば、インターネットの世界では興味の在る情報をある程度は能動的に探さないと見つけることができないからだ。

ROM専門としてでも、住民といわれるぐらい特定のサービスに定着し、利用しているとするとそれはもはや不燃性タイプとは呼べないかもしれない。

積極的にそのサービス上でアクションを起こさなかったとしても、リアル世界でそのサービスをきっかけとした、なんらかのアクションをとっている可能性もある。

そして、他燃性タイプは3つのタイプの中で一番面白い可能性を秘めているとおもう。

自燃性タイプの刺激を受けて自らも燃える。時にはその火が他のユーザーに飛びして、気がつくと自分が中心になって燃えてたりする。

ユーザー同士の相乗効果で思わぬ方向へ展開する場合が出て来るんだと思う。

たとえば、「電車男」なんかはその代表的な現象といえるだろう。

おそらく、自燃性タイプや他燃性タイプのネット住民は、リアル世界でも通用する話題の中心になる可能性を秘めている。

なぜ、私は、他燃性タイプが3つのタイプの中で一番面白い可能性を秘めているというのか?

自燃性タイプの人は、はじめから自分を意識し、自分の可能性をある程度理解して行動していけるタイプだと思う。

だから、ほっといてもネットの世界だけでなく、リアル世界でも充分に生きていける力を持っている(たぶん)。

一方、他燃性タイプは、まずその数が自燃性タイプより圧倒的に多い事が容易に想像ができる。

ただ、何かのきっかけがないと、ネット内においてもアクションを自らは起こさないという点で、積極性に掛ける。

リアル世界よりも居心地がいい場所としてネットの住民になっている可能性もある(たぶん)。

住民として、きっかけがあればアクションを起こし、その才能によっては、時には自燃性タイプよりも見事な、あるいは、過激なアクションを起こしたりもする。

数が多い分、様々な才能があると思うし、志向があると思う。

そういった才能や志向の力をうまく集めることがでできれば、きっとリアル世界に対してもなんらかの影響を(もちろん良い影響を)あたえられるのではないだろうか。

ネットを通して、ネット住民の権利や可能性をより広げることができるようになるのではないだろうか。

「立ち上がる日は近いぞ!ネット住民!」

-----------------------------------

■为了由于网络居民的网络居民的网络居民的国家的建国(3)

我想形成团体的互联网服务住,网络居民也各种各样的类型有。

一般认为在京瓷这个公司的时候,在人里(上)有3个类型。

那,是自燃性,其他燃烧性,不燃性的3个。

·自燃性类型,亲自燃烧的类型的人

·其他燃烧性类型,自己不着火,不过,燃烧的人在周围的话自己也着火的人

·所谓不燃性,周围着火着也不关心的人

当然,是在京瓷自己成为旋涡中心燃起在周围也弄上火的人被说了。

能变成根据改变其他燃烧性类型想法的事自燃性类型。

不燃性类型不行。扯/后腿那样的东西不在。

自己要说哪个类型的话,大概是自燃性类型。但,容易加热容易变冷的美中不足。

变冷了的时候,说不定在那个范畴中变成为其他燃烧性的状态。

在网络居民的各类型怎样的用户?

自燃性类型,是譬如笑嘻嘻地到动画连续不断提高着作品,以2ch不匿名人当当写进,用在线游戏带头制作队伍,规划活动的话发起领袖人物的超凡魅力性的用户吧。

不燃性类型,是ROM专业的用户吧。但,与工作的世界不同,不燃性的类型完全的不燃性不可能。不能发现某种程度在说到原因,互联网的世界兴趣在的信息主动地不找。

说不定被认为是作为ROM专业,也居民的特定的服务扎根,如果利用着的话那个已经与不燃性类型不能招来。

也有即使没积极地在那个服务上创立动作,取在现实世界把那个服务作为契机,什么的动作的可能性。

并且,我想其他燃烧性类型隐藏在3个类型中最有趣的可能性。

承接自燃性类型的刺激自己也着火。时候那个火对着其他的用户飞来做,注意到的话自己成为中心着火着。

我想如果由于用户们的相乘效果向意外的方向发展出来。

譬如,「电车男」之类可以说是那个有代表性的现象吧。

恐怕,自燃性类型和其他燃烧性类型的网络居民,隐藏成为现实世界也通用的话题中心的可能性。

为何,我,说其他燃烧性类型隐藏在3个类型中最有趣的可能性?

自燃性类型的人,想是从开始认识自己,某种程度理解自己的可能性能行动去的类型。

因此,有着丢开不管网络的不仅仅是世界,现实世界充分也能有效去的力量(大量)。

另一方面,其他燃烧性类型,首先那个数比自燃性类型压倒性地多的事容易想象能。

只是,在没有什么契机,自己在在网络内中也不创立动作这样的点,在积极性里(上)挂上(放上)。

比也有作为现实世界感觉好的地方成为网络的居民的可能性(大量)都。

作为居民,如果有契机创立动作,那个根据才能的不同,时候比自燃性类型都漂亮,或是,创立过激的动作也做。

数多的份儿,想有各种各样的才能,想有意向。

如果很好地集聚的事超过那样的才能和意向的力量能,一定对现实世界也不是能给予什么的影响(当然好的影响)吗?

能通过网络,基于网络居民的权利和可能性打开不是变得吗?

「起来的日近!网络居民!」

-----------------------------------
- Founding of a country of nation by net resident's net resident for net
resident (3)

The net resident who lives in internet services that form the community also thinks that there are
various types.

It was said that there were three types from man when was with the company
named Kyocera.

It is three (Mo, another Mo, and nonflammability).

・Mo type is a person of the type that burns voluntarily.

・The person to whom I burn, too, when there is a person who burns to surroundings
though another Mo type doesn't burn voluntarily.

・Even if surroundings burn, nonflammability is a person of indifference.

Naturally, it was said that oneself must become the center of the whirlpool in Kyocera, it must
blaze up, and surroundings must become ignited men, too.

Another Mo type can become Mo type by changing the idea.

A nonflammable type is useless. Such a fellow is unnecessary because he thwarts
it.

Maybe, it is Mo type which type I am. However, it is heated easily and cool easily : to the gem
though are.

When getting cold, might another Mo in the category.

What kind of user is each type in the net resident?

Mo type might be a user who improves, writes the work in animation with Cotehan loudly fast in 2ch for instance with a smile, and takes the lead by the online gaming, makes the team, plans the event, and is proposing worth and charisma.

A nonflammable type might be a user of ROM specialty. However, a nonflammable type cannot be nonflammability differing from the world of work that completely becomes it. Because it is not possible to find it in Internet world if not actively looking for information in which it is interested to some degree.

It might not be able to be called a nonflammable type any longer if it is established to service being said the resident as ROM specialty specific, and uses it.

The service was assumed to be a chance in the real world, and there is a possibility of taking some actions, too, even if the action is not positively caused on the service.

And, I think that another Mo type hides the most interesting potential of three
types.

The stimulation of Mo type is received and it burns voluntarily. I become a center if it notices because the fire flies to other users at times, it burns, and it is worth.

I think that the case that develops with an unexpected direction by user's
synergy effect comes out.

For instance, it will be able to be said a typical phenomenon of that .."Train
a man"...

Perhaps, the net resident of Mo type and another Mo type is hiding potential of becoming the center of the passing topic also in the real world.

Why is I to be hidden the most interesting potential in the type that includes three
another Mo types?

I think that the person of Mo type is a type to be able to act by considering me from the start, and understanding my possibility to some degree.

Therefore, not only the world of the net but also it has power where it can live enough even in the real world though it is feeling relieved (Maybe,).

On the other hand, the number is first imagined in another Mo type and a lot of things
can be imagined easily more overwhelmingly according to Mo type.

However, the action is voluntarily multiplied by aggressiveness in the point of not causing it also in the net if there is no chance of something.

There is a possibility who is the resident of the net as a place that is more
comfortable than the real world (Maybe,), too.

The action is caused, and it is more splendid or causes an extreme action by Mo type according to the talent at times if there is a chance as a resident.

When it has various talents to the extent that there are a lot of numbers, it
thinks, and I think that there is an intention.

It might have the power of such a talent and the intention and some influences (An of course good influence) be had on the real world .... surely well by collection by it.

The right and the possibility of the net resident might come to be able to be expanded more
through the net.

「It will be near on the day when it stands up. Net resident. 」

-----------------------------------

ネット住民のネット住民によるネット住民のための国家の建国(2)

インターネットで提供されているサービスはいろいろとあるが、私が一番興味を抱き可能性を感じられるのはコミュニティーを形成を伴うサービスだ。

そのサービスのユーザー同士間で情報の交流がリアル世界での交流と同じかそれ以上の密度で行われるサービスである。

そういったサービスには「住民」とか「廃人」といった呼ばれ方をするコアなユーザーが必ずいて、ネットの向こうにあたかも住んでいるがごとくそのサービスを利用し且つ情報を発信しつづけている場合が多い。

具体的なサービスでいうと、YahooやGoogleといった検索サービスではなく、e-Bayや楽天といったECサイトやオークションサイトでもない。

ネット住民がいる代表的な場所といえば、オンラインゲーム上であり、2chなどの掲示板サービスであり、そしてニコニコ動画だ。

Youtubeなどの単なる動画配信サイトにもヘビーなユーザーはいると思うが、ちょっと違う感じがするし、MixiなどのブログやSNSサービスもなにか違うと感じる。

YoutubeやMixiにもコメントやタグといった情報の受けて側からの情報発信の手段は用意されているのだが、たぶん、情報の提供者側のからの情報量が圧倒的に多く、コミュニケーションをとったりコミュニティを形成する上ではバランスがとれいなくて、違和感を感じるのだと思う。

コミュニケーションのきっかけをつるくユーザー自身もそのサービスの利用者=住人であり、コミュニケーションのきっかけをつくったというだけで、発言力は他のユーザーとたいして違わないといった特性を持つサービスに可能性を感じるのだと思う。

また、最初は発言力に違いがないユーザー同士であっても、そのサービスに対する情報発信力(情報の質や量)によって、リーダー的な存在が現れ、ごく自然にコミュニティーを形成していくといったプロセスをふみサービスがより面白い物になっていくといった特徴も合わせて持っている。

そして、リーダーや参加者の熱意によってコミュニティーが活性化されたり衰退したり、時には新たなコミュニティーを生み出すといった動きをする。

梅田望夫氏の「ウェブ時代をゆく」のなかで、これとよく似た動きをするものがあることが語られている。それは、オープンソースの世界で常に起こっていることだそうだ。

同書の中でオープンソースの世界で成功するかどうかは、プロジェクトの条件は、「そのプロジェクトに人生をうずめている人がいるかどうか」にかかっているという。

これは「Ruby」というオープンソース用のプログラム言語を開発した、まつもとひろゆき氏に梅田氏が質問した時に答えた言葉である。

オープンソースの世界は誰でも意思さえあれば参加することができる。ただ、成功するプロジェクトというのは、そのプロジェクトに人生をうずめているようなリーダー的な人間がいて、その周りに実力にや能力を伴って右腕となる協力者が自然発生的にでてきて、より強固なコミュニティーが形成され、リーダーの熱意がプロジェクトもしくはコミュニティー全体に伝わり偉大な成果を挙げていくといった具合だ。

私がニコニコ動画を最初に見たのは2007年2月か3月でまだβのころだったと思う。

初めて見たときから非常に興味を惹かれたサービスで、「これぞWEB2.0を体言したサービスだ!」と興奮しながら思った。そして、その興奮は時間を経るとともに確信に変わっていく。

多少偏りがあるのは否めないが、様々なジャンルの動画が投稿され、様々なユーザー層を取り込み、コメントやタグといった特定の動画に対するコミュニケーションだけでなく、誰に頼まれたわけでもなく、ランキングやお勧め動画など関連動画を取りまとめる形での動画がアップされ、動画に対して動画で応えるといった形式でのコミュニティー発現し今現在も拡大しつづけている。

そして、その中にはニコニコ動画に身をうずめているような住人が確かにいる。

その情熱がひしひしを伝わってくる作品が多くある。

そういった人達の活躍を願っているのは、他でもなく私であり、ネットの住民達である。

「時は来た!立てよ、ネット住民!」である!

--------------------------------------

■为了由于网络居民的网络居民的网络居民的国家的建国(2)

这个那个地有用互联网被提供的服务,不过,是我最抱兴趣能感到可能性伴随团体形成的服务。

是在那个服务的用户们间信息的交流与在现实世界的交流同样以那个以上的密度被进行的服务。

如果所说的那样的服务「居民」啦「废人」的做招呼方法的核心的用户必定在,正好好象住一样在网络的对面利用那个服务且持续发信信息多。

用具体的服务说的话,不是所说的Yahoo和Google的检索服务,所说的e-Bay和乐观的EC网站和拍卖网站也没有。

要说网络居民在的有代表性的地方,是在线游戏上,是2ch等的公告牌服务,并且笑嘻嘻地是动画。

想Youtube等的单纯的动画送信网站也重的用户在,不过,感到感到稍微不同的感觉,Mixi等的博客和SNS服务也不对什么。

所说的Youtube和Mixi也评语和标记的信息受到来自一侧的信息发信的手段被准备,不过,大量,想在由于来自信息的提供者方面no的信息量压倒性地取多,交流形成地方自治团体上平衡消失不在,感到不协调感。

我想对所说的有吊交流的契机的ku用户自己只是也是那个服务的利用者=居民,说制造了交流的契机,说服力与其他的用户不太不同的特性的服务感到可能性。

同时,最初所说的即使是说服力没有差异的用户们,根据对那个服务的信息发信力(信息的质量和量),领导人性的存在出现,履行非常到自然形成团体的经过服务成为更有趣的东西的特征也合起持(有)着。

并且,做所说的根据领导人和参加者的热情团体被活化衰退,时候生出新的团体的运动。

有在梅田望夫先生的「去Web时代的」中,做与这个很好地相似的运动的东西的事被叙说。据说那,在开放源代码的世界经常是发生。

据说是不是以同书中在开放源代码的世界成功,项目的条件,「对那个项目填埋人生的人是不是在」悬挂着。

这是开发了「Ruby」的开放源代码用的程序语言,对松和也Hiroyuki先生梅田先生质询了的时候回答了的言词。

能开放源代码的世界谁只要有都意思参加。是所说的举出(举行)变成伴随象填埋只是,成功的所谓项目,那个项目人生一样的领导人性的人在,那个周围实力象和能力右腕的合作伙伴自然发生性地出来,更坚固的团体形成,领导人的热情项目也如团体全体传达伟大的成果的情形。

我想我笑嘻嘻地最初看了动画的2007年2月或者3月还是β的时候。

用第一次看了的从时候开始非常被吸引了兴趣的服务,「这个才是是体言下面服务WEB2.0!」一边兴奋一边想。并且,那个兴奋变成经过时间的同时确信。

多少有偏倾不能拒绝,不过,在所说的各种各样的种类的动画应该被投稿,拿进来各种各样的用户层,被对的特定的动画的不仅仅是交流,谁当做评语和标记依赖了也没有,在汇总排列次序和推荐动画等关联动画的形式的动画被提高,对动画动画响应的形式的团体表现现在现在也持续扩大。

并且,那个其中笑嘻嘻地对动画象填埋身体一样的居民确实在。

多有那个热情传达紧紧地的作品。

请求那样的人们的活跃,不是别的是我,是网络的居民们。

「时候到了!立哟,网络居民!是」!

--------------------------------------

- Founding of a country of nation by net resident's net resident for net
resident (2)

It is service of the community that I holds the interests most and the possibility is felt with a formation though there is variously service being provided by the Internet.

The exchange of information is the same as the exchange by the real world or it is service done by a density any more among users of the service.

Such..service..resident..disabled..call..do..core..user..without fail..provide..net..other side..completely..live..service..use..information..send.

It is neither EC site like not the retrieval service named Yahoo and Google when saying by concrete service but e-Bay and optimism, etc. nor the auction sites.

It online plays a game, is bulletin board such as 2ch service as for a typical place where the net resident exists, and animation with a smile.

It is thought that it differs for a moment, and a user heavy as for a mere animation delivery site such as Youtube feels something different as for the blog and the SNS service such as Mixi though he or she thinks that it is.

There is overwhelmingly a lot of volume of information from the giving information person side, communications are taken maybe, and the balance thinks it is possible to catch of information such as the comment and tag in forming the community in Youtube and Mixi because it is not though it receives and the means of the information sending from the side is prepared it feels odd.

The chance of communications is turned over ..hanging.. and the user is user = of the service resident, and I think that it feels the possibility of influence service with the characteristic of not differing other users and very much only because it makes the chance of communications.

Moreover, the feature that the Fumi service becomes a more interesting thing also matches and it has the process of leader existence's appearing first by the information sending power (quality and amount of information) to the service even if it is a user that there is no difference in influence, and forming the community very naturally.

And, it moves of be activated, decline by leader and participant's zeal the community, and invent a new community at times.

Something that does movement that looks like this well in Nozoot's Umeda "Go in the web age" is talked about. It is to always happen in the world of open source.

Book..open source..world..succeed..project..condition..the..project..life..bury..person..provide..take..say.

This developed the program language for open source of "Ruby", and is a word answered when Mr. Umeda questions and Mr..

Everyone can participate in the world of open source as long as there is an intention. Leader's zeal is a project or the entire community, and the succeeding project however is formed a community that is .... stronger attended with ..there is man the leader who has buried the life in the project, and ..ability.. competent to the surroundings.. as the cooperator who becomes the right arm is spontaneous, and is condition of enumerating it as for a result that transmits and is great.

I still think that β my first seeing animation with a smile in February, 2007 or
March.

I thought the interest to be "This was substantive service of WEB2.0" while getting excited very much because of the service that withered in at the time seen for the first time. And, the excitement is passed time and changes into the conviction.

The animation of various genres is contributed, and not only communications to specific animation such as the comment and tag but also various group of userses are taken, and it keeps expanding as of now the community appearance of the form of animation's in shape to arrange animation related to the ranking and the recommendation animation, etc. being improved because it was not asked of whom, and answering in animation compared with animation though it is incontrovertible that there is somewhat bias.

And, there is certainly a resident who has buried his body under animation with a
smile in that.

There are a lot of works to which the zeal is transmitted in the water caltrop
water caltrop.

It is not another, I that wish such people's activities, and is residents of the
net.

「The time came. Setting up, and net resident. 」..going out.. !

--------------------------------------

■ネット住民のネット住民によるネット住民のための国家の建国(1)

はじめてやったオンラインゲームで「リネージュ」というゲームがある。

ハリーポッターの世界観に近いとおもうが、プレーヤーはナイトや魔法使い、エルフといったキャラクターになってゲーム世界で自分のキャラクターを育てていくというもの。

このオンラインゲームをやって感心したのは、ゲーム内に一つの経済圏が出来上がっていること。

キャラクターを育てる上で、より強力な武器や防具といったアイテムが必要になってくるのであるが、それを入手する方法として、ゲーム内で登場するモンスターを倒すことにより得られるゲーム内通貨をためて、他のプレイヤー間からアイテムを購入する方法が一般的。

モンスターを倒すことにより武器や防具も得られるのだが、モンスターが強すぎたり、非常に稀にしか入手できない場合が多い。

このため、そういったアイテムを持っている他のプレイヤーからゲーム内通貨でアイテムを買うという行為が生まれる。

プレイヤー1対1のトレードだけでなく、自分が持っているアイテムに値段を付けて、不特定多数のプレーヤーに販売するための個人商店機能があり、自分が得たアイテムや他のプレーヤーから入手したアイテムを販売することができ、こういった機能をつかってゲーム内通貨をためることもできる。

また、このゲームには、攻城戦というゲーム内にあるお城をプレイヤー同士でとりあう戦争の仕組みがあって、城を取るとその城下町のお店で販売されているアイテムに税金をかけることができて、税収を得ることができるメリットがある。

いずれもゲーム内通貨という仮想通貨を媒介しての経済圏であり、原則的にはリアルなお金が入手できるわけでないのだが、一部のオンラインゲームやちょっと前に話題になったセカンドライフなどでは、ゲーム内通貨をリアルマネーと交換する仕組みをもっているものもある。

また、アンダーグランドなところでは、運営側が禁止しているゲーム内通貨をリアルマネーで売買している業者(リアルマネートレード業者)などもあり、ゲーム内で仮想通貨を稼いでそれを業者などに販売して生計をたてている人間も実在する。

ここで言いたいことは、リアルマネートレードの良し悪しといったことではなくて、オンラインゲームというネット上のシステムに経済圏を構築できる事実があるという点である。

このシステムを実際の株式のトレードや、ネット銀行などと有機的に繋ぐことができれば、ネット上の住民として生活や生産活動をしながら生計を立てる可能性が開けるのではないかということである。

さらにこの考え方を推し進めると、ネット上に経済圏だけでなく一つの国をつくることができるんじゃないかという妄想が浮かんでくる。

(2)に続く

--------------------------■为了由于网络居民的网络居民的网络居民的国家的建国(1)

用第一次做了的在线游戏有「天堂」的游戏。

想靠近哈利波特的世界观,不过,所说的运动员成为夜间和魔术师,小妖精的登场人物在游戏世界培育自己的登场人物。

做这个在线游戏钦佩了的,一个经济圈做完到游戏内的事。

在培育登场人物上,更强有力的变得需要起来所说的武器和防护具的条款,不过,积蓄根据作为得到那个的方法,打倒在游戏内登场的怪物的事能能的游戏内货币,从其他的播放机间购买条款的方法一般的。

根据打倒怪物的事武器和防护具也能得,不过,怪物太强,非常稀少以外不能得到的情况多。

产生这个缘故,由除了有那样的条款以外的播放机用游戏内货币招致条款这样的行为。

也能积蓄使用能销售从有为了安上不仅仅是播放机1比1贸易,自己持(有)的条款价格,非特定多数的运动员销售的个人商店机能,自己得了的条款和其他的运动员得到了的条款,这样的机能游戏内货币。

有能得能挂上(放上)在取有以播放机们同时,这个游戏,攻城战这个游戏内有的城互相拉的战争的结构,城的话那个城下町的店销售的条款税金,税收的好处。

是全都传播游戏内货币这个假想货币的经济圈,不原则性现实的钱应该能得到,不过,一部分的在线游戏和变成了稍微为前为话题的second life等,也有有把游戏内货币与现实金钱换成的结构的东西。

同时,在under运动场的地方,禁止的用现实金钱买卖游戏内货币的业者(现实金钱贸易业者)等也有营运方面,在游戏内挣假想货币业者等销售那个维持生计的人也实际存在。

想在这里说的事,是不是现实金钱贸易的好坏,在线游戏这个网络上的系统有能构筑经济圈的事实这样的点。

是要说如果能与实际的股票的贸易,网络银行等有机地连接这个系统,作为网络上的居民一边做生活和生产活动一边维持生计的可能性不是开。

并且要说推进这个想法的话,在网络上能建立不仅仅是经济圈一个国家不是邪念浮现来。

(2)接连到
------------------------------

- Founding of a country of nation by net resident's net resident for net
resident (1)

It is an online gaming done for the first time and there is a game "Lineage".

The one that the player becomes a character named the night, the wizard, and Elf and fosters his character in the game world though thought the neighborhood to Harry Potter's outlook on the world.

Complete one economic bloc of admiration because of doing this online game in the game.

The currency in the game obtained by knocking down the monster that appears in the game as a method of obtaining it is straightened, and the method of buying the item between other players is general though the item such as stronger arms and protectors is needed in fostering the character.

The monster is too strong, and it is unavailable only in very rare though arms and the protector are obtained by knocking down the monster.

Therefore, the act of buying the item from other players with such an item with the currency in the game arises.

The currency in the game can be straightened by the player's not only the trading of 1:1 but also making a price to the item that I have, providing the individual shop function to sell it to many and unspecified players, being able to sell the item that I obtained and the item obtained from other players, and using such a function.

Moreover, there is an advantage in which revenue can be obtained being able to put the tax on the item sold in the shop in the bourg by taking the castle by the mechanism fighting, that is, struggle for the castle in the game of attack castle war with the player in this game, there.

It is an economic bloc where both virtual currencies of currency in the game are mediated, and there are one with the mechanism that the currency in the game is exchanged for real money in a part of online gaming and Secandoraif, etc. that got into the news ahead for a moment in principle because it can not obtain real money, too.

Moreover, man who also the trader (real money trading trader) etc. who are buying and selling the currency in the game that the management side prohibits with real money, and earns a virtual currency in the game, sells it to the trader etc. , and is setting up the living exists in under grand point.

It is a point that wanting to say here is not does a quality of the real money trading, and has the fact that can construct the economic bloc by the system on the net of online gaming.

This..system..actual..stocks..online bank..organic..tie..net..resident..life..production activity..do..make a living..possibility..open.

In addition..this..idea..promote..net..economic bloc..country..make..delusion..float.

(2)Continues.

■ニコニコ動画スクール(仮)

アフィリエイトのアイデアとしてニコニコ市場のランキングニュース「ニコランニュー(仮)」を以前考えたのだが、本体がやっているランキングを継続的に掲載したり関連する動画をワンクリックで見れるだけでは、やはり付加価値は低いだろうということで、新しいアイデアが浮かんだ。

名付けて、「ニコニコ動画スクール(仮)」。

ニコニコ動画ではクリエイター達が音楽、絵、2Dアニメーション、3Dアニメーションといった様々な動画がアップされているのだが、それらを見ていると「自分でもやってみたい」とか「どうやって創っているんだろう」といった気持ちが沸いてくる。

そういう気持ちに応える動画もあって、製作過程やツールの使い方、入手方法なんかもアップされている。

こういった動画用に「ニコニコ動画講座」というタグも用意されていて、そこから検索したり探してこれらの動画を見ることも出来るのだが、動画の数が多く最近ではなかなか直ぐに動画を見つけられない場合もある。

これらの動画を「お絵かき」「3D」「ボーかロイド」といったようなコンテンツの種類別、ツールの種類別など体系的に整理して、動画中で参照されるURLや紹介されたソフトウェアの名称、入手方法を文字情報として掲載し、「ニコニコ動画スクール(仮)」として、利便性の高い形でユーザーに提供し、また、それに関連するツールをアフィリエイトで紹介すると言う目論見だ。

たとえば、お絵かきの講座であれば、スキャナーとかペンタブレットとか、そこで使われたソフトウェアやその解説本なんて感じである。

お絵かきソフトの使い方みたいな動画をみていると、自分でも書いてみたkなり、動画で紹介されているソフトウェアをダウンロードしてインストールしてとやった経験もあるのだが、要所要所で一時停止にして、ダウンロード先のURLをブラウザに打ち込んだりするのだが、やっぱり非常に手間がかかる。

たぶん、こういったサイトがあれば自分でも利用するような気がする。製作者自身が自分のサイトで詳しく解説しているかもしれないが、そういったサイトがあればあったでリンクを張っておけば便利だ。

ということで、ランキングの方はちょっとおいておいて、自分が欲しいサイトを作ってみようかと考えている。

--------------------------

■笑嘻嘻动画学校(临时)

作为成果报酬型广告的想法笑嘻嘻地以前考虑市场的排列次序新闻「nikorannyu(临时)」,不过,继续性地刊载实体做的排列次序用一单击仅仅能看见关联的动画,还是附加值由于低这样的事,新的想法浮现了。

命名,「笑嘻嘻地动画学校(临时)」。

所说的笑嘻嘻地动画创作者们音乐,画儿,2D动画,3D动画的各种各样的动画被提高,不过,「如何看着那些的话「自己也想做一下」创在吧」的心情沸腾。

回应那样的心情的动画也处于,是制造过程和工具的用法,得到方法被提高。

也能这样的动画用「笑嘻嘻地动画讲座」的标记也被准备,从那里检索找看这些的动画,不过,也有动画的数大量地最近怎么也不马上被发现动画的情况。

按所说的按「画家」「3D」象「波特或者劳埃德协会」一样的内容的种类,工具的种类等有系统地整理这些的动画,作为文字信息刊登动画中被参照的URL和被介绍了的软件的名称,得到方法,是「笑嘻嘻地作为动画学校(临时)」,以便利性高(贵)的形式向用户提供,同时,用成果报酬型广告介绍而且关联的工具这样的计划。

譬如,如果是画家的讲座,在扫描仪啦笔书写板啦,那里被使用了的软件和那个解说书之类是感觉。

也就有做了看着画家软件的用法那样的动画的话,一自己也试着写了的k,下载动画被介绍的软件安装的经验,不过,在要点要点要临时停止,向(以)浏览器打进下载处的URL,不过,还是非常工夫开动。

大概,感到如果有这样的网站自己也象利用一样的心情。说不定制造者自己在自己的网站详细地解说着,不过,如果有那样的网站有的如果出预先张开链接方便。

由于,排列次序认为稍微预先放置,自己试着制作想要的网站吗。

--------------------------

- Smiling animation school (temporary)

The ranking that the main body did was continuously published and a new idea floated still on the additional value by might be low only by being able to see the relating animation in the one click though it thought about ranking news "Nicorannu (temporary)" of the market with a smile before as an idea of the affiliate.

It names, and "Smiling animation school (temporary). "

Creators boil feelings "Even I want to try" or "How do you create it?" boil in animation with a smile if they are seen though music and various animations like the picture, 2D animation, and 3D animation, etc. have been improved.

How to use of the fabrication process and the tool, and there is animation to answer such
feelings, too and the obtaining method has been improved.

It doesn't retrieve it there a lot of animations might not be found to the number of animations immediately recently easily though the animations of searches can be seen the preparation for tag "Smiling animation course" for such animation.

It is a plan said that these animations are arranged systematically the kind etc. of the tool of contents according to the kind "Artist" "3D" "It is a baud or Roid", the name and the obtaining method of URL referred to in animation and the introduced software published as character information, offers to the user in shape with high convenience as "Smiling animation school (temporary)", and it introduces the tool that relates to it by the affiliate.

For instance, if it is artist's course, the explanation book on the software used the tablet of the scanner or the pen or there and that is feeling.

It makes it to the temporary stop in the key point key point it takes time very much after all though there is experience by downloading the software that written k, and is being introduced by animation even by me when animation like the usage of the painting tool is seen and installing it, too though URL at the download destination is driven to a browser.

Maybe, even I think that it uses it if there is such a site. If it was and puts the link if there is such a site, it is convenient though those who produce it might be explaining in detail on his site.

Thus, the ranking puts for a moment, and thinks make a desirous site by me.

 

■本場となった秋葉原

昨日行ってきたトークセッションでは、いくつか感慨深いテーマが話題となったのだが、その一つが「アキバは本場になったんだ」といお話。

話のきっかけは、今のアキバには大量の外国人観光客がきている。どのくらい大量かというと彼らをアキバにつれてくる観光バスが多く過ぎて地域住民から苦情が絶えないぐらいきているという。

彼らにもタイプがあり、主に買い物目当てで来る方(東アジア系の方が多いらしい)と、アニメやオタクスポットとしてのアキバみてみたいという方(ヨーロッパ系が多いらしい)。

多くの免税店が昔からあるアキバなので前者については当然といえば当然なのだか、後者は確かに増えているが日本のアニメ、美少女好きが集まるお店では、ほとんど姿をみないのは何故か?という話になった。

この問いに、デジハリの杉山学長が、「地域の人や、普通にアキバに来ている人達は気づいていないかもしれないけど、アキバは世界中のアニメファンやオタクにとっての本場になったんだよ。」と応えた。

「ん?」って感じだったが次のたとえ話で、「なるほどねぇ~」と思った。

「昔は日本でもどこでも、たとえば油絵を本当に習いたい人といえば、その本場であるパリに行った。ギターをちょっとかじった若者でブルースのことをもっと知りたい、極めたいとおもう人はアメリカのシカゴとかを目指した。行ってみればその専門のお店なんかがあって、中に入れば自分の望んでいるものがそのにあるのは分かってる。でも、外国から着たばかりの素人同然の自分にとっては、やっぱり敷居が高い。だから中々お店に入ることができないんだよ。」

確かに、確かにである。

つまり、グローバルの目線では、アニメや美少女は芸術や学術と同じように文化と成立している点、その評価は日本国内よりも、むしろ海外の方が高いという点をあらためて確認した思いだ。

日本古来の文化を知りたいということで京都へ出向くのと同じように、日本の新しい文化に触れるために、望んで本場であるアキバへ出向くということだ。

パネリストや司会の方々はそんなアキバのいろんな意味での魅力を理解している人達だった。

うまく言葉では表すことはできないが、私自身もその文化の魅力を理解できる一人であり続けたいと願う。

------------------------------------

■成为了原产地的秋叶原

昨天去了一下的讲话session,感慨深几个的题目成为了话题,不过,那个一个在一起「秋叶原是原产地的」定为话。

话的契机,大量的外国人游客来了现在的秋叶原。据说要说多少大量的话为秋叶原带来他们的游览车大量地过地域居民不断绝的来了意见。

他们也有类型,主要由于买东西目标来(东亚系好象多),作为动画片和发烧友开球点的秋叶原想看一下这样的(欧洲系好象多)。

因为从很早以前是某秋叶原多的免税店关于前者如果当然说当然,后者确实增加着在日本的动画片,美少女迷汇集的店,几乎不看身姿为何?变成了关于。

对这个问,dejihari的杉山校长,是「说不定地域的人,普通来到秋叶原的人们没发现,不过,秋叶原对全世界的动画片爱好者和发烧友来说变成为的原产地哟。」响应。

「n?」我是感觉用下面的譬喻话,想「诚然喂e~」。

「从前日本也哪里都,要说想譬如真的学油画的人,去了作为那个原产地的巴黎。想从稍微咬了吉他的年轻人更知道布鲁士舞的事,想彻底弄清楚的人作为目标美国的芝加哥啦。那个有明白如果如果试着去有那个专业的店之类,进入中自己期盼的东西。但是,对从外国穿了的刚刚外行一样的自己来说,还是门槛高(贵)。因此中々对店不能进入哟。」

确实,确实。

总之,象与全球的视线,动画片和美少女艺术和学术同样一样地与文化成立的点,那个评价比是把日本国内,倒不如海外高(贵)这样的点重新确认了的所想都。

据说为了象由于想了解日本古来的文化这样的事前往到京都同样一样地,触及日本的新的文化,前往到期望作为原产地的秋叶原。

panelist和主持的各位是理解在那样的秋叶原的各种各样的意义的魅力的人们。

不能很好地言词表示,不过,请求想是我自己也能理解那个文化的魅力的一人继续。

------------------------------------

- Akihabara that became home

The one is "Akihabara became genuine" gutter story though the theme with deep some deep emotions became a topic in the toque session that had been done yesterday.

As for the chance of the talk, a large amount of foreign tourist is coming to Akihabara today. It is said that it is coming by a lot of passing of the charabanc that comes them with Akihabara how much is a large amount of and not discontinuing of the complaint from the local populace.

I also have the type also by them, and want to see Akihabara the animated cartoon and the Otaku spot coming (One with an Asian east seems to be abundant) chiefly by the shopping aim (There seem to be a lot of Europe systems).

If the former is said that it is natural because it is Akihabara with a lot of duty free shops for a long time, why is it the natural one or ..the appearance.. it is all almost in the gathering shops though the latter increases certainly? an animated cartoon and a favorite nymph in JapanIt became a story.

President Sugiyama of Degehari answered this question, "Akihabara became an animated cartoon fan all over the world and genuine for Otaku though neither the person in the region nor people who had usually come to Akihabara might notice".

I thought, "Indeed,?" because of the talk though no "?" was feeling

「The person who wanted to learn the oil painting really anywhere for instance went to Paris that was the home also in Japan in old times. The young person who bit the guitar for a moment wanted to learn the blues more, and another person aimed at Chicago in the United States to study thoroughly. The special shop exists if going, and it hopes about me and .... is understood if entering the inside. However, it feels self-conscious about visiting after all for me of the virtual amateur of just putting on from the foreign country. Therefore, it is not possible to enter the shop easily. 」

Certainly, certain ..going out.. .

In a word, the culture, the point that has been approved, and the evaluation are the desires that confirm the point that foreign countries are higher than Japan again that the animated cartoon and the nymph are similar to the art and science in the line of vision of global.

It hopes to touch a new culture of Japan similarly to the proceed to Kyoto by wanting to know an old Japan culture and it proceeds to Akihabara that is the home.

The panelist and chairpersons were people who understood the charm in various
meanings of such Akihabara.

It wishes that it keeping be one person to whom I also understand the charm of the culture though
it is not possible to show in the word well.

------------------------------------

■「アキバが地球を飲み込む日」出版記念トークセッションにいってきた。

1月11日のブログで紹介した「アキバが地球を飲み込む日」の出版記念トークセッションが秋葉原はデジタルハリウッド大学のキャンパスであるというので、見に行ってきた。

パネラーはデジハリ大学の杉山学長、千代田区議会議員の小林孝也氏、テレビ東京のテレビチャンピオンで秋葉原チャンプになった寺尾幸紘氏、これに司会進行役としてアキバ経済新聞編集長の柳原秀哉氏で行われた。

実は家の近くで開催されるから帰りに寄ってみようという程度で、パネラーの面子から内容的にはあまり期待していなかった。

IT業界にいたので杉山学長のことは知っていたが、ネットバブルのころに露出するようになった方だったので、胡散臭いイメージがあったし、なんで、議員さんが参加してくるのかも良く理解できなかったし、寺山氏については「だれそれ?」というレベルというのが正直なところ。

しかし、実際はかなり面白かった。先日のひろゆき氏がパネリストを務めたセミナーよりも格段に中身が濃かったといっていいかもしれない。

やはり、秋葉原はディープな街で、ディープな人達が先頭を走っている。侮れない街だ。

杉山学長についても、小林議員についても先のネガティブな感じでなく、「さすが分かって、いらっしゃる」というポジティブなイメージへ。

一番よかったのは、寺尾さんを知ったこと。若いんですが、自分と同じ波長を感じることができたし、話も面白い。

ちょっとした興奮状態で、アキバオフィスにもどってから同居人のM氏とトークセッションの登場人物の話や秋葉原の動向、コンテンツに関して話が盛り上がってしまい、遅い時間になったのでトークセッションの内容についてはまたの機会にしたい。

寺尾さん、今度事務所に遊びにいっていいですか?

第一世代として、もっと話が聞きたいです。

------------------------------

■在「秋叶原咽下地球的日」出版纪念讲话session时去了一下。

用1月11日的博客介绍了的「秋叶原咽下地球的星期日」的出版纪念讲话session秋叶原因为说是数字好莱坞大学的校园,看去了一下。

panelist被dejihari大学的杉山校长,千代田区议会议员小林孝也先生,TV东京的电视冠军成为了秋叶原冠军的寺尾幸Hiro先生,这个作为主持进行角色以秋叶原经济新闻主编的柳原秀哉先生进行了。

以说其实在家附近被召开试着靠近回来的程度,从panelist的拍洋画内容性不太期待。

因为在IT业界杉山校长的事知道,不过,因为是网络泡沫的时候露出,有形迹可疑的印象,为什么,议员先生参加不能很好地理解,关于寺山先生是「某某?说」的水平老实的地方。

可是,实际相当有趣。说不定说比前几天的Hiroyuki先生担任panelist的研讨会都特别内容深说。

还是,秋叶原在深的街,深的人们在前头跑着。是不能轻视的街。

关于杉山校长也,关于小林议员也不是前头否定的感觉,所说的「到底是明白,在的」积极的印象。

最好的,知道了寺尾先生的事。年轻,不过,能觉得与自己同样的波长,话也有趣。

以一点兴奋状态,返回秋叶原办公室之后有关同居人的M先生和讲话session的登场人物的话和秋叶原的动向,内容话热烈了,因为想到了晚的时间关于讲话session的内容要另机会。

寺尾先生,这次事务所可以去游玩吗?

作为第一世代,想更听话。

------------------------------

- It has said to "Day when Akihabara swallows the earth" publication
commemoration toque session.

The publication commemoration toque session of "Day when Akihabara swallows the earth" introduces by the blog January 11 has gone to see because Akihabara is a campus of a digital Hollywood university.

The panelist was done to Satisatishi Terao and this that had become Akihabara The Champ as president Sugiyama of the Degehari university, Takashi Kobayashi Shi of the assembly member of the Chiyoda ward assembly, and a television champion of TV Tokyo as a chairperson progress post with Shi Yanagihara of the editor in chief of an Akihabara economic newspaper.

To tell the truth, it did not substantially expect it from panelist's pasteboard dump so much in extent of coming near on one's return because it was held near the house.

There was a Steller's sea lion scatter smell image, and why Mr. assembly member participated was not able to be understood, and, to tell the truth, : well by the level "Someone?" about Mr. Terayama because it came to have exposed it at Net bubble though knew to president Sugiyama because it was in the IT industry.

However, it was considerably interesting actually. The other day's Shi might say that contents were more greatly than seminars that serve as the panelist thick.

Still, Akihabara is ..deep.. Mati, and ..deep.. Hit are making the running. It is
a town that cannot be made light of.

Assembly member Kobayashi will image it, that is, not previous negative feeling but "It understands, and come though it is made to do" positively.

The goodness got to know Mr./Ms. Terao. The same wave length as me was able to be felt, and the talk is also interesting though it is young.

I rose the talk for the trend of the story of characters of cohabitation person's Mr. M and the toque session and Akihabara and contents after it had returned to the Akihabara office in an excited state of mind of little, and want to have done about the content of the toque session at the next chance at slow time.

May I say to play in an office ..Mr./Ms. Terao.. this?

I want to hear the story more as the first generation.

■ウェブ・コンテンツ・クリエイター向けバーチャル・プロダクション構想(1)

1月13日のブログで「ニコニコ動画はクリエイターの登竜門になる」ということを書いたのだが、ニコニコ動画を見ていてつくづく思うことは、投稿しているクリエイター達の才能をもっと多くの人に知ってもらいたいということである。

凄いなと感じる多くのコンテンツは、製作の熱意、執念、こだわりがビンビンと伝わってくる。

そういった作品は、数分間、長くても十分程度のコンテンツであっても、想像を絶する時間と手間を掛けていることが分かるる。

たぶん、好きだからこそ尋常でない気の遠くなるような作業も苦にならないのだろうが、それだけの時間をつぎ込むこと出来るということも、一つの立派な才能だと思う。

そう思う一方で、「これだけの時間というリソースを注ぎ込んでいる作者は、いったいどんな生活をしているのだろうか?」という疑念というか不安がある。

社会人の方がこつこつと創り込んだと思えるものもあるし、引きこもり、もしくはニートではないかと思える作品もある。

そんな人達になんらかの形でメリットを提供し、感動的なすばらしい作品を、もっともっと創ってもらえる環境を用意し、世の中に感動を伝え、クリエイター自身も成長する仕組みを構築できないであろうか?

1.面白い、凄い、感動できるコンテンツを発掘し、

2.そのコンテンツをより多くの人に認知してもらう活動(プロデュース)し、

3.コンテンツクリエイターの製作活動を支援する。

支援として考えられるのは、一番分かりやすい経済的支援、クリエイティブを学ぶための教育・育成支援、制作活動や経済活動を行う上でのわずらわしさを肩代わりして製作に集中することができるように環境支援などなど。

たぶん、私が感動した作品・コンテンツを製作した方であれば、趣味の範囲でもお小遣いぐらいのお金は稼げるようになるだろうし、それに打ち込むことができれば、セミプロや本当の意味でのプロとしてもやっていけると思う。

なぜならば、私はそれを見るためにお金を払っているから。

感動できるコンテンツがあれば、それを多くの人にプロデュースする仕組みがあれば、お金を集める方法は色々と考えることができるんじゃないか。

集めたお金で様々な支援ができるんじゃないか。

そんなことを考えています。

-----------------------

■面向Web·内容·创作者虚拟·生产设想(1)

用1月13日的博客写了「笑嘻嘻地动画成为创作者的登龙门」、笑嘻嘻地看着动画仔细想的事,据说请更让许多人知道投稿的创作者们的才能。

觉得厉害的多的内容,制造的热情,执着之念,拘泥与邴邴传达。

那样的作品,是数分种,即使长即使是也十分左右的内容,明白超绝想象的时间和挂上(放上)工夫的事的ru。

大概,正因为喜欢不普通的气变得象远一样的工作对苦也不成,不过吧,我想注入只那个时间的事能这样的事,也是一个非常棒的才能。

一方面那样想,「灌输只这个时间这个资源的作者,到底做着怎样的生活?是不是叫」的疑念有不安。

也有认为社会一员咯噔咯噔创ri拥挤的东西,也有认为闭居,或不是啃老族吗的作品。

准备向那样的人们以什么的形式提供好处,能更更创得到感动性的极好的作品的,环境,告诉世间感动,不能构筑着创作者自己也增长的结构吗?

1.发掘有趣,厉害,能感动的内容,

2.对更许多人做那个内容请认领的活动(演出),

3.支援内容创作者的制造活动。

为使转移在进行为了作为支援能考虑,学习最易懂的经济的支援,创造性的教育·培养支援,制作活动和经济活动上腻烦对制造能集中环境支援等是吧do。

我也想大概,如果是制造了我感动了的作品·内容,爱好的范围也零花左右的钱能变得挣,如果能而且打进,即使在半职业性和真的意义的专业能做去。

说到原因,我为了看那个在付钱。

能集聚如果有如果有能感动的内容,把那个做为许多人制作的结构,钱的方法这个那个地考虑不是吗?

不是能用集聚了的钱各种各样的支援吗?

考虑那样的事。

-----------------------

- Virtual production plan for web contents creators (1)

"Animation becomes creator's gateway to success with a smile" was written by the
blog January 13.  Be to see animation with a smile and to think quite to want more people to learn the talents of creators who are contributing.

Zeal, the deep attachment, and sticking to of production are transmitted in a lot of
contents felt be not terrible with the bottle bottle.

Even if such a work is long for several minutes or it is contents of the level, enough, it is ..understanding.. to multiply time and trouble that outs of all knowledge.

Maybe, I think that being possible glossing over to invest the time only of it is one splendid talent though work that a nature not normal becomes far because of the favor might be not bothersome.

There is a doubt "What life on earth is the author who is pouring the resource of time only of this doing?" or uneasiness while thought so.

There is the one that it is possible to think, and is a work that seems to be ..withdrawal.. neat when the member of society creates hard and was crowded.

Is the advantage offered to such people in some shape, is the environment that can create a moving, wonderful work more more prepared, is the world told impression, and will not the mechanism that the creator grows up, too be able to be constructed?

1.It is interesting, terrible, and contents by which it can impress it
excavated.

2.It acts ..the acknowledgment of the person ..the contents.. more.. (produce).

3.The contents creator's production activity is supported.

The environmental assistance as possible to be concentrated on production by subrogating the trouble in the education and the promotion support, the production activities to learn the most comprehensible economic backing and creative, and the economic activities etc. of the idea as support.

Maybe, if the work and contents by which I am impressed are produced, it is likely to be able to earn, and I think money like the pocket money for it to be able to do as a professional in a semi-professional and a true meaning if it is possible to drive it to it also within the range of the hobby.

Because I am paying money to see it.

The method of collecting money might be able to be devised variously by devising it if there is a mechanism that a lot of people are done production if there are contents by which it can impress it.

Various support might be able to be done by collected money.

It thinks about such a thing.

 

スキメシ

| コメント(0) | トラックバック(0)

■スキメシ

先日の特別セミナーに来場者の何人かと名刺交換をした。

その中のお一人でDream Gateなどでも活躍されているコンサルティング会社社長のIさんよりメールをいただきました。

また一人仲間を得られた気分で喜びながら、新しい事にチャレンジしようと準備中とのお返事を書いたところ、

「スキメシ(スキなことでメシを食う)を貫くのは大変ですが大切だと思います。良いスタートができるといいですね。」という励ましのお言葉をいただきました。

スキメシ、好飯、SUKIMESHI・・・

なんか、語感がよくて気に入っちゃいました。

想えば今まで自分が面白いと思う仕事でしか飯を食ってこなかったといっても過言ではないかもしれない。

社会に出て、何度かの転職を重ねながら四半世紀以上経つのだが、運よくどなたかに雇用されたり、スポンサーになって頂いたりしながら、面白い仕事をやってこれたということは、非常に恵まれていると思うし、自分は非常にラッキーだと思う。

詳細はボチボチとプロフィールにアップしていこうと考えているが、そんな幸運に感謝しなければと思う。

そんなメールを頂いた日に梅田望夫氏のブログで「情報量が仕事量を規定 そんな時代の生存術とは」というテーマでの投稿があった。

私なりに理解した概要は以下の通りで、

「情報量が仕事量を規定I」するというのは、IT化、グローバル化が進み24時間365日世の中が動き続けている現代では、たとえ寝ている間にもネットの向こう側で、処理すべき情報がどんどん生成され、その処理に追われるうちにどんどん時間が過ぎてしまう様を表している。

当然のように長時間労働を強いられることになり、「尋常でない体力の持ち主だけがサバイバルできる」、「これだけ長い時間を働くようになると、嫌いなことをやらされているのでは、もう身体を壊すだろうね。」といった話題が大企業に勤める友人たちとの酒の場で出るようになってきているという。

福田氏自身も最近は非常にというか超多忙になってきており、日本への出張となると好きな仕事をしていても身体に変調きたしてくるといい、ましては嫌々やらされている仕事だったらどうなるのか・・・「情報量が仕事量を規定する」中で身を守る仕事術を工夫していかなければならない。

といった提言をされている。


うーん。思うに私は堪え性が無く、ある意味普通の人よりもストレス耐性が弱いのだろう。

たとえスキルとして実行可能な仕事であっても面白くなければストレスとなり一時的には出来ても継続することができない。

結果として、「情報量が仕事量を規定する」ずっと以前の時代から、ストレスから身を守る仕事術として、面白い仕事、好きと思える仕事を無意識に選択して来たのかもしれない。

かっこよく「面白い仕事で飯を食ってきた」と書いたが、面白いと思える仕事をやってきたというよりも、面白いと思える仕事しかできないで生きてきたといってもいいかもしれない。。。

なんだか、当初コラム的書こうとしていた趣旨から大分はずれてしまい、書いているうちに自分発見になってしまった。

これからの時代は、普通の人でも「尋常でない体力」を身につけるか、「好き」を仕事にしないとサバイバルできないとするのであれば、今までの自然体で「好き」を仕事にしてきた段階をより進化させる必要があるのだろう。

それが何なのかは、まだ分からない。

「好き」の定義、判断基準を明確にし、大いなる意思をもって選択することかもしれない。

それは、自分の志だったり、世の中の役に立つだったりするするのかもしれない。

---------------------

■sukimeshi

在前几天的特别研讨会与到场者的几个人做了名片交换。

以那个中的一人自Dream Gate等也被活跃的咨询公司社长I先生领受了邮件。

打算挑战以又能得到了一人仲间的心情一边感到喜悦,一边新的事写了跟准备中的回答的地方,

我「想贯穿由于sukimeshi(suki的事吃meshi)严重重要。好的开始能就好了。领受了」的鼓励的您的话。

sukimeshi,好饭,SUKIMESHI···

什么的,语感好中意。

说也靠认为认为ba到现在自己有趣的工作以外没吃饭说不定不是说错。

来到社会,一边反复几次转业四分之一世纪以上一边过去,不过,想侥幸被谁雇佣,搞请一边成为广告主,一边有趣的工作所谓能来,非常受惠着,自己想非常幸运。

详细想提高到bochibochi和小传,不过,我想如果那样的幸运不感谢。

领受了那样的邮件的日用梅田望夫先生的博客有在「信息量所谓规定 那样的时代的称为生存策略」把工作量的题目的投稿。

对一我理解了的概要就以下的大街,

「信息量规定I工作量」说做,IT化,全球化前进24小时365日世间持续开动的现代,比喻睡的期间在网络的对面,也表示着应该处理信息连续不断被生成,连续不断时间过了到在被那个处理追迫的时候的那样。

象能当然一样地长时间强迫劳动的,「只不普通的体力的持有者survival破」,「因为这样在长的时间变得工作的话,被迫做讨厌的事,已经搞坏身体。据说在跟致力于大企业的朋友们的酒的场变得有」的话题。

如果是所说的做着福田先生自己也最近非常说变得超很忙起来,要是对日本的出差喜欢的工作转调也引起到身体,增加勉勉强强被迫做的工作变成必须怎样···「信息量规定中工作量」保护身体的工作策略设法。

被做所说的建议。


痛苦不—。想来我耐性没有,比某意义普通的人都紧张状态抗性弱吧。

不能变成如果即使是作为纵使技艺实行可能的工作没有趣紧张状态一时能也继续。

说不定作为结果,作为「信息量规定工作量」一直从以前的时代开始,从紧张状态保护身体的工作策略,无意识选择了有趣的工作,认为喜好的工作。

很帅写了「靠有趣的工作吃了饭」,不过,可以说认为与其说干认为有趣的工作不如说,有趣的工作以外不能活了说不定。。。

总觉得,大分偏离了当初专栏的打算写的宗旨,变成了为在写的时候为自己发现。

今后的时代,作为是不是普通的人也掌握「不普通的体力」,不要「喜好」工作survival不能,基于用到现在的自然体要了「喜好」工作的阶段需要使之进化吧。

几七日,还不明白那个。

以说不定明确「喜好」的定义,判断基准,大的意思选择的事。

那个,是自己的志向,世间的角色是立tsu说不定顺溜地。
-------------------------

- Skimeshi

Some and the business card of those who came were exchanged for the other day's
special seminar.

I got mail from Mr. I of a president of the consulting company who was able to be active by one person in that also with Dream Gate etc.

Moreover, when you wrote the answer with the preparation when challenge a new thing while being pleased in feelings that obtain one person companion

「I think carrying out Skimeshi (It eats Meshi with Ski) to be important though it is serious. When a good start can be done, it is good. 」I got the word encouragement.

Skimeshi, good rice, and SUKIMESHI ・・・

What is it, and? the nuance is good and it has liked it.

It is not an exaggeration to say that it might have eaten the rice only working to think that I
am interesting up to now if it thinks.

It was possible to come, the interesting job is thought, and thought by me that I am very lucky while someone's being employed, and becoming a sponsor fortunately when very rich though passes longer than four half a century while doing change job several-time repeatedly since it goes into the workforce.

I do not think that we wish to express our gratitude as it is lucky ..so.. of details though it
is thought that it improves to Botiboti and the profile.

It was a blog by Nozoot Umeda and there was a contribution by the theme "Volume of information is an art of the living in a regulated age as for the workload" on the day when such mail was gotten.

The outline that I understand in my own way : as follows.

The advancement world for 24 hours and 365 days shows, and information that should be processed is generated with the opponent of the net fast in modern days ..keeping movement.. even while it is sleeping, and time shows the passing externals in the processing fast at the chase showing "The workload is regulated I by volume of information" saying then of making to IT and the globalization.

It is said that long working hours will be forced like seem being natural, and it has come to go out in the place of sake with friends who work for a big corporation the topic "Only a physical strength not normal owner is good at survival" and "The body will already be ruined in do the hated thing when coming to work being made at long so much time".

Fukuda..recently..very..say..busy..become..Japan..business trip..favorite..work..body..modulation..cause..good..much more..reluctantly..do..work..how..become..volume of information..workload..provide..body..defend..work..art..devise.

The proposal is done.


Well. The bearing character might be weaker to me than it not is, and a certain
meaning normal person to think the stress tolerance.

Even if it becomes a stress and it is possible to do temporarily, it is not possible to continue if it is not interesting even if it is executable work as the skill.

Consequently, "Volume of information provides for the workload" might have unconsciously selected work that the interesting job and seemed to like it for a long time as an art of work that defended bodying from the stress from the age of before.

It might be good though wrote, "It has eaten the rice by the interesting job" good-looking even if only work that work that seems to be interesting seems to be interesting rather than coming can be done and it has lived. 。。

It has become my discovery while shifting from the outline assumed to be a column book long ages at first very much, and writing somehow.

Even the normal person might have to evolve the stage where "Favor" has been made work by the current, natural body more if he or she assumes whether to acquire "Physical strength not normal" for it not to be able to do survival if "Favor" is not made work in the age of the future.

It has not been understood yet what it is.

It might be what clarifies the definition and the criteria of "Favor", and has and
selects a considerable intention.

It is my will, and ..useful.. in the world.

■今週読んだ本 「日本進化論 二〇二〇年に向けて」 出井伸之著

元SONYの社長兼グループCEO、現クオンタムリープ株式会社代表取締役の出井伸之氏が、SONYという一流のグローバル企業のCEOとしてやってきた経験とCEO退任後に世界を自らの足で見てきた経験を元に、今後10年は大きく世の中が激変していく点を指摘しながら、これを好機として経済的にも世相的にも停滞感の漂う日本の再生に向けての提言を書いた本であり、「がんばれ日本!自信を取り戻せ日本!やればできる子日本!」といった内容である。

本書は、ビジョンを示し、具体論を展開するといった、正にグローバル企業の経営者の視点で書かれている点で理解しやすく読んでいて希望が沸いてくるので、是非、本書を手にとって読んでみていただきたい。

そんな中でも、この2020年までの約10年間は世界的にもあらゆる事柄が変化していくという点は、ウェブ進化論の梅田望夫氏と同じなのだが、あのグーグルでさえも今のポジションを保てるとは限らないと指摘している点は非常に新鮮だし、エキサイトである。

驚異的なハードウェアの技術革新・進歩により、新しい手法のより競争力のある検索エンジンやその利用方法が開発されあのグーグルの存在を脅かす可能性があるということなのだが、これはグーグルが短期間で巨大企業になったのと同様以上に、向こう10年間はさらにチャンスが有るということで理解したい。

また、これからは「V」と「R」が補完しあう社会になっていくという点は、当ブログの趣旨と正に合致している意見で非常に嬉しく、勇気付けられる意見である。

ここでいう「V」はITや金融資本主義といったバーチャルな価値を示し、「R」は「モノづくり」などに代表される、産業資本主義に基づくリアルな実経済としています。

最終章にて出井氏は日本は「共創資本主義」を確立することにより、世界の規範になれるし、なるべきだと提言しています。

「共創」とは、「共に価値を創りだす」ということで、今まで協力関係を築いてきた欧米諸国だけでなく、インドや中国やイスラム諸国といった文化、価値観がまったく異なる国々と協力し、問題点を解決していく姿勢をとっていくべきだとしています。

私自身は、国家間の「共創」というよりも、「V」と「R」の「共創」という視点で何をやるべきかという点を考えて行きたいと思う。

------------------------

■本星期读了的面向本「日本进化论二○二○年」出井伸之著

是原SONY的社长兼小组CEO,现实kuontamuripu株式会社代表董事出井伸之先生,写了把与SONY这个第一流的全球的企业的CEO做了的经验和在CEO卸任后用自己的脚看了世界的经验转向一边指出原来,今后10年很大地世间急剧变化的点,在这个作为良机经济上地世相性停顿感一边也飘浮的日本的再生的建议的书,「加油日本!能取回自信日本!如果做能的孩子日本!是」的内容。

正式文本,表现理想,所说的展开具体论,因为在确实在全球的企业的经营者的视点被写的点容易理解读希望沸腾,对手来说请读想是非,正式文本。

那样的中,这个到2020年为止的约10年全世界地所有事情也变化这样的点,与Web进化论的梅田望夫先生也同样,不过,未必指出连那个Google能保持现在的地位的点非常新鲜,是兴奋。

据说有根据惊异性的硬件的技术革新·进步,威胁自新的手法的竞争力有的搜索引擎和那个利用方法被开发的那个Google的存在的可能性,不过,这个想是Google短期成为巨大企业的对同样以上,对面10年由于更加有机会这样的事理解。

同时,今后「V」「R」成为增补互相的社会这样的点,是用这个博客的宗旨和确实符合的意见非常高兴,勇气能安上的意见。

在这里说的「V」表示所说的IT和金融资本主义的虚拟的价值,「R」作为基于被「东西制作」等代表,产业资本主义的现实的实经济。

建议着出井先生对最最后一章日本根据确立「一起创资本主义」的事,对世界的规范热熟,应该变得。

作为所谓「一起创」,由于「一同创ri提供价值」,协助所说的到现在建立了合作关系的不仅仅是欧美各国,印度和中国和伊斯兰各国的文化,价值观完全不相同的各国,应该采取解决问题点的姿势。

我想我自己,考虑要说与其说国家间的「一起创」不如说,「V」和「R」的在「一起创」的视点做应该什么点。

------------------------
- Written by Nocore "Aiming at 2020 Japanese theory of evolution" Idei read
this week

Nocoreshi Idei of president, group CEO, and the representative director of former SONY of present Contamurep Ltd. : based on the experience to have seen the world after it retires of experience and CEO of coming as CEO of the global business of the first class named SONY by an own foot. Ten years will be books that assume this to be a chance while pointing out that the world changes greatly suddenly and wrote the proposal for the reproduction of Japan where the stagnation feeling is tossed in economically and social conditions when the future. 「Do your best Japan. It is Japanese ..it is possible to renew one's confidence in oneself... Conippon. 」It is a content.

Because it is easy to understand from the point of showing the vision, and progressing the concreteness theory being exactly written by the aspect of the manager of the global business, reads, and hope boils in this book, I would like you for the hand to read this book by all means.

About ten years until this 2020 such are very fresh the point that the point that all the matters change worldwide is the same as Nozoot Umeda of the web theory of evolution, and pointed out that the position today can not be necessarily kept also even with that Gugl especially, and excitements.

I want to understand that Gugl became a business giant in a short term from there is a chance further this for ten years from now more than similar though the search engine with the competitive edge or more of the new method and the use are developed by the technical improvement and the advancement of marvelous hardware and there is a possibility of threatening the existence of that Gugl.

Moreover, the point of becoming a society that "V" and "R" supplement each other will be an opinion on which courage is put very gladly because of the opinion that exactly agrees with the outline of this blog hereafter.

"V" here shows value virtual like IT and the finance capitalism, etc. , and "R" assumes" etc. to be represented real real economy based on the industrial capitalism.

Mr. Idei can establish "Both Tscshi this principles" by Japan, become the standard of the world, and be proposing that it should become it in the final chapter.

Both are created and ..".. assumed that it is necessary to take posture in which the problem is solved by "Both value is created" in cooperation with countries where not only America and European countries that have built cooperation up to now but also the culture and sense of values such as India, China, and Islam nations are quite different with".

I want to think about the point of both "V" and "R" whether it both creates and what is necessary to be done by the aspect named" rather than" ..between nations.. ..".. ..the creation.. .."...

------------------------

■生ひろゆきを見てきた

1月6日にこのブログに書いた、ひろゆき氏がパネルストで出演する特別セミナーに行ってきた。

東京コンテンツプロディーサーズ・ラボというコンテンツプロディーサー育成学校の主催で学生集めのためのセミナーで、プレス関係者なんかも来ていた。

主催者の東京コンテンツプロディーサーズ・ラボというのは、代々木アニメスクールみたいな専門学校かと思っていたら、会社員や起業家向けのビジネススクールだということが、主催者代表の冒頭の挨拶でわかった。

しかも、今春開校する予定でその第1期生の募集ということだった。

なんか、面白そう。ひろゆきの講演がおわったら帰るつもりだったが、学校説明も聞いて帰ってきた。

今は、結果として受講してみたいと考えているが、その目的と、セミナー申し込み時に事前に受けていた「効き脳」の診断結果については後日このブログのネタとしたいと思う。

それで、ひろゆき氏のセミナーだが、主催者側の方1名とのトークというか、インタビュー形式でで行われた。

話題はやはりニコニコ動画なのだが、主催者側の方は50代の男性で、たぶんコンテンツ業界でそれなりの実績がある方だとお見受けしたのだが、はたして、ひろゆき氏をどこまで理解して特別講師として招いたのかはかなり疑問が残るトークだった。

主催者側はコンテンツプロデューサ育成を目的にしているので、たぶん、ひろゆき氏をその代表としてその体験談、成功の秘訣なんかをしゃべらせたかったのだろうが、投げかける質問がちょっとずれていて、ひろゆき氏もかなり首をひねりながら対応していたのが印象的だった。

私がおもうに、ひろゆき氏はコンテンツプロディーサーというよりは、ネットカルチャープロデューサーと呼んだ方がいいと思う。

代表者の冒頭の挨拶を聞きながら違和感があったのだが、これを書きながらその理由が分かった気がする。

それは、自分が目指している方向、指向、目的は、はじめからプロフェッショナルとして、或いは、ビジネスとして成功しようということではないということだ。

もちろん、飯は食っていかなければならないのであるが、飯を食うことが目的ではない。

たぶん、ひろゆき氏も飯を食うことを目的として2chやニコニコ動画をはじめたわけではないのは確かなことだろう。

そんなひろゆき氏にコンテンツビジネスの視点でギラギラした質問をしてもやや的外れになってしまうことは仕方がないことかもしれない。

そんなトークの中でも「おっ」と思える話もいくつか聴くことができた。

主催者側の「なぜ、こういったサービスを考え付くことができるのか」といった趣旨の質問に対して、

「自分は同じ年代の人の中で、たぶん一番多く(時間的にも量的にも)のゲームをやったり映画を見たり読書をしていると思う。だから面白いコンテンツ多く知っている。あまり面白いコンテンツのことを知らない一般の人との間には情報量的にギャップがあり、みんなが知らないおもしろいコンテンツをこんなのもあるよ的にやって見せると、みんなが面白いと感じるといったとことではないか。まぁ、みんなが知っているものを、そのまま使っちゃうとパクリになっちゃいますけどね。」

よく量は質に転移するとか、人間は体験していないことは想像できないといったよく聞く言葉の真理を語っていると感じた。

あと最後のところで「今後プロデューサーを目指す方に一言」的な質問に対して、

「まぁ、口がうまければ生き残れるじゃないすかw」

・・・まぁ、ある意味真理かな。もっと口をうまく使えるようにしなければと思った。

話し方教室にでも通うべきかな。

-------------------------

■看了纯粹Hiroyuki

去了一下1月6日在这个博客上写了,Hiroyuki先生由于面板罢工演出的特别研讨会。

由于东京kontentsupurodisazu·实验室这个kontentsupurodisa培养学校的主办在为了学生收集的研讨会,是出版有关人员来了。

用主办者代表的起首的寒暄明白了主办者的所谓东京kontentsupurodisazu·实验室,如果想代代木动画片学校那样的专门学校,是公司职员和适合创业者的商业学校这样的事。

而且,今春将建校是那个第1届生的募集。

什么的,看起来有趣。如果Hiroyuki的讲演打算结束了返回,不过,学校说明也听返回了。

认为现在,作为结果想听讲一下,不过,我想关于在那个目的和,研讨会申请的时候事前接受着的「效力脑」的诊断结果日后作为这个博客的材料。

因此,是Hiroyuki先生的研讨会,不过,是不是叫主办者方面跟1名的讲话,以采访形式出被进行了。

话题还是笑嘻嘻地是动画,不过,主办者方面50代的男性,是大概在内容业界有一那个实际成果就看到,不过,是是完成,到哪里理解Hiroyuki先生作为特别讲师招待的相当疑问留存的讲话。

主办者方面因为把内容producer培养做为目的,作为那个代表使之说想大量,Hiroyuki先生那个体验谈,成功的秘诀之类,不过吧,投的问题稍微偏离,Hiroyuki先生也相当一边扭头一边对应的印象深刻。

我思念,Hiroyuki先生想与其说kontentsupurodisa不如说,最好是与网络文化制片人招呼。

一边听代表者的起首的寒暄一边有不协调感,不过,感到一边写这个一边明白了那个理由的心情。

那,是说自己作为目标的方向,意向,目的,不是说从开始,或者作为专业,作为商务打算成功。

当然,饭必须耗,不过,吃饭的事不是目的。

大概,是作为目的并不是2ch和笑嘻嘻地开始了动画确实的事吧Hiroyuki先生也吃饭的事。

做对那样的Hiroyuki先生在内容商务的视点亮闪闪地做了的问题霭和变得偏离目标了的事说不定没有办法的事。

那样的讲话的尤其认为的话也能听几个「嗯」。

对主办者方面的「为何,能想到这样的服务」的宗旨的问题,

「自己想在同样的年代的人中,大概一号大量地玩(随时间变化的也量地的)也游戏看电影做着读书。因此有趣的内容大量地知道。不是事吗说了感到跟不知道过分有趣的内容的事的普通的人的间信息量性地有间隙,这样的对有的yo靶子也做大家不知道的有趣的内容的话,大家有趣?maa,大家就那样使用知道的东西,的话变成仿制,不过。」

感到人谈着所说的不能很好地量质量与转移,没体验的事想象的很好地听的言词的真理。

以后在最后的地方对「以今后制片人作为目标一句话」性的问题,

「maa,如果口很好能生存不是ru的落空w」

···maa,某意义真理吗。我想使不能更很好地使用口。

也应该往来说法教室吗。
-----------------------------

 Life has been seen.

It has gone to a special seminar to which Shi written in this blog on January 6
performs by the panel strike.

Journalists had come by the Contentsprodesar promotion school's named the Tokyo contents Prodi SARS lab sponsoring in the seminar for the student collection.

It has been understood that sponsoring person's Tokyo contents Prodi SARS lab is a school of business when thinking the special school like the Yoyogi animated cartoon school for the company employee and the entrepreneur from an opening greeting of the those who sponsor it representative.

Moreover, it was recruitment of the first stage life. the schedule of the
foundation of a school this spring it

It seems to be interesting it is what. It came back hearing the school explanation though it
was going to return when the lecture on ended.

I want to make the diagnosis result of "Effective brain" that had been received beforehand when the purpose and applying for the seminar the material of this blog later though I want to attend a lecture as a result now.

And, the toque with one person with the sponsor side or interview form was done though it was a seminar of Shi.

Where Shi was understood and it invited it as a special lecturer were really the toques where the doubt considerably remained though the sponsor side was seen that it was a man in his fifties, and there were maybe moderate results in the contents industry though the topic was still animation with a smile.

Because the sponsor side had aimed at the contents producer promotion, it was wide and, maybe, it was impressive that the thrown question shifted for a moment, and Mr. wide length of the sleeve also corresponded while considerably inclining his head though I might have wanted to make the experience story and ABC's of success make coming Shi the representative and talked.

I think that you should call Shi a net culture producer in my desire rather than Contentsprodesar.

I think that the reason is understood while writing this though there was a sense of incompatibili
ty while hearing an opening greeting of the representative.

It is that neither the direction, the aim nor the purpose at which I am aiming succeed from the start as a professional or a business.

Of course, it is not a purpose to eat the rice though it is necessary to eat the
rice.

Maybe, it might be a certain thing that 2ch and did not start animation aiming eating also of Shi the rice with a smile.

A little even if the question Giragiraed to such a Shi by the aspect of the contents business is done to the irrelevance might what there is no other way.

It was possible ..".. to listen to some stories that were able to be thought to
be" in such a toque.

To the question on the outline "Why can such service be hit on?" of the sponsor side

「I think doing the most a lot of (Timewise and quantitatively) games, seeing the movie in the same person at the age maybe or reading. It knows interest therefore ..a lot of contents... Is it with?If the one that and everyone know is used as it is, it becomes Pacri. 」

It was felt that the truth of wording of hearing often be not experiencing by man as the amount often metastasized to the quality not imaginable was told.

To a question "It is a word in the aim of the producer in the future" in the end

"It is, and does or w it is possible to survive if flattering. "

・・・Is it, and a certain meaning truth?I did not think that it was able to use
the mouth well more.

To the how to talk classroom, Commute.

■続サイバー秋葉原構築計画(仮)

昨日、サイバー秋葉原構築計画で既に同様のサービスを展開しているサイトが事を記載した。

あわせて「ひとひねりして差別化できそうな予感がします。」と書いたが、ブログにアップロードした後、そのサイトを良く見て驚いた。

どこかの企業が行っているサービスだと思っていたら、実は個人が運営しているブログサイトだった!

2004年から自分の足で歩いて集めた情報をサービスとして掲載していたわけだが、その充実振りには目を見張った。

すばらしい!

競合サイトを構築して「差別化」をすることはとても困難難しそうである。

むしろ、このサイトと連携し、サイトの機能を拡張するサービスを実現したほうが、より現実的であると判断した。

たとえば、外国人向けにはなっていないので、外国人向けバージョンを構築するといった感じである。

とにかく、ここの運営者に直接会って是非とも話をきいてみたいという思いになった。

-----------------------

续Cyber秋叶原构筑计划(临时)

昨天,用Cyber秋叶原构筑计划已经展开同样的服务的网站记载了事。

秋叶原地图 http://www.akibamap.net
/合起「感到一下扭做以差异化快要来了的预感。写了」,不过,对博客上载之后,很好地看那个网站吃惊。

是想是哪里企业实行的服务,其实个人营运的博客网站!

应该作为服务刊登从2004年开始用自己的脚走聚集了的信息,不过,为那个充实样子瞠目结舌了。

极好!

构筑竞争网站做「差异化」的事非常困难看起来难。

倒不如,判断了与这个网站联合,实现了扩大网站的机能的服务,更现实。

譬如,是所说的因为没适合外国人放出,构筑面向外国人版本的感觉。

不管怎样,变成了直接遇到这里的营运者无论如何想听话一下这样的所想。
-------------------------

- Akihabara ..continuation.. cyber construction plan (temporary)

Yesterday, the site where similar service had already been developed in the cyber
Akihabara construction plan described the thing.

Akihabara map http://www.akibamap.net/
I was surprised to see the site well after it had up-loaded it to the blog though it was additionally written, "The lamplight and the presentiment that it was possible to differentiate by twisting it did".

It was a blog site that the individual had managed to tell the truth when thinking that it
was service that the enterprise somewhere was doing.

Because information collected walking by the shank's mare in 2004 had been published as service, it was amazed because of the enhancement shake.

It is wonderful.

It is instigating of a difficult difficulty very to construct a rival site and
to do "Differentiation".

It was judged that it was more realistic to achieve service to which the function of the site was enhanced in cooperation with this site.

For instance, it is feeling of constructing the version for the foreigner because it doesn't
become it for the foreigner.

Anyway, it met those here who managed it directly and it became a desire that
it wanted to be effective the talk by all means.

■サイバー秋葉原構築計画(仮)

世界的な株安である。軍資金の一部を株式で賄うことを想定していたのでちょっと痛い。

まぁ、本格的に活動しはじめる時点での株価が重要なので、一喜一憂はすまい。

しかし、このまま株価が低迷していた場合に備えた対応を必要であろう。

昨日に引き続きアフィリエイトについて考えてみた。

現在の個人オフィスは世界中の様々なマニアの欲望に応え続け、注目を集めている秋葉原の程近くにある。

この立地を利用して、マニアの皆さんの役に立つ情報発信ができないかと考えてみた。

基本構想は以下の通り。

1.秋葉原という町をネット空間上に再現する。

2.マニアックな店の情報をその空間上に貼り付ける。

3.ECサイトを運営しているお店があれば、それも貼り付ける。

4.ECサイトがない店であれば、勝手に肩代わりをする。

想定されるメリットとしては、地理的、時間的制約等から秋葉原にいけない人に秋葉原にいった気分になってもらい、必要があれば、買い物もできる。

可能であれば英語、中国語でも紹介して外国人向けにも対応したい。

ストリートミュージシャンなんかも出没しているので、ライブな情報も写真、音、ビデオなども掲載してみたい。

ここまで、同じ事って誰でも考えるかなと・・・ググる。

ありましたね^^;   秋葉原マップ http://www.akibamap.net/

私の考えの方向性は間違っていないとい証拠と、前向きに解釈します。

イメージ的には非常に近いのですが、ひとひねりして差別化できそうな予感がします。

想定するサイト訪問者をもっと、マニアックとするとか、前述のようにマニアックな外国人対応にするなど。

いずれにしてももう少し調査が必要ですね。

-------------------------

■Cyber秋叶原构筑计划(临时)

是全世界的股票安。因为估计着用股票维持军费的一部分的事稍微痛。

maa,是因为在真正地开始活动的时刻的股票价格重要,一喜一忧住所。

可是,必要如果预备了就这样股票价格徘徊的对应。

昨天接连关于成果报酬型广告试着考虑。

现在的个人办公室持续回应全世界各种各样的躁狂者的欲望,在引人注目的秋叶原的程度附近。

试着认为利用这个布局,对躁狂者的诸位有用的信息发信不能。

基本设想是以下的大街。

1.网络空间上再现秋叶原的城市。

2.那个空间上粘贴另类的店的信息。

3.如果有营运着EC网站的店,那个也粘贴。

4.EC网站如果是没有的店,随意地做转移。

作为被估计的好处,如果请从地理的,随时间变化的规定等对秋叶原不成的人变成为去了秋叶原的心情,有必要,也能买东西。

也想可能英语,中文也介绍适合外国人对应。

因为是街音乐家出没着,实况录音的信息照片,声音,录像等也想刊载一下。

到这里,同样的事谁都考虑···用google搜索。

有吧^^;秋叶原地图 http://www.akibamap.net/

在我的考虑的方向性没搞错在证据和,面向前方解释。

印象性非常近,不过,感到一下扭做以差异化快要来了的预感。

更,估计的网站访问者如果maniac的话,要象前述一样地另类的外国人对应等。

总之再稍微需要调查。

------------------------------------

- Cyber Akihabara construction plan (temporary)

It is stock worldwide down. Because it was assumed to finance a part of war funds
by the stocks, it is painful for a moment.

It will not fluctuate between hopes and fears because stock prices in and point
that begins to act in full scale are important.

However, the correspondence with which stock prices provided a sluggish case as
it was might be necessary.

It thought about the affiliate continuously yesterday.

A present individual office keeps being answered various manias' ..all over the world.. desires,
and exists about Akihabara where attention is attracted to be near.

It thought whether information for which the manias were useful was able to be
sent by using this location.

The fundamental plan is as follows.

1.The town named Akihabara is reproduced on the net space.

2.Information on a maniac shop is put on the space.

3.It is put if there is a shop that has managed EC site.

4.If it is a shop without EC site, it subrogates it without permission.

It is possible to shop as an assumed advantage if ..Akihabara.. person should not.. becomes said feelings in Akihabara, and has the necessity from a geographic time restriction etc.

It introduces and English and Chinese want to correspond for the foreigner if
it is possible.

The street musician infests, and I want to publish live information and the photograph, the sound, and the video, etc.

Does everyone think about the same thing here? ・・・ Gg.

It was ^^;. Akihabara map http://www.akibamap.net/

The directionality of my idea is positively interpreted as question evidence
not wrong.

The lamplight and the presentiment that it is possible to differentiate by
twisting it do though it is very near imaging it.

The site visitor who assumes it is made maniac as previously stated foreigner correspondence of
assumption as the maniac more.

It is necessary to investigate anyway a little more.

■ニコ市ランラン(仮)

昨日セミナーに参加して、「やっぱりアフィリエイトサイトの一つぐらいは、経験として運営してみた方がいいのかなぁ」という思いがしてきた。

このブログをはじめた趣旨はアフィリエイトでお小遣いを稼ぐということでは全くない。

読んだ本の紹介とともにアマゾンのアフィリエイトを使って購入できるようにしているが、これは「アフィリエイトの仕組みぐらい、知ってるぜ」とアピールしてる程度で、このブログで物を売ろうとは思っていない。

しかし、リアルとバーチャルの架け橋を標榜しようということであるから、リアルの稼ぎだけでなくネットで稼いだ実績も作っておいたほうがより説得力がでてくると考えた。

ただ、マーケティングを自分でやって売れ筋の商品を調べて、紹介文をつくってっていうのはいかにも大変。

それで、いろいろ思いつきで考えて浮かんだアイデアが「ニコ市ランニュー(仮)」である。

正式名称は「ニコニコ市場ランキングニュース(仮称)」である。

ニコニコ動画に、その動画に関連した物品をユーザーが勝手に貼り付ける事ができて、それを見たユーザーがそのリンクを通してアマゾンなどで物品を購入できる仕組みがあり、そのサービスをニコニコ市場と呼んでいる。

ニコニコ市場では売れた商品を総合やカテゴリ別にデイリー、ウィークリー、マンスリーでランキングしている。

このランキングを再加工して、なんらからの付加価値をつけて独自のアフィリエイトサイトとして運用してみようという試み。

正確なユーザー数は分からないですが、何百万もいるユーザがいて実際に購入者がいるサイトでのランキングですから、マーケティングをしなくても、売れ筋の商品が把握できるという目論見。

で、「なんらかの付加価値って何よ」ということになるのだが、思いつきベースでは次のとおり。

①カテゴリ別のランキングの推移を追うことによって、なんか見えてくるんじゃないかな?

現在のランキングは前の集計期間からのランキングのアップ、ダウンを矢印で表記しているだけで、推移は見えない。

この推移を見ること、見せることによってなんか見えてくるような予感。

②関連動画への最短リンクって便利じゃない?

ランキングで掲載された商品をクリックすると、その商品のページに飛んで、どの動画でその商品がリンクされたが分かるようになっているんだけど、商品と並べて動画を確認したいって、私個人は思うのです。

主なものはこの2点だけで、これならすぐ(仮)バージョンを作ることができそうだなとおもう。

ニュースを動画化してニコニコにアップロードするってのもありかもしれないけど、かなり手間がかかって大変そう。なのでとりあえずアイデアのみ。

そう簡単に物は売れないと思うけど、まぁ、失敗からも何かが学べるもの。

今週末にでもブログベースで(仮)バージョンを作ってみようと思います。

-------------------------------

■niko市栏新(临时)

昨天在研讨会参加,「最好是还是成果报酬型广告网站之一左右,作为经验试着营运了啊」的所想做了。

通过成果报酬型广告挣零花这样的事完全没有开始了这个博客的宗旨。

使与读了的书的介绍一起使用亚马逊的成果报酬型广告能购买,不过,这个以呼吁的程度,没认为「成果报酬型广告的结构左右,知道啦」以这个博客打算卖东西。

可是,认为是说打算标榜现实和虚拟的架上桥,不仅仅是现实的挣钱通过网络挣了的实际成果也预先制作了更劝导力出来。

只是,自己搞营销调查畅销货的商品,制作介绍文说的的确确非常。

因此,这个那个地由于一时想起考虑浮现了的想法是「niko市栏新(临时)」。

正式名称「笑嘻嘻地是市场排列次序新闻(暂称)」。

笑嘻嘻地对动画,那个动画有关联了的能用户随意地粘贴物品,看了那个的用户通过那个链接在亚马逊等能购买物品的结构,笑嘻嘻地称呼着那个服务为市场。

为按综合和范畴daily,weekly,monthly做着笑嘻嘻地在市场畅销了的商品排列次序。

说再加工这个排列次序,安上来自丝毫的附加值作为独自的成果报酬型广告网站试着运用的尝试。

不明白正确的用户数,不过,是在几百万也在的用户在实际买主在的网站的排列次序,即使不做营销,畅销货的商品也能把握这样的计划。

出,「什么的附加值就是什么哟」,不过,在一时想起基本下面的那样。

①根据追赶按范畴的排列次序的推移的事之类,不是能看见吗?

现在的排列次序只是用箭形符号标明着从前面的总计期间开始的排列次序的提高,下降,推移看不见。

看这个推移的事,根据显示的事之类能象看见一样的预感。

②对关联动画的最短链接不是方便?

单击以排列次序被刊载了的商品的话,对着那个商品的页飞来,哪个动画那个商品被链接了明白,不过,想与商品排列确认动画,我个人考虑。

我想主要的东西只是这个2分(件),能要是这个马上做(制作)(临时)版本快要了。

说不定动画化做新闻笑嘻嘻地上载no也有,不过,相当工夫悬挂非常沿着。是吧的首先只想法。

想不那样简单地东西畅销,不过,从maa,失败什么也能学习的东西。

我也想本星期末在博客基本把(临时)版本试着做成。

------------------------------

- Nico city new orchis (temporary)

The desire has done participation in the seminar yesterday, and "After all, about one of the affiliate sites is ..whether I should manage it as an experience..".

There is no outline to start this blog in earning pocket money by the affiliate
at all.

It is not thought that this sells the thing by this blog in "In the mechanism of the affiliate, know" and the appealing extent though it is made to buy by using the affiliate of Amazon with the introduction of the read book.

However, it was thought that it was persuasive power or more not only the work of real but also to make results earned with the net because a real, virtual it link was done in Shilshi.

However, .... really ..introduction sentence.. very. do marketing for myself and examine a hot
selling commodity

And, the idea that floats by a variety of thinking by the idea is "Nico city new
orchis (temporary). "

The formal nomenclature is "Smiling market ranking news (tentative name). "

The user can put the article related to the animation on animation without permission with a smile, there is a mechanism that the user who saw it can buy the article in Amazon etc. through the link, and the service is called a market with a smile.

The selling commodity is done in the market and the ranking is done according to the synthesis and the category with a smile by daily and weekly and monthly.

Attempt of processing this ranking again, applying additional value from what, and operating it as original affiliate site.

The plan that a hot selling commodity can be understood even if marketing is not done because it is a ranking in the site where there is a user who also has many millions of and the buyer exists actually though an accurate number of users is not understood.

It is as follows in the idea base though it becomes "Some additional values are good ..
what..".

?Category..ranking..transition..chase..come into view.

Only a present ranking improves the ranking from the total period of the previous state, writes the down by the arrow, and the transition is not seen.

It has a presentiment by seeing this transition, and showing it. come into
view ..what..

?Isn't the shortest link to animation related to A convenient?

Piece person of me thinks that he or she clicks the commodity published by the ranking though it understands because he or she says that it arranges and animation is confirmed the commodity though it flies to the page of the commodity, and the commodities were linked by which animation.

As for the main one, if it is only these two points, and these, I think the version for
it not to seem to be able to make it soon (be temporary).

News is made animation, and it takes time considerably and with a smile very so though no do be known of the up-loading cover either. Only temporary idea.

The one that something can be learnt from and the failure though the thing is
not thought to sell so easily.

I will make the version from the blog base (temporary) at the end of this week.

■セミナーに参加してきました。

私が購読しているメールマガジンの一つ「エンジニアがビジネス書を斬る!」、のまるるちゃんこと、丸山純考さんのセミナーに参加してきました。

テーマは「その日から実行できる3つの秘密」で、簡単にいうと丸山さんがサラリーマンから独立起業し、継続できているノウハウを伝授しましょうという趣旨のセミナーです。

丸山さんのより中身を濃いものにというお考えから有料・少人数で行われたセミナーで、冒頭は参加メンバーの自己紹介から始まりました。

自己紹介といってもなんの準備もしていないくて、かなりあせりました。

他の参加者の方たちは非常にしっかりとご自分の紹介とあわせて参加された理由などを述べておられました。

また、質疑応答も含めて各自が問題意識をもたれていて、このセミナーで一つでも多くの事を学ぼうとされている事が良く分かりました。

丸山さん自身は非常にフレンドリーなイメージの方で、本人が言われるほどメルマガのイメージとはかけ離れてはいませんでしたが、参加者の質問に対して言いよどむこともなく、自分のスタイルで応えられていたのが非常にうらやましく感じられました。

今回のセミナー参加は、自分に対する刺激が欲しいということが一番でしたが、丸山さんの話だけでなく、参加者の姿勢からも刺激を受けたことは、想定外でしたね。

当たり前ですが、みなさん、ほんとうに真剣なんですね。

丸山さんの発言で印象深かったのは、人脈をどうやって作るかという質問に対して、「人脈を意図的に作ろうとはしていない。まず、相手にとって自分が価値のある人間になる事。それによって自然に人脈ができる。」という発言でした。

果たして私は誰かにとって価値のある人間であるか?思わずそう自問してしまいました。

半年後、私が目指している領域で、少しでも私が誰かにとって価値のある人間になることができるように情報収集、情報発信、プレイヤーとしての経験積み増し続けたいと思います。

--------------------

■在研讨会参加了。

我订阅的邮件杂志之一「工程师切商务书籍!与」、的maruru相扑火锅,在丸山纯考虑先生的研讨会参加了。

是说题目「从当天开始能实行的3个秘密」,简单地叫的话丸山先生从上班族独立企业,打算传授能继续的经验技术的宗旨的研讨会。

自丸山先生的在所说的从深的东西的考虑以收费·少人数被进行了内容的研讨会,起首从参加成员的自我介绍开始了。

虽说是自我介绍什么准备也做不同意好,相当着急。

其他的参加者们被叙述着非常好好地配合自己的介绍被参加了的理由等。

同时,质疑应答也包含各自凭靠对存在问题有认识,在这个研讨会很好地明白了一个也打算被学习多的事的事。

丸山先生自己在非常友好的印象,没有本人被说的那样与邮件杂志的印象相离太远在,不过,非常令人羡慕地能感到也没有对参加者的问题吞吞吐吐的事,自己的风格被响应的。

此次的研讨会参加,想要对自己的刺激这样的事是一号,不过,不仅仅是丸山先生的话,从参加者的姿势也承接了刺激的事,意外。

当然,不过,诸位,真的认真。

对要说用丸山先生的发言印象深的,如何制作人的关系问题,「意图性地打算做(制作)人的关系没做。首先,对对方来说自己变成为有价值的人的事。根据那个对自然人的关系能。是」的发言。

到底我是对谁来说有价值的人吗?禁不住那样自问了。

我为使半年后,在我为目标的领域,能稍微我对谁来说价值有的人也变成信息收集,信息发信,播放机的想持续经验堆积增加。
-------------------------------------

- It has participated in a seminar.

I have participated in Mr. pure's Maruyama seminar.

The theme is a seminar of the outline said the independent establishment of Mr./Ms. Maruyama from businessman when easily saying by "Secrets of three that can be executed on the day", and the instruction in the knowhow that can be continued.

In the seminar having been held from the idea of saying contents for the thick one by charge and the few people by Mr./Ms. Maruyama's, at the beginning, it started from the participation member's self introduction.

What was not prepared and it was .... considerably in a hurry though it was
said that it would introduce oneself.

My introduction and the reason, etc. to participate additionally were described to other
participants' people very firmly.

Each one including the question and answer understands, and moreover, the awareness of the issues is lean, and has been understood well by trying the learning of a lot of as much as one things in this seminar.

I felt not hesitating to say the participant's question, and the answer by my style envy it very much though there was no Mr./Ms. Maruyama when far apart from the image of the e-mail magazine for the person in question to be mentioned in a very friendly image.

From not only Mr./Ms. Maruyama's story but also participant's posture to outside assumption receiving stimulation though it was the best to want stimulation to me this seminar participation

It is really ..everybody.. serious though is natural.

To the question how the impression depth in Mr./Ms. Maruyama's remark establishes networks「It doesn't try to establish networks intentionally. First of all, thing that I become man to be worthy for other partyAs a result, networks are naturally made. 」It was a remark.

Am I really man to be worthy for someone?It has instinctively asked oneself so.

I want to keep ..experience.. piling up and increasing as an information gathering, an information sending, and a player so that I after half a year it may become man to be worthy for someone me even a little in the aimed area.

■ニコニコ動画はクリエイターの登竜門になる

梅田望夫氏は「ウェブ時代をゆく」の中で、オープンソースが生んだ新しい「雇用のかたち」として、経済的なメリットが全くないといっていい「オープンソース・プロジェクト」に参加したプログラマーが、企業に雇用されるケースが増えてきている点に触れて、オープンソース・プロジェクトがその道でよりよい条件で飯を食べていくための登竜門として機能し始めていると述べている。

ニコニコ動画を見ていると、同様のことが今後ビデオクリエイター、アニメクリエイター、音楽クリエイター、あるいは様々なエンターテイメントや専門の分野で発生・拡大していくことが考えられるし、趣味でアップロードしたコンテンツが絶大な支持を受けて、驚異的な再生回数を生み、運営側が「着うた」のコンテンツとして売り出しビジネス化し経済的な恩恵をうけたり、一部のマニアックなファンしかいかなった芸能人が同サイトに投稿されたことをきっかけに、全国区の芸能人になったりとその傾向が現れ始めてきてる。

ニコニコ動画では、動画にタグとよばれる分類をユーザー自由につけることができるが、その中で「才能の無駄遣い」とされているものには、プロでも通用しそうなコンテンツが溢れている。

中にはたぶんプロの方が趣味で創ったコンテンツもありそうですが、経済的な見返りを超えてクリエイターが創りたいものを創って公開しているという点で評価できる。

背景には今までプロの現場でしか使えなかったような機材が、技術の発展にともなうコモディティー化により、非常に安価に(場合によってはオープンソースの用に無料で)入手可能になり、また、それを使いこなせるリテラシーをもった若い世代の人達が出てきている点、Youtubeやニコニコ動画のようにそれを発表する場が登場してきた点、さらに、そこの投稿されたコンテンツを見ることによって、創造的好奇心が刺激され自らが行動を起こすきっかけになっている点の相乗効果があると考える。

ニコニコ動画を見ている限り、「日本もまだまだ捨てたものではないな」とつくづく思う。

私個人としては、こういったクリエイターの人達に直接会って話を聞いてみたいという欲求が日に日に高まっているし、もっと、新しい形でクリエイターの人達とリアル世界のビジネスをうまく橋渡しをしたいとう希望がある。

今後、その可能性について、考えを進めて行きたい。

■笑嘻嘻动画成为创作者的登龙门

叙述着作为为了吃由于在可以说作为在「去梅田望夫先生Web时代」中,开放源代码生了的新的「雇佣的或者性质」,经济上的好处完全没有的「开放源代码·项目」参加了的程序编制员,企业雇佣的情况增多的点能触,开放源代码·项目那个道容易基于的条件饭的登龙门开始有作用。

看着笑嘻嘻地动画的话,同样的事今后录像创作者,动画片创作者,把接受作为生接受在音乐创作者,或是各种各样的娱乐和专业的领域发生·扩大的事考虑,由于爱好上载的内容巨大的支持,惊异性的再生回数,营运方面「原唱铃声」的内容上市商务化做经济上的恩惠,一部分另类的爱好者以外在实现的艺人同网站投稿了的事做为契机,全国选区的艺人变成的话那个倾向开始出现。

笑嘻嘻地动画,能用户自由安上被动画称作标记的分类,不过,在那个中被认为「才能的浪费」的东西,专业快要也通用了的内容充满。

其中由于爱好创ta内容快要也有大量专业,不过,在超越经济上的抵押创作者创公开着创ri鲷鱼东西这样的点能评价。

持(有)了能自如运用(对根据在背景到现在专业的现场以外没能象使用一样的机械材料,技术的发展伴随的commodity化,非常廉价根据场合的不同开放源代码的事情免费)变得得到可能,同时,那个的素养的年轻的世代的人们出来的点,考虑有成为弄(引)起根据看发表象Youtube和笑嘻嘻地动画一样地那个的场登场了的点,并且,那里投稿了的内容的事,创造的好奇心刺激的自己行动的契机的点的相乘效果。

只要笑嘻嘻地看动画,仔细就想「不是日本也还丢掉的东西」。

作为我个人,直接遇到这样的创作者的人们想听话一下这样的欲望一天天高涨着,有更,以新的形式很好地做了创作者的人们和现实世界的商务中人的嫌弃的希望。

今后,想关于那个可能性,推进考虑。
---------------------------

- Animation becomes creator's gateway to success with a smile.

The open-source project is describing the rice to Nozoot Umeda in a better condition on the road touching the point that the number of cases where the programmer who participated in "Open-source project" that you may say, an economical advantage is not new "Shape of employment" at all to which open source gave birth in "Go in the web age" is employed to the enterprise has increased as beginning the function as the gateway to success to live.

When animation is seen with a smile, it is possible that similar is generated and will expand in a video creator, an animated cartoon creator, a music creator or various entertainments and special fields in the future. Hobby..up-load..contents..full..support..in the background of..marvelous..reproduction..frequency..give birth..management..side..wear..sing.."..contents..market..business..make..economical..favor..undertake..partially..maniac..fan..squid..become..entertainer..site..contribute..starting with..national constituency..entertainer..tendency..appear.

Contents that seem to pass overflow even in the professional in the one assumed to be "Waste of the talent" in that in animation with a smile though a free user can apply the classification that is called tag in animation.

It is appreciable though there seem to be contents that the professional created with the hobby maybe in the inside, too in the point of creating what the creator wants to create it exceeding an economical looking back and opening it to the public.

Obtaining the machine parts that can be used only on a professional site up to now for the background by making to Commodity according to the development of the technology very at a low price (Free of charge according to circumstances for open source) becomes possible. Moreover, it is thought that creative curiosity is stimulated by seeing the point that the place where it is announced like animation the point, Youtube from which people of a young generation who has literacy that can master it have come out, and with a smile has appeared and contents to which it is contributed there and there is a synergy effect of the point that is the start where oneself rushes into action.

I quite think, "It is ..no what Japan also still threw away.." as long as animation
is seen with a smile.

The desire that it meets such creator's people directly and it wants to hear the story has risen day by day, and there is light hope that wants to mediate the business in the real world well in new shape with creator's people more as a private individual.

I want to advance the idea of the possibility in the future.

■オンラインゲーム 進化の可能性(1)

私がオンラインゲームに携わるようになったのは4年ぐらい前からで、自分が楽しむためではなくて仕事としてオンラインゲームにかかわる様になった。

コンピューターゲーム自体は嫌いではないが、社会人になってからクリアしたゲームと言えば、初代ファミコン用のドラゴンクエストぐらいで、オンラインゲームに触れるまでは、それ程興味のある領域ではなかった。

オンラインゲームの最大の特徴は、ネット上に構築された世界(たとえば中世ヨーロッパのハリーポッター的な世界だったり、麻雀卓だったり、トランプのカードテーブルだったり)に、リアルタイムに複数のプレーヤーが接続して、ゲームをプレイする点にある。

リアルな人間がある時は敵対し、ある時は協調し、コミュニケーションを交わし、場合によってはコミュニティーを形成したりしながらプレイする点が、徹底的な違いといえます。

また、通常一人でプレイするゲームでは、ゲームをクリアすることが目的ですが、MMORPGと言われるゲームでは、運営側が用意した様々なクエストと呼ばれる課題があり、それをクリアすることが楽しみのひとつではあるけれども、最終的な目標というものは用意されておらず、そえぞれのプレーヤーが独自に遊び方を見つけたり、目標を設定して楽しむという点も特徴のひとつだとおもいます。

たとえば、とにかくレベルを上げて強くなる事を目指したり、レアアイテムの収集だったり、嗜好性を同じにするコミュニティーへの参加だったりします。

オンラインゲームについては、今後いろんな意味でこのブログの題材として取り上げていくことになるとおもいますが、仮想空間上とはいえ、リアルの人間がそこに集う事により、リアル社会と同等の社会的活動が行われるという点と、参加している人間自体は、様々な意味でリアル社会の制約を越えた活動も可能になるという点で、多様な可能性をもっているという点について、意見を述べて生きたいと考えています。

また、リアルの人間が参加するという点で、その影響はリアル世界にも現れるようになっていて、将来的にはネット世界とリアル世界が相互に影響しながら、進化しつづけていきその境界も曖昧になっていくと考えています。

ゲームとはいえないですが、たとえば、今では当たり前になった株式のオンライントレードも、運営会社が用意した仮想の株式市場に、リアル社会から多くの人間が参加して、株式売買というゲームを行っているとう見方をすれば、ある意味オンラインゲームと同じといってよいのではないでしょうか。

その影響がさらに個別の株価、日経平均株価といったリアル社会の指標にも影響を与えているということでしょう。

そういった、リアル世界と連動したり、相互に影響したりするオンラインゲームの進化系というものを、具体化していきたいという欲望が私の中にあります。

---------------------------------------

■在线游戏 进化的可能性(1)

我在线游戏变得参与的从4年左右前开始,为了不是自己享受变得了作为工作在线游戏有关的那样。

电子游戏自己不讨厌,不过,要说从变成为社会一员清除了的游戏,第一代家庭电子游戏用的勇者斗恶龙左右,到碰在线游戏,不是有那么多兴趣的领域。

在线游戏的最大的特征,(对是网络上被构筑了的世界是譬如中世纪欧洲的哈利波特性的世界,是麻将桌,扑克的卡桌子),实时地复数的运动员连接,玩游戏的点有。

有现实的人的时候敌对,有的时候协调,交换交流,根据场合的不同一边形成团体一边玩的点,能说彻底的差异。

同时,通常一个人玩的游戏,清除游戏的事是目的,不过,我想是设定发现清除有称作被认为是MMORPG的游戏,营运方面准备了的各种各样的探索的课题,那个的事乐趣之一,不过,最终的目标没准备,添上zore的运动员独自玩方法,目标享受这样的点也特征之一。

譬如,以不管怎样提高水平变得强的事作为目标,是三趾鸵鸟条款的收集,是对同样嗜好性的团体的参加。

想关于在线游戏,今后以各种各样的意义作为这个博客的题材拿起的,不过,想以虽说是假想空间上,在根据现实的人集会向(到)那里的事,现实社会同等的社会的活动被进行这样的点和,参加的人自己,以各种各样的意义超过了现实社会的规定的活动也变得可能这样的点,多种多样的可能性这样的点,叙述意见活。

同时,在现实的人参加这样的点,那个影响认为现实世界也出现,将来性网络世界和现实世界一边影响互相,一边持续进化的那个境界也变得暧昧。

不能说是游戏,不过,譬如,如果现在当然了的股票的在线贸易,在营运公司准备了的假想的股市,从现实社会许多人间也参加,做进行股票买卖这个游戏的柱看法,与某意义在线游戏同样的问不是好的吗?

据说所说的那个影响对更加个别的股票价格,日经平均股票价格的现实社会的指标也带来着影响吧。

那样的,对我中有想具体化与现实世界传动,影响互相的在线游戏的进化系,这样的欲望。
-------------------------

- Possibility of online game evolution (1)

My having come to be involved in the online gaming became related to the online gaming as worked because the purpose was not for me to enjoy about four years.

It was neither dragon quest for the founder family computer saying as the game cleared after it started one's adult life nor an interesting too area to touch the online gaming though the computer game was not hated.

The maximum feature of the online gaming is for two or more players to connect with the world (For instance, it is world in Europe Harry Potter in the Middle Ages, mah-jong table, and card table of cards) constructed on the net in real time, and to play the game.

It is hostile, cooperates at one stage, communications are exchanged when there is real man, and, according to circumstances, it can be said that the point played while forming the community is a thorough difference.

Moreover, a final target is not prepared, and I think that the point that the player of originally finds how to play, and enjoys setting the target is one of the features though it is one of there is a problem that is called various quest that the management side prepared of the enjoyments in the game called MMORPG to clear it though done in the game usually played alone to clear the game.

For instance, it is participation in the community that the aim of the thing that raises the level anyway and strengthens, the collection of the rhea items, and prefers it thoroughly.

Want it to give one's views about the point with various possibilities in the point that the activity that exceeds the restriction of a real society in various meanings becomes possible, too and the point that a social activity equal with a real society is done and participating man to be alive though he thinks that it will take it up as a theme of this blog in the future in various meanings of the online gaming by the thing that man of real gathers there on a virtual space.

Moreover, the influence is thought that it appears in the real world, the net world and the real world keep evolving while influencing mutually in the futures, and the boundary becoming vague, too in the point that man of real participates.

The online trade of the stocks that became natural now for instance is not, and if a lot of men participates from a real society in the virtual stock market that the management company prepared, and the light view to which it plays a game, that is, the exchange of stocks is done, might be called a certain meaning online game and the same even though plays a game.

The influence influences the index of a real society named more individual stock prices and Nikkei average.

I have the desire that it wants to materialize the one of evolution system of the online gaming that synchronizes with such the real world, and influences mutually.

今週読んだ本 「アキバが地球を飲み込む日」

私の場合、昼食時間を読書の時間に当てています。

ビジネス書的には、「食事はできるだけ「会食」の形で人と一緒に取るようにして、情報交換と人脈の開拓などに当てるべし」なんでしょうが、いつも何らかトラブル対応をしている内勤の人事屋兼情報システム屋だと時間の調整が難しい・・・

というのは、まぁ、言い訳で人とアポイントを取るのが億劫というところが正直なところです。

ただ、一人で飯を取るだけというのはもったいので、昼飯時は読書の時間としています。

ジャンル的にはIT関係、ビジネス書、脳関係、生物関係といった内容が多いですが、小説なんかもよく読んでいます。

飯を食べながら読むので行儀が悪いですが、ある程度のペースで本を読もうとおもうと、昼飯時を有効に使うのがちょうどいいといった感じです。

今週読んだ本は、ちょうど秋葉原の近くに越してきたところで、本屋で表題の「アキバ」が目に飛び込んできたので買ってみたものです。

内容的には既知の情報が多い感じでしたが、最後に掲載されている杉山知之氏(デジタルハリウッド大学学長)と本書の著者であるアキバ経済新聞の編集長 柳原秀哉氏の対談は「うんうん、そうだそうだ」といった感じで読むことができた。

対談の前の章までは、変わり行く秋葉原のトピックを同新聞社の記者が足で集めた情報を基に紹介しているのだが、付録的に最後につけられた対談で、時代が変わっても秋葉原の本質は変わっておらず、だからこそ多くの人達に指示し続けられ、多くの人を惹きつけつづけられる街として進化しているという点が述べられており、秋葉原好きの私としても大いに同意するものであります。

また、「アキバ経済新聞」というメディアの存在を知ったことは、本書からの収穫といっていいかもしれません。

今後、要チェックですね。

-----------------

本星期读了的本「秋叶原咽下地球的日」

是我的情况,把午饭时间用作着读书的时间。

商务书籍性,「吃饭使尽可能以「聚餐」的形式与人一起取,应该是碰到信息交换和人的关系的开荒等,不过吧」,是平时什么做纠纷对应的内勤的人事铺兼信息系统铺时间的调整难的···

所说的说,由于maa,辩解与人取预约慵懒的地方老实。

只是,说一个人只是取饭持(有)了的在的,午饭的时候作为读书的时间。

种类性IT关系,所说的商务书籍,脑关系,生物关系的内容多,不过,是小说很好地读着。

因为一边吃饭一边读举止坏,不过,是所说的想以某种程度的步调打算读书的话,有效使用午饭的时候正好好的感觉。

本星期读了的书,即使正好越过了到秋叶原附近,因为在书店标题的「秋叶原」也跳入了眼试着买了。

内容性既知的信息是多的感觉,不过,能以「据说作为在最后时刊载的杉山知之先生(数字好莱坞大学校长)和正式文本的著者的秋叶原经济新闻的主编柳原秀哉先生的会谈哼哼,是那样」的感觉读。

到(连)会谈前面的章,同报社的记者把用脚聚集了的信息做为基础介绍着变去的秋叶原的话题,不过,附录性地用被安上了的会谈,时代变成最后秋叶原的本质也没变化着,作为正因为如此被许多人们持续指示,能继续许多人吸引经常的街进化着这样的点被叙述,即使也秋叶原迷的我大大地赞同。

同时,知道了「秋叶原经济新闻」的媒体的存在的事,说不定可以决定来自正式文本的收获。

今后,是要检查。

--------------------------

- This "Day when Akihabara swallows the earth" read this week

Lunch time is applied for me at the time of reading.

When it is a personnel shop and an information system shop of the work indoors that the trouble always in any way corresponds, the adjustment of time is difficult though it might be "It is necessary to make only meal taken with the person in the form of "Have a meal together", and to apply it to the development of the information exchange and networks etc." the business book ・・・.

Because it is an honest point to take the appointment with the person by and the excuse
as for troublesome.

However, it is assumed the time of reading at lunch because I want to have only
taking the rice alone.

The novel is read well though there are the genre a lot of content like the IT relation, the business book, the brain relation, and the living thing relation, etc.

It is feeling that it is just good to use lunch effectively when thinking that the book is read by some pace though has bad manners because it reads while eating the rice.

The book read this week is bought what "Akihabara" of the title has jumped into eyes in the bookstore even if just moving near Akihabara.

The talk about Shi editor in chief Yanagihara of published Sugiyama Tomoyuki (president of a digital Hollywood university) and an Akihabara economic newspaper who was the author in this book was able to be read by feeling "It is .... so" at the end though already-known information was a lot of substantially feeling that was.

Even if the age changes in the talk applied in the appendix at the end, it keeps directing a lot of people the essence of Akihabara though it introduces up to the chapter before the talk based on information to which the journalist of this newspaper collected the topic of the leaf field of the change departing fall by the foot because it has not changed. The point of evolving as a town where it keeps dressing a lot of people in is described, and what I in favorite Akihabara also agree to very much.

Moreover, it might be called a harvest from this book to have known the existence of media "Akihabara economic newspaper".

It will be a check necessary when the future.

-------

 

■ニコニコ動画がNHKになる日

昨年ネット界を超えて一大ブームを巻き起こし、今も現在進行形で拡大中のニコニコ動画

その凄さ、面白さは、色々なところに掲載されているので、ここでは省きます。

私自身もβ時代からのユーザで、「ニコ厨(ニコニコ動画中毒とでも訳すのか)」の部類に入るかもしれない^^;

仕事の合間に一服つけている時に、ふと、「ニコニコ動画は将来どんな風に進化していくんだろう」と考えました。

現在は、ユーザーが既存のコンテンツをパロディ風に加工したMADと呼ばれるコンテンツが多く、そのほとんどが数分間の動画がほとんどだが、高品質な動画も多くて、感動したり、驚いたり、考えさせられたり、思わず噴出したりするものなど多彩で、かつ、とりあつかわれる分野も非常に幅広いがあり、見ていて本当に飽きない。

また、見たいものを見たいときに見れる、しかも、コメントを表示すればTVをお茶の間で見ながら、その内容に家族で突っ込みをいれているような、そんな空気も味わえる。

これはCSやケーブルテレビよりも遥かに進んだ究極のオンデマンド放送ではないでしょうか?

ユーザー数や投稿される動画数が急激に増加している状況に対応するため、次々と設備投資を進めなければならないようで、まだ、採算ラインには届いていないようですが、

1)もしも、採算ラインにのって資金や設備面で余裕がでてきて、

2)さらに、ユーザー数も日本総世帯数の何十パーセントに増えて、

3)現在のテレビや、CSで流されているようなプロが作ったコンテンツの使用権購入して、

4)IDやパスワードを入力しなくても、動画が見れるようになったら。

この究極のメディアは、完全に今のテレビを越えるのではないかと。

現在、プレミアム会員という形で、数百円をはらうと、一般より高品質な回線で、高品質な画像の動画を楽しむことができます。

面白い動画や、興味のある動画が、見たい時にいつでも、高品質な動画でみれて、世の中の反応もリアルタイムで把握することができるとなれば、多くの人が喜んでお金を支払うのではないだろうか。

少なくともNHKに強制的に払わされるよりは、納得感を得られるのではないかと私は思います。

現状はアダルトや暴力的なコンテンツも投稿されている状況(運営は不適当なコンテンツは積極的に削除しています)ですが、ユーザー数が増えれば増えるほど、公共性も求められ運営サイドもそれに応じて、より多くの人がニコニコできるよになり、最終的にはネットならではの即時性なんかも活かして、現在NHKが果たしている役割を担っていくじゃないかと、大きな妄想と小さい期待をこめて進化の見続けていきたいと思います。

------------------------------

■笑嘻嘻动画成为NHK的日

去年超越网络界掀起一大高潮,现在也是现在进行态扩大中的笑嘻嘻地动画。

那个厉害,有趣,因为在种种的地方被刊登,在这里省却。

我自己也是是从β时代开始的用户,说不定属于「niko厨(笑嘻嘻与动画中毒也翻译吗的)」部类的^^;

工作的间歇喝杯茶安上的时候,偶然,考虑「笑嘻嘻地动画将来进化向(到)怎样的风吧」。

现在,用户模仿滑稽作品风加工了既存的内容的MAD和被称作的内容多,那个大部分数分种的动画是大部分,不过,高质量的动画也多,感动,感到吃惊,被迫考虑,禁不住刮起的东西等丰富多彩,且,被对待的领域非常也广泛有,看着真的不腻烦。

同时,想看想看的东西的时候能看见,而且,如果表示评语在餐室一边看TV,以家族把深入一边象作为了那个内容一样的,那样的空气也能品味。

这个比CS和CATV都不是遥远前进了的最终的征订生产广播吗?

好象为了用户数和被投稿的动画数与急剧地增加的状况对应,好象不断地推进设备投资,还,没传达到核算线,不过,

1)假使,参与核算线在资金和设备方面富余出来,

对2)新,用户数也增多到日本总家庭数的几十%,

3)现在的电视,CS象被冲走着一样的专业制作了的内容的使用权购买,

如果4)ID和即使不输入也口令,动画变得能看见。

这个最终的媒体,完全不是越过现在的电视吗。

现在,以premium会员这个形式,除去数百日元的话,比起普通用高质量的线路,能享受高质量的画像的动画。

能有趣的动画,兴趣有的动画,想看的时候无论什么时候,高质量的动画能看,世间的反应实时地也紧握要是,许多人感到高兴不是支付钱吗?

我想至少被NHK强制地强迫支付,不是能得到理解感吗。

现状成人和暴力性的内容也被投稿的状况(营运不适当的内容积极地是删掉着,不过),我想不担挑用户数越增多越,公共性也被要求营运侧面也按照那个,更许多人笑嘻嘻地能的特别变成,最终是只有网络才有的时效性弄活,现在NHK完成的作用,放入大的邪念和小的期待进化持续看。

---------------------------------

- Day when animation becomes NHK with a smile

One large boom is created exceeding the net field of last year, and smiling
animation expanding by the present progressive now.

Because the terrible and interest are published in variety, it omits it here.

I am a user from the β age, and it is likely ^^; to enter the class of "Nico kitchen (Do you translate into the animation poisoning with a smile?)".

When having a smoke and applying it at intervals of work, it was thought, "Animation might evolve to what wind with a smile in the future" by chance.

Contents that are called MAD by which the user processed existing contents in the parody style are abundant, and it gets tired, and the animation of a few minutes is, sees, and doesn't get tired really though is a lot of high-quality animations, and is very wide the field like the one etc. that are impressed, are surprised, are made it think, and gush instinctively that is variegated, and handled now.

Moreover, such air that puts thrusting in the content in the family while seeing TV between tea if it is possible to see to see the one that wants to see, and the comment is displayed can be tasted.

Isn't this broadcasting of the on-demand that advances far than CS and the cable
television and is ultimate?

Though it is necessary to have advanced capital investment one after another to correspond to the situation in which the number of users and the contributed number of animation increase rapidly, and it seems not to have reached the profitable line of business yet

1)It is ..profitable line of business.. on a roll and ..the capital and the
equipment side.. ..room...

2)In addition, the number of users increases to tens of percent of the number
of Japanese total homes, too.

3)The use right of contents that the professional thrown with a present television
and CS made is bought.

4)When you come to be able to see animation even if neither ID nor the password
are input.

Do this ultimate media completely exceed the television today?

When hundreds of yen is brushed off in shape of premium member, it can enjoy the animation of a high-quality image with a line that is more high-quality than general now.

Money might be paid a lot of people's being pleased if becoming it if it is possible to see in high-quality animation to see interesting animation and interesting animation, and everytime the reaction of the world can be understood in real time.

I compulsorily think that I obtain the consent feeling NHK at least it being made pay.

Current state..adult..violence..contents..contribute..situation..management..improper..contents..positive..delete..user..number..increase..increase..public..request..management..side..a lot..person..smile..finally..net..at once..character..make the best use of..now..NHK..really..role..bear..provide..grand delusion..small..expectation..put..evolution..see.

仕事始め

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日は仕事始め。

仕事納めまでは会社までドアツードアで15分の個人オフィス兼住居(マンスリー レンタルオフィス)から通っていたのですが、新しいことにチャレンジするためにも、環境を変えようと思い至り、年末に引越したばかりで新拠点からの初出勤となりました。

新拠点から会社まで約30分。今までの倍の時間がかかるし、朝は駅が凄く混んでいましたが今までより確実に歩くようになるので健康のためにはいいと思います。

なにより新拠点は、秋葉原まで徒歩10分。アキバ系情報収集にはもってこいだし、将来的に「はけもの道」を歩いている人や歩こうとしている人達のたまり場みたいにできたらなと考えています。

リアルの現職は、マザーズ上場会社で人事部長兼情報システム部長をやっています(昨年11月までは総務部長も兼務していました^^;)。

会社の主業務はリアル社会のインフラ構築といったところで、急激に成長中で凄く活気がある会社で日々変化を感じられる職場環境です。

とわいえ、さすがに9連休明けでしたので、午前中はペースを掴むのにちょっと時間がかかりました。

連休ボケというよりも、この連休中は引越し、生活環境の整備、ホームページ、ブログサイトの構築、ブログネタの検討と、「もうひとつの地球」の仕事に、どっぷりと浸っていたので、頭の切り替えに時間がかかったといったところですね。

ちょっと、疲れました^^;

本当は、準備中になっているプロフィールの着手、今後のアクションの整理をブログに掲載しようと思っていましたが、今日は早めてに休みたいと思います。

ということで、また、明日がんばりたいと思います。

おやすみなさい。

-----------------------

本日是开始工作。

到(连)工作最后到公司门到门从15分的个人办公室兼住所(monthly 出租办公室)来往着,不过,为了挑战新的事,想到打算改变环境,年末搬迁了也成为了刚刚来自新据点的首次上班。

从新据点到公司约30分。我想花费到现在的二倍的时间,早上车站特别拥挤因为自到现在确实变得走为了健康的好。

比什么都新据点,是到秋叶原徒步10分。认为如果对于秋叶原族信息收集正合适,将来性走「在走兽道」的人和打算走的人们的积存场那样地能了。

现实的现职,在Mothers上场公司搞着人事部长兼信息系统部长(到去年11月总务部长也兼职着的^^;)。

即使公司的主业务称为了现实社会的基础设施构筑,也是在急剧地增长中特别有活力的公司能感到每天变化的工作岗位环境。

wa家,到底是因为是9连休黎明,上午抓住步调稍微花费了时间。

刚刚说了因为与其说连休痴呆不如说,这个连休中搬迁,完全地沉浸在生活环境的整备,主页,博客网站的构筑,博客材料的讨论和,「再一个地球」的工作里,在头的转换里(上)花费了时间。

喂,累了的^^;

真的,想在博客刊登到准备中的小传的开始,今后的动作的处理,不过,我想今天加快休息。

我想,同时,明天努力。

晚安。
--------------------------

It is a work start today.

The environment was going to be changed to challenge new, it arrived, it just moved at the end of the year, and it became the first going to work from a new base though even the work paying went from an individual office and the dwelling (monthly rental office) of 15 minutes to the company door-to-door.

It is about 30 minutes from a new base to the company. It takes the time the current twice I think it is good from the current for health because it comes surely to walk in the morning though the station was terribly crowded.

Even Akihabara is 10 minutes on foot in a new base above all. Suitably in an Akihabara information gathering, and it is thought making like the collecting place of the person who is walking in the future in "Road of the brush" and people who try to walk.

The present position of real does the director of Personnel Department and the information system director in the Mothers listed company (Administrative Manager also was serving concurrently last November ^^;).

A main business of the company is a workplace environment under which the change is felt by the infrastructure construction of a real society in a very lively while rapidly develop it company every day.

It took time for a moment to grip the pace in the morning because it was, and indeed nine
end of the holiday week.

It took time to switch the head during this consecutive holidays rather than the consecutive holidays chaenomeles speciosa because it moved, and it was entirely soaked in the work of examination of construction and the blog material of maintenance, the homepage of the life environment, and the blog site and "Another earth".

It became tired for a moment ^^;.

It brings forward today and wants to take a rest though the arrangement of the action in the start of the prepared profile and the future was going to be published in the blog in reality.

I want to hold out thus and tomorrow.

I wish you sweet dreams!

■名刺を注文してみた。サプライズがあった!

今時、名刺ぐらいインターネットで注文できるのは当たり前と思っていたが、実際に注文してみてこんなによく出来ているサイトがあるのかと関心したので、その話を書いてみます。

この正月休み中にネットサーフィンをしていたら、2chの管理人にしてニコニコ動画の運営会社ニワンゴの取締役管理人である、ひろゆきこと西村博之氏がパネリストとして出席する特別セミナーがあるというのを見つけて、開催日が土曜日ということもあり申し込んでみた。

単純に生ひろゆきを見てみたいという事と、志向性を同じくする仲間に出会えるチャンスかもしれないという目論見です。

で、会場でそんな人に出会ったら、名刺ぐらい配っておいたほうがいいかなということもあり、インターネットで名刺を注文しようと早速ググると・・・

当然広告を払っている名刺屋さんが上位に表示されんですが、その中から「ネットで簡単名刺作成」という言葉につられて、クリック。

そうすると、名刺のデザインが表示された画面があらわれるんですが、「無料お試し名刺」という文字が・・・

で、迷わずクリック。

そうすると、小洒落デザインの選択画面とともに、会社名や名前、住所といった名刺に必要な要素を入力する画面とその結果がリアルタイムで反映される名刺編集画面へ。

なかなかよく出来て、入力した文字が名刺のイメージに反映されてなかなか楽しい^^

空白をうまく使えば、文字の位置なんかも調整できて、まぁまぁ、納得のいく感じに編集できる。

で、次のステップに進むと枚数の確認。250毎まで無料で、「今なら、250枚枚追加するととてもお得です」といった内容。

まぁ、そんなにいらないので、とりあえずスルーして次へ進むと・・・

今度は、裏面の選択。無料だから片面印刷しかないかと思いきや、有償で裏面も作成できる。

まぁ、裏面は無地でいいなと選ぼうとすると、なんと有料!

裏面にこの名刺会社の広告をいれた場合のみ無料になるという罠^^。

このアイデアにまたまた、感心。感心しながら次のステップへ進むと、こんどは選択したデザインにマッチした付箋とA4レターヘッドのお勧め画面が。名刺で入力した情報が一部反映されていて、商品のイメージを喚起していて、さらに名刺と同じ用に編集できて、編集すると「購入する」のチェックボックスに自動的にチェックがつきます^^

すごく欲しくなったが、グッと堪えてチェックを外して次へ進むと・・・

今度は、オプション品の特売案内。小洒落た名刺入れとか、宛名書き用のスタンプとか。

名刺を新規に頼む人が必要になりそうなアイテムを心得ていますね。

で、ここも堪えて次へ進むと、送付先の入力画面、そして、クレジットカードの情報入力画面へ。

全ての情報を入力して、「購入」ボタンを押して一息つこうとすると・・・

なんと、購入の確定の案内とともに、10分間のタイムセールの案内が。

途中で紹介されたオプションのアイテムが「10分以内ならさらに特別価格で購入できます!」。

凄いですね。やられたって、感じでした^^;

「簡単」「無料」の文字に誘われて結果、送料込みで5千円ぐらい使っちゃいました。

楽しめて勉強させていただきました。

これらを全て自動でやっているというのも凄いし、日本でここまで実現できる会社があることに驚きました。

改めて興味が出てきたのでホームページで会社案内をみて納得。

米国で株式公開している会社のサービスでした。どうりで洗練されている訳ですね。

技術的にはWeb1.0ベースで既存産業の延長上のサービスなのですが、Web1.0でもまだまだやれることは沢山あるんだなぁと感じました。

興味のある方はアクセスしてみてください。

VistaPrint (Nasdaq: VPRT)  www.vistaprint.jp

 ----------------------------------------

■试着订购了名片。suprise处于!

想当代,名片左右用互联网能定购当然,不过,因为关心了有实际试着订购这么很好地能的网站,试着写那个话。

如果这个新年休息中做着网上冲浪,决定2ch的管理员笑嘻嘻地是动画的营运公司niwango的董事管理员,发现说有Hiroyuki事西村博之先生作为panelist出席的特别研讨会,星期六也有召开日试着申请了。

是单纯想看纯粹Hiroyuki一下这样的事和,说不定能遇见相同意向性的朋友的机会这样的计划。

如果出,在会场遇到了那样的人,也有最好是名片左右分配放置吗,用互联网打算订购名片立刻用google搜索的话···

从当然给予广告的名片铺先生上位不被表示出,那个中「用网络简单名片作成」的言词受到影响,单击。

那样做的话,名片的设计被表示了的画面出现,不过,「免费尝试名片」的文字···

出,不迷惑单击。

所说的输入那样做的话,与小洒落设计的选择画面一起,对公司名和名字,地址的名片必要的要素的画面和那个结果实时地被反映的名片编辑画面。

相当很好地能,输入了的文字被名片的印象反映相当快乐的^^

如果很好地使用空白,是文字的位置能调整,对maamaa,理解进行的感觉能编辑。

出,为下面的阶段前进的话张数的确认。到(连)每250免费,「要是现在,与枚追加250张(件)非常实惠」的内容。

maa,因为不那么需要,暂且忽略下面前进的话···

这次,里面的选择。免费只有一面印刷完全出乎意料之外,有代价里面也能作成。

maa,是里面打算选素色可以的话,如何收费!

如果只告知了里面这个名片公司的广告变得免费这样的圈套^^。

这个想法又,赞成。一边钦佩一边前进向下面的阶段的话,这次选择了的设计调和了的签条和A4letterhead的推荐画面。用名片输入了的信息被一部反射,唤起着商品的印象,对更加与名片同样的事情能编辑,编辑的话「购买」的复选框自动地附有检查的^^

厉害地了想要,不过,更加忍耐避开检查下面前进的话···

这次,选择品的特别贱卖向导。小漂亮打扮的名片盒啦,收件人姓名写事情的戳子啦?

领会快要变得需要新规章请求名片的人的了条款。

出,这里也忍耐下面前进的话,邮寄地址的输入画面,并且,信用卡的信息输入画面。

输入全部的信息,按「购买」按钮一口气打算附有的话···

哎呀,与购买的确定的向导一起,10分种的time sale的向导。

途中被介绍了的选择的条款「要是10分以内更加以特别价格能购买!」。

特别。被做了,是感觉的^^;

被「简单」「免费」的文字引诱用包含结果,运费5千日元左右使用。

能请享乐让我学习了。

说全部用自动做着这些也厉害,对有在日本到这里能实现的公司的事吃惊。

因为重新兴趣出来了主页看公司向导理解。

是在美国股票公开的公司的服务。应该怪不得被洗练。

技术地在Web1.0基本是既存产业的延长上的服务,不过,感到很多有Web1.0也还能做的事啊。

有兴趣请试着访问。

VistaPrint (Nasdaq: VPRT) www.vistaprint.jp

------------------------

- The business card was ordered. There was a surprise.

Being possible to order by the Internet in the business card nowadays writes the story though thought it is natural because it actually orders and it minded the barrier the site where it is in case of being.

It made to the manager of 2ch, a special seminar who was the director manager of management company Niwango of animation with a smile that and Hiroyuki Nishimura attended as a panelist was found when the Net Surfin' was done while taking a rest at this New Year, there was the date on Saturday, and it applied.

It is a plan that it might be a chance that it can meet the companion who does the thing and the orientation that it wants to see life simply similarly.

There is whether I should distribute it in the business card if it meets such a person in and the hall, and when the business card is ordered by the Internet, immediate Gg ・・・.

It is hung on word "Make it with the net an easy business card", and, naturally, it clicks without displaying Mr. business card shop who is paying the advertisement in the high rank from among that.

Then, the character "Free trial business card" ・・・ : though the screen where the design of the business card was displayed appears.

It doesn't hesitate and it clicks.

Then, to the business card edit screen where the screen and the result that inputs a necessary element for the company name, the name, and the business card of address with the selection screen of the small joke design are in real time reflected.

Quite happy for quite well-made, and reflected input character in image of
business card ^

The position of the character can be adjusted if the blank is used well, and it is
possible to edit it ..and convincing feeling...

The number of sheets is confirmed when proceeding to and the next step. Content "When 250 pieces are added, do by obtaining very much now" ..250 every free it...

When you advance to through next for the time being because it is unnecessary ....
so much

This time, selection of the back. Can it be thought that there is only an one-side
printing because it is free and make the back ..finishing coming.. , for a fee.

How charged when choosing, and the back are in the solid color as be not good!

Trap ^ that becomes free only when advertisement of this business card company
is put on the reverse.

It feels admiration for this idea again. The recommendation screen of tag and the A4 letterhead that matches to the selected design this time : when proceeding to the next step while feeling admiration. ..check.. ^. automatic in the check box of "Buy it" when editing it it is possible to edit it by rousing the image of the commodity for the business card and the same in addition be reflected a part of input information by the business card

With Gtsu though it terribly came to want it when the check is removed being
borne and it advances as follows ・・・

This time, bargain sale guide of option goods. Stamp of putting of ..passing..
business card of small joke for address book.

The item to seem to need the person who newly asks for the business card is
known.

To the input screen of address and the screen of the input of information on the credit
card when you advance as follows bearing and here.

When all information is input, "Purchase" button is pushed, and it rests ・・・

Very, the guide of the time sale of ten minutes : with the guide of the
fixation of purchase.

The item of the option introduced on the way is "It is possible to buy it further by a
special price if it is within at ten minutes. "

It is terrible. It was feeling after doing ^^;.

It is invited to the character of "Easiness" and "Free of charge" and about 5,00
0 yen has been used ..result.. including postage.

It was possible to enjoy and I was going to study.

It was also terrible to do these by the automatic operation all, and was surprised me because there
was a company that was able to achieve it here in Japan.

It consents seeing the corporate profile on the homepage because the interest
has come out again.

It was service of the company that offered of stock to the public in the United States.
It is a translation refined with.

I felt that it was a lot did also with Web1.0 still though it was technically service in the existing industry extension with the Web1.0 base.

Please access interesting one.

VistaPrint (Nasdaq: VPRT) www.vistaprint.jp

 

今年の目標

| コメント(0) | トラックバック(0)

■今年の目標

今勤めている会社は、1月7日が仕事始め。9連休ですが残りもあと2日間となりました。

松の内に今年の目標を宣言しておきたいとおもいます。

1月1日にも書きましたが、今年は新しい事にチャレンジする年にします。

人生の中でも大きなターニングポイントにできるようにしたいなと考えています。

そして、大きく6月までの前半戦と、12月までの後半戦に分けて計画していて、前半戦では新しい事をするための準備期間、ネタを仕込む期間、後半戦は実践に移す期間と位置づけています。

「前半戦の目標」

1)ブログの設置

とりあえず設置は完了しましたが、まだ、ほとんどデフォルト状態ですね。

設置の目的は、日々の活動の記録とアイデアの蓄積、検討、整理ですので、デザイン性はあまり気にする必要はないかな?。

2)ホームページの設置

こちらも、設置はしましたが、まだ、経歴の部分が完成していません。この休み中に仕上げようとおもっていますが、結構時間がかかりそうです。

設置の目的は、「富山シンジって何者?」という方に、名刺代わりというか履歴書がわりに準備するものです。

企業のホームページの「会社概要」に相当するものになるかな?

「経歴」の部分自分の経歴をふりかえることによって、自分のこれまでの人生のたな卸しをしていく場とも考えています。

会社概要の「沿革」にあたる部分になりますね。

3)「中長期人生計画」の作成

今は漠然と「こんな風に生きて生きたいなぁ」と頭の中にあるんですが、これからの3年から10年間、どんな風にいきていきたいかをまとめたいと考えています。

「後半戦の目標」

1)出版物としての執筆活動の開始

自分がこうなって欲しいと考えている「もうひとつの地球」と「リアル社会」の未来像を、「論文形式」と「フィクション形式」で書いて出版したいなと考えています。実際の出版は来年を目標としています。

2)ビデオ配信の開始

「もうひとつの地球」と「リアル社会」の今を、分かりやすい形でビデオ配信していきたいなと考えています。

ニュース形式みたいな感じになるかな。

「通年の目標」

1)ブログの毎日更新

かなり喫そうですが、がんばります。

2)仲間を500人を集める。

ネット上でも、リアルな活動上でも、私の活動に興味を示してもらえる、あるいは、前向きな批判をしてくれる、仲間を500人集めたいと考えています。

仲間と認定する定義は、「ブログにトラックバックした人」、「ブログにコメントした人」、「メールアドレスの交換をしたひと」とします。

 

とまぁ、こんなところですかね。

あと、できればいいなぁと思うのが2年過ごした上海に行くこと。

上海時代は、フリーランスとして仕事をしていたので金銭的には厳しかったけど、自分のペースで仕事ができていてかなり理想に近い感じだったかな。

上海の街が持つ活気も、ワクワクするものがあって本当に面白かったですね。

あと、上海時代に購読するようになったメールマガジン「上海IT管理者のひとり言」の著者の方がブログをはじめられたのでコメントしたら、メールをいただきました。ちょっと、うれしかったです^^

上海に進出する予定のある、或いは進出している日本企業のIT担当者の方にはお勧めのメールマガジンですよ。

ということで、仲間を一人GETですね^^

-----------------------

■今年的目标

现在工作的公司,是1月7日开始工作。是9连休残余也成为了还有2天。

我想松之内预先宣言今年的目标。

1月1日也写了,不过,今年要挑战新的事的年。

人生的考虑使想尤其大的转折点出现。

为了做与并且,很大地到6月为止的前半部分战,到12月为止的后半战分开计划着,在前半部分战中新的事的准备期间,赋予地位着教育材料的期间,后半战实践转移的期间。

「前半部分战的目标」

1)博客的设置

首先设置完成了,不过,还,几乎是默认状态。

因为设置的目的,是每天的活动的记录和想法的积蓄,讨论,处理,设计性不需要过分介意吗?。

2)主页的设置

这边,设置也做了,不过,还,经历的部分没完成。想这个休息中打算做完,不过,相当快要花费时间了。

设置的目的,是「富山真嗣什么人?在」的,是不是说名片替代履历书比较准备。

成为企业的主页的「公司概要」相当于的东西吗?

根据回顾「经历」的部分自己的经历的事,做自己的到现在为止的人生的ta的批发的场一起考虑。

成为相当于公司概要的「沿革」的部分。

3)「中长期人生计划」的作成

现在模糊在头中「想生活于这样的风里活啊」,不过,想从今后的3年开始10年,归结想生活于怎样的风里。

「后半战的目标」

作为1)出版物的执笔活动的开始

认为想认为自己希望变成这样的「再一个地球」以「论文形式」和「杜撰形式」写「现实社会」的未来像,出版。实际的出版把明年作为目标。

2)录像送信的开始

认为想「再一个地球」以易懂的形式录像送信「现实社会」的现在。

变成新闻形式那样的感觉吗。

「全年的目标」

1)博客的每天更新

相当吃那样,不过,努力。

集聚2)朋友500人。

想网络上,也现实的活动上,也聚集500人能请对我的活动表现,或是兴趣,做积极的批判,朋友。

与朋友认定的定义,作为「博客Trackback了的人」,「对博客进行评论的人」,「做了邮件地址的交换的人」。

 

是maa,这样的地方。

以后,去想能好就行了啊2年过了的上海的事。

上海时代,因为作为无所属做着工作金钱性严厉,不过,以自己的步调能着工作是相当靠近理想的感觉吗。

上海的街有的活力,也有欢心雀跃的东西真的有趣。

以后,因为变得上海时代订阅的邮件杂志「上海IT管理者的一个人言」的著者被以博客为首如果进行评论,领受了邮件。喂,高兴^^

有,或者进入上海的预定进入的日本企业的IT担当者是推荐的邮件杂志哟。

由于,是一人GET^^朋友
---------------------------

- This year's target

As for the company that works now, January 7 starts work. The remainder became
two another days though it was nine consecutive holidays, too.

I think that it wants to declare this year's target in the pine.

This year is made year when it challenges a new thing though it wrote on
January 1.

Think not wanting to make it to be a big turning point in the life.

And, greatly it plans, and second-half game has located it for the period moved to practice for the runup to do a new thing and the period when the material is trained in first-half game separately for first-half game until June and second-half game until December.

"Target of first-half game"

1)Installation of blog

Most still is in the state of default though the installation was completed for
the time being.

The purpose of the installation need not accumulate, examine the record of the activity of every day and the idea, and worry about the design so much because the arrangement?。

2)Installation of homepage

The part of the career has not been completed yet though here was set up. It seems to take while it is excellent middle ..this.. rest.. though it has when finishing it up.

...business card.. taking the place of "Who is Toyama Shinge?" or ..purpose of the installation.. personal history is the one comparatively prepared.

Do it become the one that corresponds to "Company overview" on the homepage of
the enterprise?

It is thought the place where my current life is taken an inventory by looking back on the career of me of "Career" the part.

It becomes a part that corresponds to "History" of the company overview.

3)Making of "Mid/long-term life plan"

I want to bring what wind you wanting live for three-ten years together though it is vaguely in "I want to live in this way and to live" and the head now.

"Target of second-half game"

1)Beginning of writing as publication

Think not wanting will write the image by "Thesis form" and "Fiction form" in the future of "Another earth" that think by me that want you to become it so and "Be real society" and publication. Actual publication aims at next year.

2)Beginning of video delivery

Think that do not want to be delivered the video in a comprehensible form about the now of "Another earth" and "Be real society".

Do it become feeling like the news form?

"Expert year's target"

1)Daily update of blog

Holds out considerably though is so.

2)Companions are gathered and 500 people are gathered.

I want to gather 500 companions who can show interest in my activity also in on the net and the real activity or do a positive criticism.

The definition recognized the companion is assumed to be "Person who backed the track to the blog", "Person who commented to the blog", and "Person with whom the mail address is exchanged".

 

Is it, and such a place?

Go to the sea after thinking it is if possible good spends two years.

Was it feeling that was competent at my pace and considerably near the ideal though was severe in money because it worked as free-lance in the Shanghai age?

The vigor of the town in Shanghai was exciting something and was also really
interesting.

The author of e-mail magazine "One remark of sea IT manager" that had come to be subscribed in the Shanghai age got mail when commenting because the blog had been started. I am glad and ^ for a moment.

It is a recommended e-mail magazine in the person in charge of IT of a Japanese enterprise that is or advances by scheduled advancement to Shanghai.

Thus, it is GET  as for one companion^^.

■今年は「萌え」な年?

1月も4日になると、一般社会は活動をはじめます。

証券市場では大発会が行われ、今年は8年ぶりに終値が下げたとのこと。

さて、有名企業では社長が念頭の挨拶を行い、これが翌日の日経新聞などに掲載されることになるのだが、昨今は自社のホームページを使ってその内容を掲載する企業も増えてきていますね。

そんな中、関心したのが北尾さん(SBIホールディングス株式会社 代表取締役執行役員CEO北尾 吉孝氏)です。

毎年、自分が何らかの形でかかわった企業の社長さんの念頭挨拶をインターネットでチェックしていて、中でも北尾さんのところは、SBIチャンネルという動画配信のページを持っていて、いつもビデオ配信しているので楽しみにしています。

(北尾さんと私はソフトバンク同期入社だったりします^^ 1995年の5月で同じ月に入社したと記憶しています。)

通常の企業だと早くても翌日あたりに配信するのが普通だろうと思うのだが、北尾さんのところは本日の夕方には既に配信を開始していました。

インターネットの本家、ソフトバンクの場合は大体文章で孫さんの念頭の挨拶が掲載されるのですが、これを書いている時点(1月4日21時)では、まだ、掲載されていないようです。

担当者の編集作業なんかを考えると翌日配信でも、十分大変だとおもうのですが、当日中に配信するというのはインターネットを本気で活用しようとしているってことだし、社員向けの挨拶でもあるから、一刻でも早く、自分の肉声で今年のテーマを伝えたいということが、伝わってきますね。

今年も例年どおり「干支」に基づいて、世の中の動向について語り、それに対応すべく会社がどうしているかということを分かり易く且つ力強く話をされていました。

それで、今年は「戊子」の年で、「戊(つちのえ)」という字は「茂」につながり、矛盾の「矛」の象形でもあり、植物でいえば盛んに茂っている状況とそれを剪定してすっきりさせるという2つの意味をもっているとのことです。

また、「子(ね)」は完了するなどの物事の終わりを表す「了」と物事の始まりを表す「一」をあわせた字で、物事は終わらなければ次の事が始まらないといった意味をもっていて、あわせて「」と言う字につながり、増えるという意味も含まれているとのことです。

ここまで聞いて、新しいことにチャレンジしようと考えてる私にとって、「今年こそ行動を起こす年だ!」と勝手に納得していたのですが、さらにこれに続けて「子」には、この「」いう字に「萌」をつづけて「孳萌」という言葉があり、増えて芽生えるといった意味も込められており、陰極まって陽に転機し、物事が動き始めるいるとの解説をされていました。

ここまで聞いて「納得」が「確信」へとかわり、勝手に勇気付けられました。

一方で私のチャレンジには「萌え要素」は非常に重要だと考えていて、以下の結論に達したのでした^^

「子」=「孳萌」「萌え」が「増える」年だ!  ← 結論

--------------

■今年是「发芽」na年?

1月到4日的话,普通社会以活动为首。

在证券市场新年后最初的交易进行,今年在隔了8年时收盘价降低了的这样的事。

那么,在有名企业社长进行心头的寒暄,这个在次日的日经新闻等被刊登的,不过,近来使用本公司的主页刊载那个内容的企业也增加。

那样的中,关心了的是北尾先生(SBI控股株式会社代表董事营运总监CEO北尾吉孝先生)。

每年,用互联网检查着自己以某种形式交往的企业的社长先生的心头寒暄,尤其北尾先生的地方,因为有着SBI频道这个动画送信的页,总是录像送信期待着。

(记着北尾先生和我是软件银行同期进公司的^^1995年的5月同样的星期一进公司了。)

想是通常的企业即使快在每次日时也送信普通,不过,北尾先生的地方本日的傍晚已经开始了送信。

互联网的本家,是软件银行的情况大致用文章孙先生的心头的寒暄被刊登,不过,好象写这个的时刻(1月4日21点),还,没被刊载。

想考虑担当者的编辑工作之类的话次日送信,充分地也严重,不过,说在当日中送信当真打算活用互联网是事,适合公司职员的寒暄也有,以一刻早点,想由于自己的自然的嗓音也传授今年的题目这样的事,传到。

易懂地且强有力地被说要说今年也往年那样按照「天干地支」,关于世间的动向谈,而且应该对应公司怎么在事话。

因此,今年据说以以「戊子」的年龄,修剪如果「戊(tsuChinoe)」的字相连「茂」,矛盾的「矛」的象形也有,在植物说繁盛地繁茂的状况和那个流畅地使之做这样的2个意义的。

同时,据说以所说的「子(ne)」用使表示完成的等事物的结束的「结束」和表示事物的开端的「一」协调了的字,也包含着如果事物不结束下面的事无用的意义,导致共计「孳」的字,增多这样的意义的。

对想到这里听,挑战新的事的我来说,「正是今年是引起行动的年!」随意地理解着,不过,并且这个继续被「孩子」,这个「孳」说的字继续「萌」有「孳萌」的言词,所说的增多出芽的意义也放入,阴极等候在表面转机做,被做事物开始变动的在的这样的解说。

到这里听「理解」「确信」变化,随意地勇气被安上了。

是认为一方对于我的挑战「发芽要素」非常重要,达成以下的结论的的^^

是「子」=「孳萌」=「萌」「增多」年!  ←结论

------------------------------

- Is it "MOE" this year?

A general society starts acting when becoming the fourth in January.

I hear that the first session of the year is done in the securities market, and
the closing share price lowered after an interval of eight years this year.

Well, the president does the greeting of the mind in a famous enterprise, this will be published in next day's Nikkei Shimbun etc. , and the number also of enterprises that publish the content by using its own homepage recently has increased.

It is Kitao (Tacashi representative director corporate officer CEO of SBI Holdings Ltd. Kitao) to have minded in such and the barrier.

Every year..some..shape..related..enterprise..president..mind..greeting..Internet..check..especially..Kitao..channel..animation..delivery..page..have..always..video..deliver..look forward to.

(Kitao and I are Softbank joining the company in the same years or it joined the same moon in May, year of ^^1995 and memorize it. )

Usually..enterprise..early..next day..around..deliver..usual..think..Kitao..today..evening..already..delivery..begin.

It seems not to have been published yet at point (21 o'clock January 4) to which this is being written for the head of the house and the Softbank of the Internet though the greeting of grandchild's mind is roughly published by sentences.

Delivering it by the end of that day starts seriously using the Internet and it will be transmitted to the delivery to want to tell this year's theme early because of my voice in the moment though it is thought it is very serious also because it is a greeting for and the employee the next day when thinking about person in charge's editing work.

It was talked plainly and powerfully why there was a company to talk about the trend of the world annually based on "Sexagenary cycle" this year, and to correspond to it.

I hear that it had two meanings that it connects with "Shigeru", and it is Shoucata of "Halberd" of contradiction, and the situation and it that actively grows thick are pruned if it says with the plant and the character " (food of the hammer)" is neat by the age of "Co", too this year and.

I hear that the meaning that things have the meaning that the following thing doesn't start if it doesn't end, are connected with the character additionally said, "", and increase by the character to put "1" that shows the start of "End" that shows the end of things of completion etc. and things together was included as for "Child (sleep)" moreover.

The bud, and the meaning of Kiza"'s of the word there, increasing, and budding was put, and, in addition, the explanation of being where the cathode was waited for and turning point and things began to move to the positive ..".. ..".. was done by this said "" character in "Child" continuing" following this though it was aware without permission ..me who thought.. when it challenged new hearing it here , saying that "Only this year is year that rushed into action".

It divided into "Conviction" "Consent" hearing it here, and courage was put
without permission.

One side, and "Bud element" thinks it is very important, and is reaching ^ to the following
conclusions for my challenge.

"Bud Kiza" = "Child" = "" is "Increase" year.   ← Conclusion

「もっと多くの人達に気がついてもらいたいし、活用してもらいたい」

「もうひとつの地球」というのは、インターネットの向こう側に構築されたサイバースペースのことであるけれども、結局、そこにアクセスしている人達は現実世界の人達である。だから現実世界から隔離された全く別次元の世界ではない。

ただ、世の中の多くの人達は「もうひとつの地球」を本当の意味で経験したことがないとおもう。

仕事でメールをつかったり、ホームページを検索したりといった使い方は今ではかなり広まってきている。しかし、「もうひとつの地球」で重要なのは、そこで「経済的」「知的」「創造的」な「生産活動」が活発に行われているという点で、「生産活動」の結果が現実世界と相互に影響しあいだしている事に、もっと多くの人達に気がついてもらいたし、活用してもらいたいと希望している。

今はまだ、「もうひとつの地球」と「多くの人達」の間にはボーダーラインがあって、それを越えることは難しいとか、できないとか、分からないとかいったところだと思う。

幸か不幸か(もちろん幸なのだが)、私にはそのボーダーラインを行ったり来たりする能力や経験がある(たぶん)。

「もうひとつの地球」が大好きだし、現実世界もそこそこ経験してきた(たぶん)。

そこで、ボーダーラインを自由に越えることができる「風」となって、より多くの人に「もうひとつの地球」をつかって現実世界での生活を楽しんでもらいたいと考えるようになったわけです。

やっと、「風」がでてきましたね^^;

で、何かいい単語がないかとエキサイトの辞書をつかって風のつく単語を調べて「风流」としました。

なぜ、中国語かって?世界の5人にひとりは中国語を理解できるから。それから、2004年から2005年の2年間、上海で暮らしていた経験もあるから。

意味は、ブログのタイトルにも乗せたとおりで、日本語の「風流」よりももっと多くの意味があって、(3)なんて、なかなか粋でしょ^^

ということで、毎日更新を目指してアウトプットしていきたいとおもいます。

-----------------------

请「更请许多人们注意到,活用」

「再一个所谓地球」,是互联网的对面被构筑了的电脑空间的事,不过,访问结果,那里的人们是现实世界的人们。因此被现实世界隔离了的完全不是另外(区别)次元的世界。

只是,世间的许多人们想没有以真的意义经验过「再一个地球」。

所说的由于工作使用邮件,检索主页的用法现在相当扩大。可是,在在「再一个地球」重要的,在那里「经济的」「知的」「创造的」的「生产活动」活跃地被进行这样的点,请对「生产活动」的结果现实世界和互相影响开始互相的事,更对许多人们注意到的希望着请加,活用。

我想现在还,「再一个地球」「许多人们」之间有两可之间,超越那个的事刚刚说了难,不能,不明白。

有去是幸运还是不幸(当然是幸运),我那个两可之间来的能力和经验(大量)。

非常喜欢「再一个地球」,现实世界也草草了事经验了(大量)。

变得在那里,能自由越过两可之间应该成为的「风」,想请在更许多人上使用「再一个地球」享受在现实世界的生活。

终于,「风」出了来吧^^;

调查出,没有什么好的单词使用兴奋的词典附有风的单词「?作为流」。

为何,中文方便?对世界的5人一个人能理解中文。然后,从2004年开始2005年的2年,也有在上海生活的经验。

意义,博客的标题也装上了的那样,比日语的「风流」都更有多的意义,(3)之类,相当漂亮^^

我想由于,每天以更新作为目标输出。
-----------------------

"It wants more people for you to notice, and it wants you to use it. "

People who are accessing there after all are people of the real world though "Another earth" is a cyberspace constructed by the opponent of the Internet. Therefore, it is not the world of the dimension at all of the isolation from the real world.

However, a lot of people in the world do not think that they have experienced "Another
earth" in a true meaning.

The usage of the use of mail, and the retrieval of the homepage and worth on business has spread considerably now. It is however important in "Another earth", and, then, hopes when it wants you ..hope of more people awareness.. to use it for the thing that the result of "Production activity" begins to influence the real world and mutually each other in the point that "Economical", "Intellectual", "Creative", and "Production activity" are actively done.

I think that it was between "Another earth" and "A lot of people" still now the borderline, and said it as it is difficult or is not possible to do or no understanding be exceeded.

The product or it is unhappy (Though it is a product of course) or has the ability and the experience of doing the borderline to me and coming (Maybe,).

"Another earth" is loved, and the real world has been hurried experienced (Maybe,).

Then, it came to be thought that it wanted you to enjoy life by the real world because it became "Style" that was able to exceed the borderline freely, and it used "Another earth" for more people.

..."Style".. finally ^^;

The word to which the wind attached by using the dictionary of the excitement if there were neither
nor something a good word was examined and it was assumed, "风 the style".

Why is Chinese selfish?Because one per five person world can understand Chinese. After that, because there is an experience of living in Shanghai at 2 years from 2004 through 2005, too.

^ ..quite chic (3)... there are more meanings from Japanese "Elegance" as putting it on the title of the blog the meaning

Thus, I think that it wants to output it aiming at the daily update.

このブログをはじめた理由は新しいライフスタイルにチャレンジするため。

といっても、現在はその準備中で、自分の考えをこのブログに記載しながら、まとめようという段階。

だから、「新しいライフスタイルって何?」って聞かれても自分でも消化不良で一言であらわせない。

たぶん、自分は学生時代からの趣味や技術屋としての社会人生活を通して、インターネットを代表とするデジタルでサイバーな世界の動きを一般の人よりもより深く感じ、理解することができる。

また、その可能性について一般の人よりもリアルに期待している。

梅田望夫氏はその著書の中で、この現在進行形で進化し拡大し続けているサイバーの世界を「もうひとつの地球」と呼称している。

一方で私は、やや後付の感もあるが「面白い事をやりたい」という理由で、いくつかの上場企業やベンチャーを渡り歩き、技術屋としてだけでなく、新規事業の立ち上げや運営をやったり、時には雇われ社長をやったり、経営企画室長とか総務人事部長をやってきたし、今もやっている。

いくつかの企業では株式上場を目指していて、2つの企業については上場に立ち会うことができた。

株式上場を目指す中で一般のサラリーマンでは経験できないような世の中の仕組みや、良くも悪くも凄い人たちを目の当たりにしながら、いろいろと考え行動してきた。

私の今までの社会人経験につては別の機会に譲る書くとして、ここでいいたい事は、私個人としては、社会人としてリアルな生活も「もうひつの地球」も、同じ地球上で起こっている出来事だと感じていて、そこに境目は感じていない。

しかし、一般の人達(たとえば家族や会社の同僚)は、多分、そうとは考えていないと思われる。

後編に続く

---------------

开始了这个博客的理由是为了挑战新的生活方式。

说,现在也是说那个准备中,这个博客一边记载自己的考虑,一边打算归结的阶段。

因此,「新的生活方式什么?」被听见自己消化不良用一句话也不能表示。

大概,自己能比通过作为从学生时代开始的爱好和搞技术的社会一员生活,把互联网作为代表的数字普通的人更深地感到网络的世界的运动,理解都。

同时,关于那个可能性比普通的人都现实期待着。

梅田望夫先生在那个著作中,称做这个现在进行态进化持续扩大的Cyber的世界「再一个地球」。

一方我,也有稍稍后边付的感觉由于「想做有趣的事」的理由,只是走遍几个上市公司和风险企业,不作为搞技术的,搞新规章事业的启动和营运,搞时候被雇的社长,干经营规划室长啦总务人事部长,现在也搞着。

能在几个企业以股票上场为目标,关于2个企业上场遇见。

在以股票上场作为目标中普通的上班族把不能象经验一样的世间的结构,竟敢坏也厉害的人们做为眼前一边,这个那个地考虑一边行动了。

我的到现在的社会一员经验引线另外的机会让出的作为写,想这里可以的事,作为我个人,作为社会一员现实的生活「已经干tsu的地球」,感到是在同样的地球上发生的事情,在那里分界线也没觉得。

可是,普通的人们(譬如家族和公司的同事),大量,一般认为那样没考虑。

(后编继续)

---------------

To challenge a new lifestyle, the reason to start this blog :.

However, when being preparing it, it is the stage of bringing it together while describing my
idea to this blog now.

Therefore, even if "What is a new lifestyle?" is asked, even I cannot show by dyspepsia in a
single phrase.

Maybe, I feel the movement of the cyber world deeper more than general people through the hobby from the school days and the member of society life as a technological shop by digital that makes the Internet a representative, and understand.

Moreover, the possibility is expected than a general person in the round.

Nozoot Umeda evolves by this present progressive in the book and is naming the world of cyber that keeps expanding "Another earth".

I am wandering in some listed companies and ventures by the reason "I want to do an interesting thing", and doing on the other hand start up a new business, manage, be employed at times, do the president, and come, and now only as no technological shop the director of Personnel Department of management planning department general manager or administration though am also some feelings.

It was able to attend listing by aiming at the listing of stock in some enterprises about
two enterprises.

It thinks variously while witnessing a mechanism of the world that general businessman cannot experience while aiming at the listing of stock and for better or worse terrible people and it has acted.

It is assumed that it is written that it transfers it to my current member of society experience at another chance, and I do not feel the verge there as for the thing that wants to be mentioned here because it feels that real life and "Earth of the box already" are events as the member of society that have happened on the same earth as a private individual.

However, general people (for instance, colleague in the family and the company) seem not
to think perhaps with so.

(Continues to the latter part.  )

 

無事、新しい年を無事迎えることができました。

今年は新しい事にチャレンジする年と位置づけていて、

その決意を表明し、考えを発信し、行動を記録し、仲間を集めるためにブログサイトを開設しました。

不安もたくさんあるけれど、兎に角実行していきたいと考えています。

これまでお世話になってきた皆さんも、これから出会うことになる皆さんも、

どうぞ、よろしくお願いいたします。

2008年 元旦

富山シンジ

-----------

 为了表明那个决心,发信考虑,创造行动的记录,聚集朋友开设了博客网站。

想有很多不安,不过,兔子角实行。

到现在为止关照的诸位和,今后遇见的诸位都,

请,请多关照拜托。

2008年元旦

富山伸二

-----------

To declare the decision, to send the idea, to record the action, and to get a group together,
the blog site was established.

Anyway, I want to execute it though there is uneasiness a lot, too.

You who are indebted up to now and you who will be met in the future

Please my best regards.

New Year's Day of 2008

Shinji Tomiyama

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このアーカイブについて

このページには、2008年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。