セミナーに参加してきました。

| コメント(0) | トラックバック(0)

■セミナーに参加してきました。

私が購読しているメールマガジンの一つ「エンジニアがビジネス書を斬る!」、のまるるちゃんこと、丸山純考さんのセミナーに参加してきました。

テーマは「その日から実行できる3つの秘密」で、簡単にいうと丸山さんがサラリーマンから独立起業し、継続できているノウハウを伝授しましょうという趣旨のセミナーです。

丸山さんのより中身を濃いものにというお考えから有料・少人数で行われたセミナーで、冒頭は参加メンバーの自己紹介から始まりました。

自己紹介といってもなんの準備もしていないくて、かなりあせりました。

他の参加者の方たちは非常にしっかりとご自分の紹介とあわせて参加された理由などを述べておられました。

また、質疑応答も含めて各自が問題意識をもたれていて、このセミナーで一つでも多くの事を学ぼうとされている事が良く分かりました。

丸山さん自身は非常にフレンドリーなイメージの方で、本人が言われるほどメルマガのイメージとはかけ離れてはいませんでしたが、参加者の質問に対して言いよどむこともなく、自分のスタイルで応えられていたのが非常にうらやましく感じられました。

今回のセミナー参加は、自分に対する刺激が欲しいということが一番でしたが、丸山さんの話だけでなく、参加者の姿勢からも刺激を受けたことは、想定外でしたね。

当たり前ですが、みなさん、ほんとうに真剣なんですね。

丸山さんの発言で印象深かったのは、人脈をどうやって作るかという質問に対して、「人脈を意図的に作ろうとはしていない。まず、相手にとって自分が価値のある人間になる事。それによって自然に人脈ができる。」という発言でした。

果たして私は誰かにとって価値のある人間であるか?思わずそう自問してしまいました。

半年後、私が目指している領域で、少しでも私が誰かにとって価値のある人間になることができるように情報収集、情報発信、プレイヤーとしての経験積み増し続けたいと思います。

--------------------

■在研讨会参加了。

我订阅的邮件杂志之一「工程师切商务书籍!与」、的maruru相扑火锅,在丸山纯考虑先生的研讨会参加了。

是说题目「从当天开始能实行的3个秘密」,简单地叫的话丸山先生从上班族独立企业,打算传授能继续的经验技术的宗旨的研讨会。

自丸山先生的在所说的从深的东西的考虑以收费·少人数被进行了内容的研讨会,起首从参加成员的自我介绍开始了。

虽说是自我介绍什么准备也做不同意好,相当着急。

其他的参加者们被叙述着非常好好地配合自己的介绍被参加了的理由等。

同时,质疑应答也包含各自凭靠对存在问题有认识,在这个研讨会很好地明白了一个也打算被学习多的事的事。

丸山先生自己在非常友好的印象,没有本人被说的那样与邮件杂志的印象相离太远在,不过,非常令人羡慕地能感到也没有对参加者的问题吞吞吐吐的事,自己的风格被响应的。

此次的研讨会参加,想要对自己的刺激这样的事是一号,不过,不仅仅是丸山先生的话,从参加者的姿势也承接了刺激的事,意外。

当然,不过,诸位,真的认真。

对要说用丸山先生的发言印象深的,如何制作人的关系问题,「意图性地打算做(制作)人的关系没做。首先,对对方来说自己变成为有价值的人的事。根据那个对自然人的关系能。是」的发言。

到底我是对谁来说有价值的人吗?禁不住那样自问了。

我为使半年后,在我为目标的领域,能稍微我对谁来说价值有的人也变成信息收集,信息发信,播放机的想持续经验堆积增加。
-------------------------------------

- It has participated in a seminar.

I have participated in Mr. pure's Maruyama seminar.

The theme is a seminar of the outline said the independent establishment of Mr./Ms. Maruyama from businessman when easily saying by "Secrets of three that can be executed on the day", and the instruction in the knowhow that can be continued.

In the seminar having been held from the idea of saying contents for the thick one by charge and the few people by Mr./Ms. Maruyama's, at the beginning, it started from the participation member's self introduction.

What was not prepared and it was .... considerably in a hurry though it was
said that it would introduce oneself.

My introduction and the reason, etc. to participate additionally were described to other
participants' people very firmly.

Each one including the question and answer understands, and moreover, the awareness of the issues is lean, and has been understood well by trying the learning of a lot of as much as one things in this seminar.

I felt not hesitating to say the participant's question, and the answer by my style envy it very much though there was no Mr./Ms. Maruyama when far apart from the image of the e-mail magazine for the person in question to be mentioned in a very friendly image.

From not only Mr./Ms. Maruyama's story but also participant's posture to outside assumption receiving stimulation though it was the best to want stimulation to me this seminar participation

It is really ..everybody.. serious though is natural.

To the question how the impression depth in Mr./Ms. Maruyama's remark establishes networks「It doesn't try to establish networks intentionally. First of all, thing that I become man to be worthy for other partyAs a result, networks are naturally made. 」It was a remark.

Am I really man to be worthy for someone?It has instinctively asked oneself so.

I want to keep ..experience.. piling up and increasing as an information gathering, an information sending, and a player so that I after half a year it may become man to be worthy for someone me even a little in the aimed area.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.intmax.jp/blog/mt-tb.cgi/173

コメントする

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、shinjiが2008年1月14日 18:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコニコ動画はクリエイターの登竜門になる」です。

次のブログ記事は「ニコ市ランニュー(仮)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • IMG_0399.PNG
  • IMG_0394.JPG
  • IMG_0392.JPG
  • IMG_0390.JPG
  • IMG_0395.JPG
  • IMG_0391.JPG
  • IMG_0389.JPG
  • IMG_0388.JPG
  • IMG_0386.JPG
  • RWBY.jpg