2008年3月アーカイブ

■10万円払ってでも見てみたいトーク

ひろゆき vs 梅田望夫 のトーク

10万円じゃ失礼か?
■Stage6の閉鎖とニコニコ動画の高画質規格対応
 2月28日、高品位での動画共有サイトの代名詞ともいえるStage6がサービスを停止した。
 アナログ地上波放送なみの動画を気軽に投稿、視聴できていたことで、投稿数もユーザーも伸び続けていたようである。トラフィック増大にともなう運営、維持するために莫大な設備投資を維持できなくなったという点が閉鎖の最大の要因だといわれている。
 その一方で、本日、ニコニコ動画がRC2からSP1と進化リニューアルされ、新しいサービスを開始した。最大の売りはなんといってもH.264など高品位の動画フォーマットに対応した点だといえる(先行テスト中ということで利用はプレミアム会員に限定されているようである)。
 ニコニコの運営が事前にStage6閉鎖の情報を得ていたのでは?と思えるぐらい絶妙なタイミングでのリニューアルといえよう。
 既にユーザーによって高品位フォーマットのテスト動画投稿なども行われているが、高品位な画像、音声が楽しめるようになった。一方で視聴する側のPCに要求されるリソースは増大していて、画面を最大化して高画質を楽しむためには最新機種に近い処理能力が必要とされる。
 私のメインマシン(Celeron 2.8GHz、1GBRAM、GeForce4 MX4000グラフィックボード)でも、通常サイズでの再生は問題が無いが、最大化すると表示面積が拡大する分、解像度が相対的に落ちてしまい(それでも一般的なコンテンツであれば充分な画質)、あわせてコメントを非表示にしないとCPUパワーが消費されてコマ落ちする場合がでてくる。より高性能なPCであれば、コマ落ちはなくなるだろうし、ひょっとすると解像度もよりよく表現されるかもしれない。
 いずれにしても、アナログ地上波放送並の品質の動画を、好きな時に好きなだけ、好きなコンテンツを選んで見られる時代が実現しつつある。
 この画質であれば、画質や音質にこだわって採用を見送っていたような動画も、公式動画として登場してくるに違いない。
 そういえば、閉鎖されたStage6自身が、その受け皿として選んだ高品質動画サイトには、ChannelsというページTV Showsというページが用意され企業による動画配信も行っている。

 Stage6もニコニコ動画もユーザに指示されていた動画投稿サイトであったが、一方は、高品位動画をはじめから売りにしていたのにもかかわらずサイトが閉鎖され、一方は、高品位動画に対応しますますユーザーとビジネスチャンスを獲得していくという差がついてしまったのは、どのように理解すべきだろうか。
 私なりの答えのひとつとしては、昨日、一昨日の話題の続きになるのだが、、そのサイト内にコミュニティーを内包できていたかどうかという点である。
 ニコニコ動画におけるコミュニティーについては昨日のブログに書いたとおりであるが、Stage6では、視聴者がYoutube程度のコメントと評価を書き込めるようになっていたが、それほど活発には利用されていなかったように思える。
 Stage6ユーザーが一番見ていたものはおそらく、著作権的に問題がある日本のアニメーションや映画といった違法コンテンツだったと思われる。

 Youtubeやニコニコ動画にも違法コンテンツが投稿されている場合はあるが、品質が悪いのに対して、Stage6ではアナログ地上波並の画質でそれを見ることができていた。
 つまり、お金を払うこと無く、優良コンテンツが見られるという点が一番受け入れられたのだと思う。
 Stage6は資金難に陥った時、新たなスポンサーを見つけることができなかった。高画質動画配信という技術的な優位性しか存在しなかった。むしろ、高画質な違法コンテンツを楽しむサイトといったイメージが、大勢のユーザーを抱えながら、新たなスポンサーを遠ざける結果になったといってもいいかもしれない。

 他方、Stage6自身が受け皿に指名した、高品質動画サイトはある意味注目に値する。
 先に紹介したとおり、企業ユーザーがついている点、Peooleというページがありユーザーにカスタマイズ可能なブログ的機能を提供していて、投稿者が自分の動画を紹介したり、視聴者がお気に入りの動画を紹介したりと情報発信を行うスペースを用意しており、ニコニコ動画とは違う形でコミュニティーを形成しようとしていて今後の動向が気になるところである。

 あとは、Youtubeが高画質に対応するかどうかも今後の興味の焦点になろう。世界規模で既に莫大なコンテンツとユーザーを抱えるYotubeが高画質化に対応するとなると、相当な設備投資を強いられるはずだからだ。
 しかし、TV離れ、DVD離れが進む中、ウェブ上での動画コンテンツの高画質化は時代の要請といえるだろう。
 音楽のダウンロード販売がCD販売数を超越したように、動画の高品質化により、ウェブで動画コンテンツを見るということが当たり前になっていく流れがより加速されるだろう。

■続・ネットコミュニティー
 昨年の今頃、私がやっているオンラインゲームのプレイヤーのブログを巡回していて、ニコニコ動画の紹介があった。
 紹介といっても、オンラインゲームがメンテナンス中でログインできない時はこのサイトを見てニコニコしてます程度のものだった。
 実際に、ニコニコ動画を見た時、「これは凄い!これこそはWEB2.0だ!」とかなり興奮し、思わずほとんど音沙汰の無かった友人にも「こんなサイトがあるぞ」とメールしたのを覚えている。
 しばらく間は、日々、のめりこむようにニコニコ動画を見て回っていたが、日々発見が続き、「これは凄い感」は、益々増大していくばかりだった。
 驚く点はいろいろあったのだが、一番は素人の作った動画作品が、本人や他のクリエイターによるバージョンアップを受けてどんどん進化してい点だった。
 進化の原動力はなんといっても、視聴者のコメントだとおもう。それに応えるようにクリエイターはバージョンアップや新作を作り出し、さらに視聴者のコメントに一喜一憂しながら活動を続ける。
 まさに、コミュニティーがそこにあると感じ、ひとつの動画を中心に作者と顔の見えぬ他の視聴者たちと共に自分もコミュニティーの参画者であるという感覚に浸ることができる。
 ほとんどゲームをやっていなかった私がオンラインゲームに嵌ってしまったのも、はやりそこにコミュニティーが存在し、プレイヤー同士の関係が新鮮で面白かったからといえる。オンラインゲームの場合は、ゲーム中で自分の想定したキャラクターを演じることができるという点も大きな面白みひとつである。
 作品を投稿するわけではないが、ニコニコ動画ではコメントをつけることにより、ある意味キャラクターを演じることが可能だと思うし、その気になれば動画作品にて演じることもできる。

 想えばこのブログもそうであるが、ウェブ上で情報発信をするという行為は、ある意味自分の思いを「演じている」といえるかもしれない。
 ウェブ世界では匿名性であったり、実名であってもフェイスtoフェイスの直接的なコミュニケーションではないことから、リアル社会では、照れもあって言葉や行動にできないようなことでもできてしまい、それは脳に快感を与える行為なのだろう。
 さらに、快感を覚えた人達が更なる快感や興奮を求めてウェブ世界を探索し、たどり着いた先で形成されるのコミュニティーは、同じ特定の情報(動画だったり、テーマだったり、ゲームだったり、場合によっては仕事だったりするかもしれない)「面白い」を感じる人達の集まりであるから、よりいっそうコアで刺激的ななコミュニティが形成されると思う。

 「面白い情報」と「演じられる自分」と「演じている仲間」。ウェブ上で行われる、1対1でもなく、1対多でもなく、多対多の情報交換の場。
 限定的な特定の情報をテーマとして集まったメンバーなので各々が一定の共通項も持ちつつも、多対多であるがゆえに、不確定要素は増大し、予想できない展開が多発するカオスなコミュニティー。
 場合によっては、テーマを超越した展開が派生し、さらにあらたなコミュニティーが姿を表す。

 多種多様な考え方、行動スタイルが混在するカオスな世界を受け入れ、そこから次々と新しい発想やクリエイティブな活動につながるコミュニティというのが、これからのウェブ世界で流行るのかもしれない。
 
 

■ネットコミュニティー

 4Gamer.netというソフトバンク系のオンラインゲーム&PCゲーム情報サイトで、「2ちゃんねる」と「ニコニコ動画」のひろゆき氏が語る,ゲーム・コミュニティ・文化という特集が掲載されていた。

 結構なボリュームのインタビュー記事で、前半はゲーム関連の話題が多いのだが、中盤あたりより非常に興味深い話題がいくつもでてくる内容となっているので、一読の価値ありだ。

 興味を強くひかれた部分をいくつか抜粋をして引用(斜体太文字)しよう。 

 ひろゆき氏:
 人間に興味があるんじゃなくて,どちらかというと知識に興味があるんですよね。「この話をしたい」とか「こういう情報を知りたい」とか,目的は人間じゃなくてあくまで情報なんです。(中略)そしてその場合,肩書きは邪魔になります,(中略)匿名でいながら説得力のある人って,結局情報ソースを持っていたりとか,合理的に結論を導いていたりとか,誰が見ても納得できる理由を持っているわけです。情報としてはそっちのほうが信頼性が高くなるんじゃないのかなと思っているんですけど。

 ひろゆき氏は、2chについて、「うそはうそであると見抜けない人には(掲示板を使うのは)難しい」という言葉を数年前に発しているが、現在の利用者はかなり成熟した情報リテラシーを身に付けていて、特定のジャンルに興味を持つ人間があつまるコミュニティー的なスレッドでは、いい加減な内容は掲載しづらくなってきているようだ。

 これは運営側が意図的に仕向けてきたわけでなく、玉石混合、虚々実々ウェブの世界で利用者自身が審美眼を身につけ進化してきているといえよう。

 また、発言者の肩書きではなく純粋に知識そのもの、情報そのものに価値や興味の重きが置かれてコミュニティが形成されている点が、ウェブ時代の新しいコミュニティのスタイルといえると思える。次はこれを証明しているような、ひろゆき氏の発言である。

ひろゆき氏:
 残った情報として価値が高いのはどっちかっていうと,たぶん属人情報が少ないほうじゃないかと,僕は思うんですけど。説得したければそうせざるを得ない。単にフィーリングが合うからっていう人なら,それはそれでいいと思うんですけど。(中略)ところがそのうち,属人的な,要はハンドルを持っている人が会話をし始めて雑談が増え,そこにいたい人はそのままいた。でも,その場にいたい人の話って,面白くないんですよ。今日何食ったとかそんな話だから。そうすると他人から見て面白くない情報が多いので,新しい人が入ってこなくなって,新しい情報が少なくなって,廃れていくんですよ。(中略) 僕は基本的に第三者とか,まったく前提知識のない人が見て,面白いものであったほうが面白いと思うタイプなので。で,「ニュース速報」から「ニュース速報VIP」というのがうまくいって,でもそこもまた最近雑談が多くなって,廃れて始めているという。(中略)こういうコミュニティって,だいたい2,3年でつぶれるんですよね。つぶれる理由ってやっぱり,常連が幅を利かせるからで。

 成熟して属人が幅をきかせるようになってしまい、コミュニティ継続の基礎である知識や情報の新陳代謝が低下してくると楽屋落ち的な形式的な情報や意味の無い雑談の情報量が増えてしてしまい、コミュニティは廃れてしまうというわけである。

 この後、話題は「2ch」から「ニコニコ動画」へ移っていくのだが、それはまた明日。

■自分が信じる自分を信じろ!

アニメ「天元突破グレンラガン」第11話よりカミナが主人公シモンへの台詞

いいかシモン、忘れんな?
お前を信じろ!
俺が信じるお前でもない、
お前が信じる俺でもない、
お前が信じる、『お前を信じろ』!


 そして、ビジネス誌を発行しているプレジデント社のサイトで特別連載されている、梅田望夫「日本を体質改善するための5つの提言」の第1回の中で、梅田氏の著作『ウェブ時代 5つの定理』(シリコンバレーで活躍する人達の金言とあわせてウェブ時代の勉強方などを掲載:私自身はまだ未読)を将棋の羽生善治さんに読んでもらった時の感想と梅田氏のコメント。

「文中に出てくる人々の清涼感はどこから生まれるのだろうと考えた時に自分を裏切っていない事に尽きる と思いました。周囲に迷惑をかけない、信頼を得るには他者を裏切らないというのは日本では色々な所で教えてくれますが自分を裏切らないはあまり聞きませ ん」。そうなんです。自分を信じろ、自分を裏切るな、ということを、日本では言わなくなっている。

 方やアニメの台詞、方や有識者のコメント。

 このサーバーが落ちている間、新しいチャレンジについての思考作業がおろそかになっていて、新しいことにチャレンジすることに対しての不安が頭を持ち上げてきていた。

 「今の安定を崩してまで新しいことにチャレンジするのは、無謀すぎないか?」
 「世の中、そんな甘いもんじゃないよ」

 毎日、ブログを書くという行為が新しい事にチャレンジしようとしている自分を鼓舞する効果が高いことがよく理解できた。
 不安を打ち消すために自分に言いたい。

「自分を信じろ!」

サイト復旧

| コメント(0) | トラックバック(0)
■サイト復旧
昨晩DELLから発注していたサーバーが届き、なんとかサイトを復旧できました。
調子が悪くなったサーバーは、会社の同僚からもらったNECのノートPCにLinux(Fedra8)をインストールして使っていました。
もともとWindwosMEが入っていたノートPCで、かなり無理があるのは承知していましたが、どうもセキュリティ監視のアップデートがあった際に、過負荷のため設定がおかしくなってしまい、ネットワークへのデータの出し入れが異常に重くなってしまったようです。
まぁ、PentiumⅢ750MHz メモリ384MB、HD20GBというものなので、もともと荷が重かったともいえます。

新調したサーバーはDELLのサイトで発注したもの。
CPUはダブルコアのAMD opteron 1210 1.8GHz、メモリ1GB、HD160GBで送料込みで¥38,550-也。
安くなりましたねぇ。
まぁ、OSも、キーボードもマウスもCD-ROMも無いタイプなんですけどね。

手持ちのIDEのCD-ROMでLinuxをインストールしようとしたら、IDEインタフェースが・・・無い!
研究所開発員のMさんからIDE-USB変換器をお借りして何とかセットアップが完了したという次第です。
実際には、色々とトラブルがあり、現状も何故かBIOSセットアップ画面を経由しないとOSが立ち上がらないとか、ネットワークカードのサービスが自動で立ち上がらないという状況ですが、まぁ、サーバーですので一度立ち上げちゃえば基本的に電源は落とさないのでOKということで。

3月になってしまいましたが、あらためてがんばりたいと思います。


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このアーカイブについて

このページには、2008年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年2月です。

次のアーカイブは2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。