2011年2月アーカイブ

佐々木俊尚さんのつぶやきで面白そうなサービスが紹介されていましたので、早速使ってみました。

日刊キュレーターズ♡ダイジェスト

paper.liというサービスで、Twitterのタイムラインやリストをベースにつぶやきの中のリンクURLをつかって写真や動画を交えて新聞風にして表示してくれるサービスです。

これは、なかなかイイ!それっぽくて面白い!簡単!しかも無料!

「凄い、凄い、凄すぎるー!あぁ、無敵のシンジ様ァ~」

という感じです。

何が一番凄いかというと、その簡単さ。なんと、「システム要らず」「管理者要らず」「記者要らず」で日刊のニュースサイトが創れて運営できてしまうこと。

通常日刊のニュースサイトをやろうとすると、サーバーの準備をするところから始まって、コンテンツ管理用のシステムを導入し、システム管理者やらWebデザイナーさんやらにお願いして体裁をつくり、なんとかシステムをローンチ。

ローンチしたらしたで、掲載するネタを見つけるためにあちこちのニュースサイトをまわったり、最近だとニュースそのものを通信社やメディアから購入するなど、その維持に運営に相当なコストがかかります。他社と差別化するためには、取材もしなければなりませんし、話題のあの人のインタビューもして、そのための機材を用意して・・・・・まぁ、大変なわけです。

paper.liを使うと、システム周り、デザイン周りのところは、もう、お任せ。Twitterのアカウントがあれば、10分とかからず、自分のニュースサイトができてしまいます。

で、肝心な記事はというと、

業界のオピニオンやキュレーターの大御所の方々が、毎日、ネタを提供してくれます!(しかも無料で^^;)

記事内容は誰をフォローするかにつきるということですね。

Twitterが普及している業界であれば、Web版の業界ニュースサイトが簡単に作れちゃいます。

もともと、ツイッターは、iPadのFlipboardをつかってフリップしながらチェックしています。

Flipboardも、つぶやき中のURLのリンクを解析してリンク先の記事のタイトル、画像、動画などを雑誌風に表示してくれるので、情報収集を効率的におこなえてほんとうに便利です(それに、フェイスブックやグーグルリーダーも取り込めるのでiPadをもっている方には超お勧め!)。

ツイッターのリストの中で毎日全件チェックするのが、IT業界、コンテンツ業界のオピニオンやキュレーターの方々を登録したリストで、本当に最新の情報を得ることができて私のネタ帳みたいになっています。

このリストで得られる情報は本当にいいもの(俺得レベルかもしれませんが)が多くて、仕事仲間やにもにも知ってもらいたいことも多々あります。

ツイッターでフォローしてくれている人にはRTで対応したり、それ以外の人にはメールでURLを送ったりなんですが、やっぱり手がかかります。

で、このリストをpaper.liに食わせると、あら不思議それっぽい感じのニュースサイトに^^

IT業界、コンテンツ業界にご興味がある方は是非購読を!って感じです。

毎日指定の時刻に自動的に発刊してくれて、発刊したことを自動的にツイートしてくれる機能や、サイトの告知・リンク用のウィジットを生成してくれる機能などもあって、一度、登録すれば後は手間いらずです。

まだ、新しいサービスで日本語対応も最近のようで、発刊お知らせツイートが英文でされたり、発刊時刻の設定確認がいまいちだったり、新聞タイトルの反映が徹底してなかったり、掲載される広告が選べなかったり(広告は全てシステム側で挿入されます)、改善してほしい事項もいくつかありますが、無料のサービスでここまでできるのは、本当に凄いとおもいます。

繰り返しになりますが、このサービスの肝は、記事内容をよいもの、あるいは、最適なものとするために誰をフォローするかということになります。

つぶやき続けているオピニオンの方々、キュレーターの方々を、キュレーションをする発行者の目利きが重要になるとおもいます。

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このアーカイブについて

このページには、2011年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年1月です。

次のアーカイブは2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。