CentOS6.xの最近のブログ記事

logwatchでアクセスログを毎日メールで届くように設定しています。
sshdへの不正アクセスが日に1万件近くなってきたので、送信元のIPをリジェクトするようにしたくググって以下のサイトを発見。
できればGUIベースのものが欲しかったが、コマンドベースでの設定です。
iptablesを直接編集するのはミスった場合がこわくて敷居が高かったが、これなら大丈夫そう。


Hidde' Tipsさんより http://d.hatena.ne.jp/hidde/
Ruby2.0+ インストール (Centos6.5で実施)

1. 依存パッケージのインストール
epelリポジトリを入れておく(いくつかの依存パッケージが標準のリポジトリにないため)
# wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

# rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm

2. 依存パッケージをインストール
# yum install gcc-c++ patch readline readline-devel
# yum install zlib zlib-devel libffi-devel
# yum install openssl-devel make bzip2 autoconf automake libtool bison
# yum install gdbm-devel tcl-devel tk-devel
# yum install libxslt-devel libxml2-devel
# yum install --enablerepo=epel libyaml-devel

3. rvmをインストール
以下のコマンドを叩く。
# curl -L https://get.rvm.io | bash -s stable

rvmのパスを設定するための記述が以下のファイルに追記されるので、確認しておく

# vim .bash_profile
# vim .bashrc

※vim終了は [esc][:][q]
 
再ログインしてbash_profileと.bashrcの変更をロードする。

rvmの確認

バージョン確認

# rvm -v

対応しているRubyの一覧

# rvm list known

4. ruby2.1.1をインストールする場合

# rvm install 2.1.1

バージョン確認

# ruby -v
ruby 2.1.1p76 (2014-02-24 revision 45161) [x86_64-linux]

CentOS6.x ボリューム拡張

| トラックバック(0)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちCentOS6.xカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはAWSです。

次のカテゴリはiOSです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。