■研究所の活動理念 「!」創造の連鎖反応をkskさせ、世の中に「!」を溢れせたいw

| コメント(0) | トラックバック(0)
■研究所の活動理念 「!」創造の連鎖反応をkskさせ、世の中に「!」を溢れさせたいw

  • クリエイターは何かを表現したいという衝動に駆られて、コンテンツの創作を行う。
  • 消費者は面白し物はないかとコンテンツを探す。
  • スポンサーは・・・
 スポンサーの定義はもう少し考える必要がある。なぜならば、従来型のメディア産業では「スポンサー」=「広告主」=「企業等の団体」だからだ。例外はあるかもしれない。でも、そのほとんどが経済的メリットや政治的メリットといった明確な目的をもった団体がスポンサーであるといっても過言ではないだろう。

 では、クリエイティブ産業時代のスポンサーとは誰か?もちろん、従来型のスポンサーも大きなポジションを占めるであろう。
 しかし、NRIの発表にあるとおり、従来型のスポンサーもWEB2.0のテクノロジーやデジタルネイティブたちがもたらすライフスタイルの変化によって、クリエイターとコンテンツ消費者間の関係がより多元化し、その距離感も圧倒的に近くなる点に注目するであろう。
 この時、わざわざ「メディア」を間に挟むと、多元化した消費者に対応ができなくなる可能性が増す。よって、より、よりダイレクトに消費者をターゲットするために、スポンサーとクリエイターの関係も多元化し距離感を近づく必要性が高まることになる。
 クリエイターと消費者とスポンサーの距離感が近づいた時に何が起こるか?
 おそらく、消費者自身が背後にスポンサーを抱える形となり、擬似的なスポンサーとしてクリエイターに対して様々なメリットを提供することができるようになるのではないだろうか。また、その状況ができた時、必要があれば、自分自身が身銭を切ってクリエイターの支援をすることも可能になるはずだ。

 そして、ここからが研究所の活動方針となるのであるが、消費者のうちのどのくらいの割合かはわからないが、優良なコンテンツと出会うことにより、自らもコンテンツをクリエイティブしたいという衝動をもち、行動するものが必ず出てくる。
 ニコニコ動画を見ていると、それの傾向が日に日に増していることが体感できる。
 例えばあるコンテンツがヒットしたとすると、そのコンテンツの類似コンテンツが一気に増殖するのである。
 非常に高度なテクニックをもったものから、稚拙なものまで様々ではあるが、ひとつのコンテンツが次々にコンテンツを連鎖的に生み出す傾向があり、ランキングを毎日みていると、それが実感できる。
 これは、あるクリエイターの表現したいという衝動が、コンテンツ消費者へ乗り移り更なる衝動を呼び起こすという連鎖反応といえよう。

 衝動とは何か?きっと「!」だろう。
「!」=感動
「!」=ひらめき
「!」=アハッ
「!」=衝動
「!」=脳の興奮
というわけで、研究所の活動理念がとりあえず決まった。
■研究所的活动理念「!ksk」创造的连锁反应使之做,世间「!想让」溢出的w

* 创作者被想表现什么这样的冲动驱使,进行内容的创作。
*消费者面白做没有东西找寻内容。
* 广告主···

 广告主的定义需要再稍微考虑。因为是说到原因,以前型的媒体产业「广告主」=「广告主」=「企业等的团体」。例外说不定有。但是,说也所说的那个大部分有了经济的好处和政治的好处的明确的目的团体是广告主不是说错吧。

 那么,与创造性产业时代的广告主谁?当然,以前型的广告主也占大的地位吧。
 可是,NRI的发表有的那样,根据以前型的广告主WEB2.0技术和数字native们也带来的生活方式的变化,创作者和内容消费者间的关系更多元化做,关注那个距离感也变得压倒性地近的点吧。
 这个时候,特意间夹「媒体」的话,对多元化做了的消费者对应变得不能的可能性增加。自因而,为了为更直接做消费者目标,广告主和创作者的关系也多元化做接近距离感的必要性高涨的。
 创作者和消费者和广告主的距离感临近了的时候发生什么?
 恐怕,消费者自己成为背后雇佣广告主的形式,能作为疑似性的广告主对创作者提供各种各样的好处不是变得吗?同时,那个状况能了的时候,如果有必要,自己切断个人的钱做创作者的支援的事也应该变得可能。

 并且,这里成为研究所的活动方针,不过,不明白消费者里面的多少的比例,不过,有根据与优良的内容遇见的事,想自己也做内容创造性这样的冲动,行动的东西必定出来。
 笑嘻嘻地看着动画的话,那个的倾向一天天增加的事以体感破。
 譬如某内容如果流行的话,那个内容的类似内容一口气增殖。
 有了非常高度的技巧的从东西,到幼稚而拙劣的东西各种各样有,不过,有一个内容一个接一个连锁性地生出内容的倾向,每天看着排列次序的话,那个能真实感。
 这个,能说想某创作者表现这样的冲动,唤醒换乘给内容消费者更变成的冲动这样的连锁反应。

 冲动是什么吗?一定「!是」吧。

「!」=感动
「!」=闪现「
!」=aha「
!」=冲动
「!」=脑的兴奋

由于所说的应该,研究所的活动理念首先
-----------------------------
- w that wants to do chain reaction of" creation of activity idea of laboratory in
ksk, and to overflow" in world

* The creator is driven by the impulse that it wants to express something, and
creates contents.
* The consumer looks for contents if there is no interesting Mono.
* The sponsor ・・・

The sponsor's definition requires thought a little more. Because it is "Group such as enterprises "Advertiser" =" in media industry of old model "Sponsor" = There might be an exception. It is not an exaggeration to say that the group where the most has a clear purpose like an economical advantage and a political advantage, etc. will be a sponsor however.

Then, who is the sponsor in a creative industrial age?Of course, the sponsor of the old model will also occupy a big position.
However, the sponsor of the old model also will former make to the relations between contents consumers in the multi by the creator by the lifestyle modification that a technology and digital natives of WEB2.0 bring, and pay attention to the distance feeling's becoming overwhelming in the vicinity, too as being in the announcement of NRI.
At this time, the possibility not to be able to deal with the consumer who former makes it in the multi increases when purposely placing it among "Media". The necessity for depending therefore, former making multi-the relation between the sponsor and the creator more directly because it is a target as for the consumer, too and ..distance feeling.. approaching will rise.
Does the creator happen and what happens with consumer and sponsor's distance feelings when approaching?
Perhaps, it becomes shape to employ the sponsor behind the consumer, and various advantages might come to be able to be offered to the creator as a pseudosponsor. Moreover, oneself cutting the pocket money if there is a necessity when the situation can be done and supporting the creator are sure to become possible.

And, it voluntarily has the impulse of creative, and the one to act comes out from contents without fail by meeting excellent contents though how much proportion of consumers it is is not understood though here becomes the action policy of the laboratory.
If animation is seen with a smile, it can be experienced that its tendency increases day by day.
For instance, similar contents of the contents proliferate at a dash if contents that were became a hit.
It can be actually felt by one contents' tending to invent contents in the chain one after another, and seeing the ranking every day though it is various from the one with a very advanced technique to the primitive one.
It can be said that this is a chain reaction of possessing a certain creator's impulse that it wants to express it to the contents consumer and waking up a further impulse.

What is the impulse?It might surely be. "!”

"!” = impression
"!"= flashing
"!" = Aha
"!" = impulse
"!" = Excitement of brain

Thus, the activity idea of the laboratory : for the time being.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.intmax.jp/blog/mt-tb.cgi/202

コメントする

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、shinjiが2008年2月14日 21:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「研究所の活動理念。みんな何を望んでいるのだろうか?」です。

次のブログ記事は「NRIメディアフォーラム 「クリエイティブ産業への変革シナリオ」 動画より引用 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • IMG_0399.PNG
  • IMG_0394.JPG
  • IMG_0392.JPG
  • IMG_0390.JPG
  • IMG_0395.JPG
  • IMG_0391.JPG
  • IMG_0389.JPG
  • IMG_0388.JPG
  • IMG_0386.JPG
  • RWBY.jpg